メインメニューを開く

宮城 宗典(みやぎ むねのり、1965年1月8日 - 1988年3月29日)は東京都出身の歌手。血液型はO型。ヒルビリー・バップスの初代ボーカル。享年23。

宮城宗典
生誕 1965年1月8日
出身地 東京都
死没 (1988-03-29) 1988年3月29日(23歳没)
ジャンル ロカビリー
職業 ミュージシャン
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 1986年4月25日 - 1988年3月29日

来歴編集

バンド「ヒルビリー・バップス」のボーカルとして、1986年4月25日にシングル『微熱なキ・ブ・ン』でデビュー(同曲はライオンの制汗デオドラント「BAN16」のCMソングとして起用された)。

深夜放送のドラマ『ヒルビリー・ザ・キッド』に主演し、映画出演もするなど、音楽以外の場でも活躍を見せ始め知名度があがってきていたデビュー2年目、全国ツアー初日を終えた翌日、飛び降り自殺をした。[1]

前述の活動に疑問を感じ、バンドとして本当にやりたい音楽から離れていってしまっているジレンマから鬱の症状があったと言われているが、遺書も遺言も残されていないため根拠はない。真相は謎に包まれたままである。

ある番組で宮城宗典は「意識が外に向かっている。自己満足の世界ではないというか...。」と話している。

東京都江東区亀戸にある自性院境内に供養塔「施無畏(セムイ)観音」があり、今でも沢山のファンが訪れており、宮城が生前好きだったガーベラが絶えることがない。参詣時間は当初、家族の諸事情によって13時から17時までに限定されていたが、死後21年目をもって限定を解除された。

人物編集

折原みとの小説『真夜中を駆けぬける』のモデル。

主な出演編集

バラエティ番組編集

テレビドラマ編集

  • ヒルビリー・ザ・キッド(1987年10月 - 1988年3月、テレビ朝日)

映画編集

脚注編集

参考文献編集

  • 『ポピュラー音楽人名事典』日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、1994年7月25日。ISBN 4-8169-1223-1

外部リンク編集