宮城県道・岩手県道183号若柳花泉線

日本の宮城県と岩手県の道路

宮城県道・岩手県道183号若柳花泉線(みやぎけんどう・いわてけんどう183ごう わかやなぎはないずみせん)は、宮城県栗原市若柳から岩手県一関市花泉町に至る一般県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
宮城県道183号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
岩手県道183号標識
宮城県道183号 若柳花泉線
岩手県道183号 若柳花泉線
制定年 1959年
起点 宮城県栗原市若柳字川南道伝前【地図
終点 岩手県一関市花泉町若松字水沢【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道176号標識
宮城県道176号若柳築館線
Japanese Route Sign Number 4.svg
都道府県道4号標識
宮城県道4号中田栗駒線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道186号標識
岩手県道186号油島栗駒線
Japanese National Route Sign 0342.svg国道342号
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道21号標識
岩手県道21号花泉藤沢線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
若柳第二大橋から北東を見る(2005年9月)

概要編集

花泉は北西から南東に走る国道342号(一関街道)沿いにある町で、県道183号はそこから南に分岐する支線である。岩手県内では東北本線に沿う。しかし、県境から南では道筋が曲がりくねり、幅が狭くなる。宮城県道4号中田栗駒線との交点から再び幅を広くし、若柳の市街の東と東南辺を走る道として、また迫川を若柳第二大橋で渡る道として重要となる。

路線データ編集

歴史編集

  • 1958年昭和33年)3月31日 - 宮城県側の区間が県道に認定される(宮城県告示第144号)。
  • 1959年(昭和34年)3月31日 - 岩手県側の区間が県道に認定される(岩手県告示第280号)。
  • 2016年(平成28年)10月14日 - 国道342号のバイパスが開通したことにより、終点の位置と花泉藤沢線の起点の位置を一関市花泉町若松字水沢の国道342号交点に変更[1]

路線状況編集

重複区間編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

脚注編集

  1. ^ a b 岩手県公報 県南広域振興局長告示第137号、平成28年10月14日

関連項目編集

外部リンク編集