宮城県工業高等学校

宮城県仙台市青葉区にある高等学校

宮城県工業高等学校(みやぎけん こうぎょうこうとうがっこう)は、宮城県仙台市青葉区米ヶ袋三丁目にある県立工業高等学校。通称は「県工」(けんこう)もしくは「宮工」(みやこう)。同じ校地に定時制の宮城県第二工業高等学校がある。

宮城県工業高等学校

広瀬川の畔にある校舎
宮城県工業高等学校の位置(仙台市中心部内)
宮城県工業高等学校
地図北緯38度14分55.4秒 東経140度52分11.1秒 / 北緯38.248722度 東経140.869750度 / 38.248722; 140.869750座標: 北緯38度14分55.4秒 東経140度52分11.1秒 / 北緯38.248722度 東経140.869750度 / 38.248722; 140.869750
過去の名称 宮城県立工業学校
宮城県工業学校
国公私立の別 公立学校
設置者 宮城県の旗 宮城県
校訓 誠実、節度、創造
設立年月日 1913年2月7日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 機械科
電子機械科
電気科
情報技術科
化学工業科
インテリア科
学期 2学期制
学校コード D104211010035 ウィキデータを編集
高校コード 04152B
所在地 980-0813
宮城県仙台市青葉区米ヶ袋三丁目2番1号
外部リンク 公式ウェブサイト
ウィキポータル 教育
ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

設置学科 編集

沿革 編集

  • 1913年2月 - 宮城県立工業学校として創立
  • 1933年11月 - 宮城県工業学校と校名変更
  • 1948年4月 - 学制改革により宮城県工業高等学校と改称する

学校行事 編集

現在の部活動 編集

周辺の学校 編集

著名な出身者 編集

 
校舎

指導死問題 編集

同校の1年生の男子生徒が2018年8月に自宅で自殺。この生徒は、自殺の約2ヵ月前に提出したレポートを書き直すよう指示され、終わるまでは部活動への参加を禁止されるなどした。生徒の遺族は10月31日に、担任の指導の行き過ぎが自殺に繋がったとして、宮城県教育委員会に対し、第三者委員会を設置し調査を実施するよう要望した[1]

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集