メインメニューを開く

宮城 政業(みやぎ まさなり、明応4年(1495年)-天正17年6月23日1589年8月4日)は、戦国時代武蔵国足立郡宮城(現在の東京都足立区宮城)の国人領主豊島氏の同族。妻は宇多重広の娘。子に宮城為業

文明年間に豊島氏が太田道灌に滅ぼされると、宮城氏も太田氏に仕える。政業は太田資頼以来6代の主君に仕えたとされている。太田資正第2次国府台合戦に敗れて岩付城を追われた後も太田氏資に仕えて、そのまま後北条氏の指揮下に入った。

長命で子の為業・孫の泰業・曾孫の正重と4代揃って太田氏に仕え、95歳で没した。