宮城県立聴覚支援学校(みやぎけんりつ ちょうかくしえんがっこう)は、宮城県仙台市太白区にある県立特別支援学校聴覚障害を教育対象としている。

宮城県立聴覚支援学校
Miyagi Prefectural Hearing Support School 1.jpg
過去の名称 宮城県立盲啞学校
宮城県立聾学校
宮城県立ろう学校
国公私立の別 公立学校
設置者 宮城県
設立年月日 1914年
創立記念日 5月15日
共学・別学 男女共学
設置学部 幼稚部
小学部
中学部
高等部
専攻科
分校 小牛田校
学期 3学期制
所在地 982-0001
外部リンク http://miyaro-s.myswan.ne.jp
Portal.svg Portal:教育
Project.svg プロジェクト:学校/特別支援学校テンプレート
テンプレートを表示

概要編集

1906年4月に、菅原通氏が自宅に開設した私立唖人学堂が前身である。もともとは、仙台市上杉通四番にあった菅原通氏の自宅敷地内に隣接していた私立唖人学堂が、1914年4月に宮城県立盲学校となり、その後盲学校と聾学校(後に、ろう学校の表記に改称)が分離し現在に至っている。2009年4月1日に宮城県立ろう学校から宮城県立聴覚支援学校に校名が変更になった。

学校にはヘレン・ケラーが二度も訪れており、これを記念してヘレン・ケラー像が存在している。

遠田郡美里町に、宮城県北部の幼児・児童を対象とした、幼稚部と小学部のみの小牛田校が設置されている。

沿革編集

所在地編集

関連項目編集

外部リンク編集