メインメニューを開く

宮城教育大学附属小学校(みやぎきょういくだいがくふぞくしょうがっこう)は、宮城県仙台市青葉区上杉六丁目にある国立小学校である。宮城教育大学の附属小学校である。

宮城教育大学附属小学校
過去の名称 東北大学教育学部附属小学校
国公私立の別 国立学校
設置者 国立大学法人宮城教育大学
設立年月日 1874年4月
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 980-0011
外部リンク 公式サイト (日本語)
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

宮城県内では唯一の国立小学校である。

目次

沿革編集

入学試験編集

同一敷地内南方には宮城教育大学附属幼稚園があり、小学入学者の約半数が附属幼稚園出身である。附属幼稚園出身者にも外部幼稚園からの入学者と同内容の入学試験が課せられるものの、現在は希望者全員が小学校に入学可能である。附属幼稚園以外出身の者は簡単な知能検査のほかに「抽選」を行い入学者が決定される。

同一敷地内に宮城教育大学附属中学校が併設するため、以前はほぼ全員が同中学校に進学していたが、近年では私立の小中学校の台頭や、また、中高一貫教育仙台市立仙台青陵中等教育学校宮城県仙台二華中学校・高等学校の新設に伴い、附属小学校から附属中学校への内部進学離れも進んでいる。なお、附属小学校から附属中学校に進学するときに入学試験が課されるため、成績の悪い生徒は卒業後、宮城教育大学附属中学校へ入学出来ないことになっているが、実際に中学入試(内部進学)で不合格になる例は極めて稀である。 同小学校の児童が、他の中学校を受験する場合、その合否に関わらず附属中学校への進学が認められない。 近年では20名程度が首都圏の名門中学や青陵中、二華中へ外部進学している。

他の宮城教育大学附属校との関わり編集

幼稚園、小学校、中学校が同一敷地内にあるが、各校の交流は殆ど行われていない。夏と秋の年に2度の避難訓練のうち秋の避難訓練を3校合同で行ったり、中学校の保育の実習を幼稚園で行う程度である。また教育大学附属校のため、公開研究会などが行われるが、その際は各学校間でパイプ椅子の貸し借りが行われる。小学校は明治7年創立である。校歌も厳かな歌詞であり、比較的厳格な教育が行われている。一方の中学校は、新制中学校として戦後に創立されたためか、校歌も朗らかなメロディであり、比較的自由な校風となっている。

校舎の北西部には仙台市立上杉山中学校があり、附属中学校を挟んで西隣には東北大学農学部、附属幼稚園を挟んで東隣には宮城県立視覚支援学校宮城県視覚障害者情報センターがあり、本校がある地域は複数の文教施設が密集する文教地区である。近隣にある上杉山通小学校は歴史も古く、仙台市内の両家の子女や著名文化人、スポーツ選手の子弟が通学するなど附属小学校と並んで「仙台の名門小学校の双璧」と称され、また附属小学校生の多くが進学する附属中学校と上杉山通小学校の卒業生が進学する上杉山中学校は、共に市内有数の進学実績を誇り、その上治安も良好という、似通った性格を持っているためか、附属四校園が所在する上杉地区は、近年では教育熱心な家庭が子供の小学校入学を機会に、上杉地区は仙台市内から挙って転居する名門文教地区となっている。

こういった家庭をターゲットにした、近年の上杉地区における財閥系マンションディベロッパーのマンション新築ラッシュが続いた。宮城県庁宮城県警仙台市役所を近隣学区に持ち街の都心部にあるにもかかわらず、仙台市内一の小中学生の居住割合の多さを誇るのは、こういった背景からくるものであると思われる。 その為か附属校園付近は複数の学習塾が林立している。

交通アクセス編集

附属小学校・中学校では自家用車での送迎を禁止しており、児童・生徒はほぼ全員バス、地下鉄、JR仙山線を利用して通学している。自家用車での送迎が禁止されている理由は、附属池田小事件の影響で自動車の校内道路への入構を制限していること、周辺道路(北七番丁通り中杉山通り)は狭い道に歩道を整備しているため送迎による駐停車を行うと近隣住民に迷惑がかかるからである。

学校へのアクセスが最も便利なのは仙台市営バスで、北六番丁通りに毎時6本、愛宕上杉通りに毎時4本のバスが設定されている。JR・地下鉄の最寄駅(東照宮・北仙台・北四番丁)もそれぞれ徒歩10~15分と比較的近く、交通の便は市内では比較的良好な部類に入る。

  • 仙台市営バスを利用する場合
    • 仙台駅前(仙台ロフト前)18・19番乗り場、「東仙台営業所」「市役所経由鶴ヶ谷七丁目」「高松・安養寺二丁目」のいずれかのバスに乗車。附属小学校前下車、徒歩1分。
    • 朝夕の時間帯は広瀬通一番町、仙台二高、大学病院方面からも本校へ直通するバスが運行されている。
  • 宮城交通バスを利用する場合
    • 仙台駅前(西口バスプール)「上杉経由宮城学院」「上杉経由宮城大学」のいずれかのバスに乗車。仙台放送前または上杉山中学校前下車、徒歩3~5分。
  • JR仙山線を利用する場合
  • 仙台市地下鉄南北線を利用する場合
  • 仙台駅からタクシーを利用する場合
    • 二本杉通り・視覚支援学校(旧盲学校)前」経由が最短ルート。ただし乗車場所によっては「愛宕上杉通り」経由の方が早い場合もある。
    • 本校から仙台駅に向かう場合は、正門前からほぼ直線ルートの「光禅寺通り」経由が一般的であり、運賃もこちらの方が安い。

著名な出身者編集

系列校編集

宮城教育大学地図)の付属学校
普通学校 特別支援学校
高等学校 宮城教育大学附属特別支援学校高等部(地図
中学校 宮城教育大学附属中学校地図 宮城教育大学附属特別支援学校中学部
小学校 宮城教育大学附属小学校地図 宮城教育大学附属特別支援学校小学部
幼稚園 宮城教育大学附属幼稚園地図
キャンパス 上杉キャンパス 青葉山キャンパス

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ <仙台空襲>学校日誌 疎開克明に河北新報 2015年6月25日)
  2. ^ NHKの復興支援ソング「花は咲く」の番組内で母校を訪れている。

関連項目編集

外部リンク編集