宮城県仙台第三高等学校

宮城県仙台第三高等学校(みやぎけんせんだいだいさんこうとうがっこう)は、宮城県仙台市宮城野区に所在する県立高等学校三高仙台三高の通称で呼ばれている。スーパーサイエンスハイスクール指定校である。また、独自の取り組みとして2016年4月より、「グローカルサイエンス(GS)」がスタートした。

宮城県仙台第三高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 宮城県
理念 心身の健康
真・善・美の追求
愛と知の稔り
設立年月日 1963年
共学・別学 男女共学
設置学科 普通科・理数科
高校コード 04103D
所在地 983-0824
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

目次

概要編集

団塊の世代の高校進学を迎えて高校の増設が急務となっていたことや、同時期仙台市より普通科高校の設置の要望が出されていたことから、これらを受ける形で1963年に開校した。開校当初から進学校として位置付けられていた。

1968年には宮城県初、全国的にも早い段階で理数科が設置された。また、旧男子校、ナンバースクール宮城県仙台第一高等学校宮城県仙台第二高等学校と本校であり、開校当初より進学校と位置付けられて進学指導が継続されている。

元々は進学実績で県内でも上位となるように生徒の教育指導を行い、実際にその位置にあった。

2009年度より共学化されたが、校章校歌はそのまま使用されている。他のナンバースクールの仙台一高、第一女子高ほど積極的に共学化反対運動は行われなかった。共学化を推進したのは、当時の宮城県知事で仙台二高OBの浅野史郎だった。

教育課程編集

  • 普通科
現在は6学級240名定員。開校当初は7学級定員で募集し8学級で運営していた。のち7学級に改められ、長らく7学級体制が続いていた。
  • 理数科
設置時は1学級40名定員だったが、のち2学級80名定員となる。理数科研修会・理数科研究発表会など、普通科のカリキュラムには含まれていない行事がある。

沿革編集

  • 1961年昭和36年)3月17日 - 普通高校設立の請願書提出。
  • 1963年(昭和38年)
    • 4月1日 - 宮城県仙台第三高等学校開校。
    • 4月16日 - 宮城県仙台第三高等学校開校式。この日を以て仙台三高の開校日とする。
  • 1968年(昭和43年)4月1日 - 理数科を設置。
  • 1970年(昭和45年)
    • 4月1日 -「服装の自由化」を公認する。
    • 6月19日 -「三高襲撃事件」発生。
    • 8月5日 - 弓道部、インターハイ初優勝。
  • 1971年(昭和46年)10月1日 -生徒会会則改正。生徒会長制廃止、代議員制に移行。
  • 1983年(昭和58年)7月 - 高校野球県大会、初の決勝戦出場。
  • 1988年(昭和63年)6月 - 陸上部、高校総体4連覇。
  • 1989年平成元年)1月8日 - 仙台三高史上初とされる日の丸掲揚。事由は昭和天皇崩御にかかる弔旗掲揚のため。
  • 1991年(平成3年)9月 - 秋期高校野球県大会、公立高校として初めて、私立三強(東陵・東北・仙台育英)を全て破る。
  • 1993年(平成5年) - 最後の修学旅行。
  • 1996年(平成8年) - 栗駒登山中止、蔵王登山に変更。
  • 2001年(平成13年) - 再度栗駒登山に変更。
  • 2005年(平成17年)
    • 4月 - 空き教室を活用して自習室を設置。
    • 10月12日 - 第1回スポーツフェスティバルが行われる。
    • 10月20日 - 2009年度に校舎改築と共に共学化へ移行するという内容の教育委員会計画案が決定する。
  • 2009年(平成21年)4月1日 - 男女共学となる。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - スーパーサイエンスハイスクールの指定を受ける。

校風編集

師弟一行編集

仙台三高の通用口に職員用は存在しない。教職員、生徒共に同じ通用口から出入りする。事務室脇の通用口は、来客用と校長専用である。同様に教職員用の便所も存在しなかったが、2006年には存在している。新校舎への建て替え後も、「一部トイレの生徒使用禁止」に留まっており、これは初代校長、小針寿一の、常に師弟は共にあるべきという理念による。

制服の自由化編集

仙台三高は制服の自由を採用しているが、これは単なる私服とは全く意味が異なる。即ち単なる『「規制」からの「自由」という考えに立つものではなく、「服装の自由化」を通して自主性・自律性を高めあうという不断の努力が要求される』(生徒手帳内「制服自由化」に思うより抜粋)のであり、これが満たされていない制服の自由に全く意味はないとのことである。1970年3月の文書「制服自由化に思う」を以下に引用する。

数多くの高校において、制服着用が制度化されている 現在、我々はH・R討論を基礎に、服装問題臨時委員会において集約した結果「服装の自由化」が確認された。

討論の過程で服装が自由化されることに伴い次のような問題が指摘された。

○怠学、非行化の増加の危機
○三高生としての集団意識の弱体化、特に応援活動等への非協力
○我々の間に貧富の差等の差別感情が持ち込まれることによる、我々相互の信頼感の希薄化

従来、服装は学校によって基準が示され、我々はそれに盲目的に従ってさえいればよかった。

しかし、服装が自由化された現在、我々は自分達の服装は如何にあるべきかを主体的に考えなければならないし、自律的態度を養うことが求められる。

この様な観点を見失っては、「服装自由化」の持つ意義が雲散霧消されてしまうであろう。


我々は単に「規制」からの「自由」という考えに立つのではなく、「服装の自由化」を通して我々の自主性・自律性を高めていくという不断の努力を惜しまないことを確かめ合おうではないか。

この決意を忘れないために、この機会に記しておきたい。

ちなみに、制服自由化が定められた後も、当時の代議委員長は制服着用であった。

代議員制編集

開校当初は生徒会長制をとっていたが、生徒会活動への無関心化、民主的な生徒会運営などを理由とし、代議員制を採用した。移行中、賛成派・反対派両方の生徒会長が選出され、移行には数年の年月を要している。代議員制の導入により意志決定は代議員会により行われ、全校生徒の投票により選出される役員は、代議員会議長、会計長、監査委員長、応援団長である。

校章編集

太平洋の波と、蛍雪の蛍から図案化したものである。当初は開校した土地一帯が通称「重箱山」と称されていたことから、重箱を重ねたものとする案もあったが、初代小針校長が、校地から見える太平洋に着想を得て、この校章となった。

  • 校章にはいくつかの異伝があるが、「躍進三高--仙台三高創立30周年記念誌」によって掲載されているものが正式のものである(蛍の背に菱状の模様がある)。なお、蛍の図案が実物に近い図案になっているものは、開校当初から存在しているが、正式な校章ではない。
  • なお、逍遙歌の一節に「夏の夜に蛍が飛ぶ沼」という内容の節があるが、実際に蛍が飛んでいたのは与兵衛沼であり、このことも校章に蛍が採用された理由の一つでもある。

校歌・応援歌編集

学校で最初に作られたのは逍遙歌であり、校歌ではない。応援歌は殆どが開校時に作られたが、のちに歌われなくなった歌も数曲ある。

部活動編集

  • 運動系
    • 陸上競技/硬式野球/サッカー/バスケットボール/ラグビー/硬式テニス/ソフトテニス/ハンドボール/バレーボール/ バドミントン/フェンシング/卓球/水泳/弓道/剣道/柔道/山岳
  • 文化系
    • 吹奏楽/自然科学(化学班・生物班・物理班・地学班)/音楽/茶道/演劇/美術/放送/囲碁・将棋/新聞・文芸/写真/書道/語学/数学

応援団編集

本校応援団(正式には應援團)は所謂バンカラスタイルの応援団である。応援団は新入生に対して応援歌歌唱指導を行う。これは校歌、応援歌をはじめ、挨拶や応援の仕方などを新入生に教えるための伝統の行事であり、入学式の翌日、すなわち生徒会入会式・応援団歓迎会後に開始され、約一週間後、新入生の練度に応じて期間が延長される。応援スタイルは開校時に仙台一高の応援団に手ほどきを受け、技法を確立した。

また、応援団は各部活の応援に積極的に参加し、野球部の甲子園予選やラグビー部の花園予選は勿論、応援できない部活(剣道やフェンシング等)にもエールをおくり、親睦を深めている。また、近年では仙台二高の応援団との盛んな交流が行われている。

旧校舎編集

中央校舎(建築当初は南校舎)・北校舎・西校舎・南校舎の順に建築された。南校舎建築時点で、旧南校舎が、中央校舎と名称が変更になった。三高の校舎設計は、数年前に改築された仙台一高の校舎設計を継承したものであり、また以降開校した各高校に受け継がれている。デザイン上の特徴として、中央校舎の廊下部分に採光小窓があり、これがアクセントとなっていた。環境アセスメントボーリング調査といった過程が、まだ存在していなかった昭和30年代に建築された校舎であったので、耐震性についてあまり考慮されず、またこの地が非常に軟弱な地盤であったことが明らかになっていなかったために、昭和53年に発生した宮城県沖地震により大きな被害を受けて老朽化が急速に進行、さらに平成17年にも発生した同地震において当建築物は決定的な損害を受け、この時点で近い将来発生する震度5強以上の地震で全壊すると県教育委員会より警告されたため、耐用年数の50年を待たずして耐震性を考慮した校舎の一斉建て替えが決行された。なお、建て替え完了から2年後の平成23年に東北地方太平洋沖地震が発生しており、結果論ではあるが建て替えがなければ倒壊していただろうと考えられる。

  • 西校舎・文化会館が二階建になっているのは単に地盤上の理由による。
  • 南校舎建築以前は、校章をかたどった噴水が設置されていた。
  • 南校舎と中央校舎は、書類上連続した建築物とはなっていない。
  • 重力の関係で、保健室を拡張することは不可能である。北校舎一階にやたら部屋が多いのはこの関係による。
  • 新校舎が平成21年に建てられ、旧校舎跡は野球場となり、当時の面影はない。

学生食堂編集

開校以来「尚志庵」が営業していたが、現在は食中毒の発生、高齢化に伴い営業を辞退し、2008年の新学期(4月)から「尚志庵」の名前を引き継ぎ新業者が営業を開始している。券売機の設置や日替わり丼、フェアを行うなど近代的な学生食堂へ様変わりしている。

自習室編集

平成17年、中央校舎1階に個人ブース形式の机が並べられた自習室が完成した。新校舎になると共に2階昇降口左に設置された、校内でエアコンが設置されている部屋の一つである。

行事編集

  • 修学旅行は2学年時に1泊2日の日程で行われる。生徒総会において、毎年1学年から日程の延長が求められ、2・3学年の反対により否決されるというのが語られない伝統である。
  • 草創期より毎年行われてきた伝統の水泳大会とマラソン大会が2005年度より廃止され、体育大会が年2回(7・10月)開催されるようになった。
  • 毎年、夏休み明けに三高祭が実施されている。しかし2008年度の文化祭では中夜祭を大きく改変し「男子校ならではのミスコン」を実施し、盛大に盛り上げるなど年々生徒達の三高祭への意識が向上しているようにみられる。そのほかにもこの年の文化祭では運動部が多く出店するなど例年にはなかった意識がみられた。

著名な卒業生編集

アクセス編集

自転車通学が可能であり実際にもっとも多い通学手段ではあるが、登下校時に坂が連続するため、電動アシスト等補助動力無しではやや困難である。そのため、地下鉄から乗り換え、バス通学している生徒も少なくない。

参考文献編集

  • 三高十年史
  • 写真で見る二十年史
  • 躍進三高--仙台三高創立30周年記念誌 - これら三文献は宮城県図書館において、また躍進三高は国立国会図書館でも閲覧することができる。
  • 創立40周年記念誌 凛然
  • 通称「斎茂文書」
  • 無限(生徒会誌)
  • 生徒手帳

関連項目編集

外部リンク編集