メインメニューを開く

宮島 健一(みやじま けんいち、1895年7月5日 - 没年不詳)は、日本の俳優である[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11]。本名菱田 勇吉(ひしだ ゆうきち)[1][8][2]、旧芸名宮島 憲一[1][2][6][9]宮島 健弌[5]新劇の「舞台協会」出身でありながら、日活向島撮影所においては新派に組して脱退、という若いスター時代の経歴を持ち、戦前・戦中の松竹蒲田撮影所松竹大船撮影所、戦後の大映東京撮影所のバイプレーヤーとして知られる[1]

みやじま けんいち
宮島 健一
宮島 健一
1923年の写真。
本名 菱田 勇吉 (ひしだ ゆうきち)
別名義 宮島 憲一
宮島 健弌
生年月日 (1895-07-05) 1895年7月5日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市
身長 170.0cm
職業 俳優
ジャンル 新劇新派劇映画時代劇現代劇剣戟映画サイレント映画トーキー
活動期間 1912年 - 1965年
主な作品
永遠の謎

目次

人物・来歴編集

1895年明治28年)7月5日東京府東京市に生まれる[1][8]。『現代俳優名鑑』(揚幕社)には、同年1月21日生まれとされており、出生地も「名古屋市傳馬町三丁目」とあり、同地は出生時点でいえば愛知県愛知郡熱田町大字伝馬町(現在の同県名古屋市熱田区伝馬)である[2]

旧制専門学校(現在の新制大学)に進学したが中途退学する[1][3]。満17歳を迎える1912年(明治45年)、埼玉県北足立郡大宮町(現在の同県さいたま市大宮区あるいは北区)にあった吾妻座に出演したのが初舞台である[2]。その後、1914年(大正3年)、前年に結成された「舞台協会」に参加する[1][3]

新劇の舞台俳優としてのキャリアを積むが、『世界のキネマスター』(報知新聞社)によれば1919年(大正8年)[3]、『日本映画俳優全集・男優編』(キネマ旬報社)によれば1920年(大正9年)に桝本清の紹介によって、新派の俳優として日活向島撮影所に入社、同年4月23日に公開された田中栄三監督の『恋慕流し』で映画界にデビューした[1]。1922年(大正11年)12月、田中栄三が監督した『京屋襟店』に出演、完成後の試写後の夜に、藤野秀夫衣笠貞之助島田嘉七東猛夫ら幹部俳優13名が集団退社の辞表を提出、国際活映(国活)に引き抜かれる事件が起きるが、宮島もこれに連座し、国活に電撃的に移籍している[1][5][6][9]。『現代俳優名鑑』によれば、当時、宮島は浅草区千束町一丁目120番地(現在の台東区西浅草3丁目)に住み、身長は5尺6寸1分(約170.0センチメートル)、体重16貫匁(約60.0キログラム)、常用煙草は敷島で、酒はビールであるといい、当時の宮島にとっての代表作は、『永遠の謎』(監督若山治、1922年)における「薗部子爵」役であるという[2]

1923年(大正12年)4月には国活が経営危機に陥り、衣笠貞之助、島田嘉七らとともに、京都に牧野省三が設立したマキノ映画製作所へ移籍、同社の設立第1作であり、衣笠の監督作である『二羽の小鳥』に出演、同作は、同年6月1日に公開された[1][5][6]。1924年(大正13年)7月、同社は東亜キネマに合併され、同撮影所は東亜キネマ等持院撮影所となり、同年10月、帝国キネマ演芸(帝キネ)が大量のヘッドハンティングを実施し、宮島はこれに応じて帝キネに移籍する[1][5][6]。宮島のいた小阪撮影所は1925年(大正14年)に閉鎖され、選別されたメンバーだけが東邦映画製作所に移籍したが、同社はまもなく解散、宮島は東亜キネマに戻っている[1][5][6]

1928年(昭和3年)には、東京に戻り、松竹蒲田撮影所に移籍した[1][5][6]。1936年(昭和11年)1月15日、同撮影所は、神奈川県鎌倉郡大船町(現在の同県鎌倉市大船)の松竹大船撮影所(現存せず)に全機能を移転、宮島も異動になった[1][5][6]第二次世界大戦の勃発後も、しばらくは出演作がみられる[5][6]

戦後は、大映東京撮影所(現在の角川大映撮影所)に所属し、多くの作品の脇役・端役を務め、記録に残る最後の出演作は、満70歳となった1965年(昭和40年)7月31日に公開された『六人の女を殺した男』(監督島耕二)であった[1][5][6][8][11]。以降の消息は不明である[1]没年不詳

フィルモグラフィ編集

クレジットはすべて「出演」である[5][6]。公開日の右側には役名[5][6]、および東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)、マツダ映画社所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[11][12]。同センター等に所蔵されていないものは、とくに1940年代以前の作品についてはほぼ現存しないフィルムである。資料によってタイトルの異なるものは併記した。

日活向島撮影所編集

 
1920年代、20代後半ころの写真。

すべて製作は「日活向島撮影所」、配給は「日活」、すべてサイレント映画、特筆以外「宮島憲一」名義である[5][6][9]

国活巣鴨撮影所編集

すべて製作は「国活巣鴨撮影所」、配給は「国際活映」、すべてサイレント映画、すべて「宮島憲一」名義である[5][6]

マキノ等持院撮影所編集

すべて製作は「マキノ等持院撮影所」、配給は「マキノ映画製作所」、すべてサイレント映画、以降すべて「宮島健一」名義である[5][6]

東亜キネマ等持院撮影所編集

すべて製作は「東亜キネマ等持院撮影所」、配給は「東亜キネマ」、すべてサイレント映画である[5][6]

  • 宵夜町心中』 : 監督二川文太郎、1924年7月11日公開 - 綱船の三五兵衛
  • 愛の牢獄』 : 監督阪田重則、1924年7月25日公開 - 主演、「宮島健弌」名義
  • 恋とはなりぬ』 : 監督衣笠貞之助、1924年9月19日公開 - 「宮島健弌」名義
  • 死よりも哀し』 : 監督上月吏、製作東亜キネマ甲陽撮影所、1924年10月1日公開 - 主演
  • 『足』 : 監督衣笠貞之助、1924年10月1日公開 - 「宮島健弌」名義
  • 関の夫婦松』 : 監督衣笠貞之助、1924年10月31日公開 - 主演、「宮島健弌」名義

帝国キネマ小坂撮影所編集

 
1925年(大正14年)、満30歳ころの写真。

特筆以外はすべて製作は「帝国キネマ小坂撮影所」、配給は「帝国キネマ演芸」、すべてサイレント映画である[5][6]

東亜キネマ編集

すべて製作は「東亜キネマ等持院撮影所」(京都撮影所)あるいは「甲陽撮影所」、配給は「東亜キネマ」、すべてサイレント映画である[5][6]

等持院撮影所
甲陽撮影所
京都撮影所
  • 善玉悪玉』 : 監督米沢正夫、1927年10月7日公開 - 主演
  • 思ひ出』 : 監督根津新、1927年11月17日公開
  • 愛怨地獄』 : 監督米沢正夫、1927年製作・公開 - 主演
  • 勇ましき兄』 : 監督根津新、1928年1月9日公開 - 主演
  • 恋愛二重奏』 : 監督根津新、1928年3月15日公開 - 小宮路夫
  • 阪東侠客陣 第一篇』 : 監督仁科熊彦、1928年4月1日公開 - 兄麟四郎
  • 『女王蜂』 : 監督根津新、1928年4月8日公開 - 主演
  • 孤児は悲し』 : 監督根津新、1928年5月20日公開 - 主演
  • 山侠悲話』 : 監督根津新、1928年6月7日公開 - 主演
  • 『女犯』 : 監督西本武二、1928年6月11日公開 - 主演
  • 阪東侠客陣 中篇』 : 監督仁科熊彦、1928年6月14日公開 - 兄麟四郎
  • 『恋文』 : 監督根津新、1928年7月14日公開
  • 阪東侠客陣 最終篇』 : 監督仁科熊彦、1928年9月15日公開 - 兄麟四郎
  • 新生の声』 : 監督永井健、1928年製作・公開 - 宮本修作
  • 人生行路』 : 監督井出錦之助、1928年製作・公開
  • 旅人告白』 : 監督井出錦之助、1928年製作・公開 - 主演

松竹蒲田撮影所編集

 
東京の合唱』(1931年)出演時、満36歳。谷麗光(フレーム外)の「秘書」役。
 
生さぬ仲』(1932年)出演時、満37歳。奈良眞養(後ろ頭)の「秘書」役。

特筆以外すべて製作は「松竹蒲田撮影所」、配給は「松竹キネマ」、特筆以外はすべてサイレント映画である[5][6]

松竹大船撮影所編集

すべて製作は「松竹蒲田撮影所」、特筆以外すべて配給は「松竹キネマ」、以降すべてトーキーである[5][6]

大映東京撮影所編集

 
静かなる決闘』(1949年)公開時のポスター。
 
稲妻』(1952年)公開時のポスター。
 
薔薇いくたびか』(1955年)公開時のポスター。

特筆以外すべて製作は「大映東京撮影所」、すべて配給は「大映」である[5][6][8]

  • 母紅梅』 : 監督小石栄一、1949年1月24日公開 - 金田老人、83分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 静かなる決闘』 : 監督黒澤明、1949年3月13日公開 - 骨董屋、95分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 美貌の顔役』 : 監督吉村廉、1949年5月23日公開 - 山川徳次郎
  • 流れる星は生きている』 : 監督小石栄一、1949年9月18日公開 - 巡査
  • 三悪人と赤ん坊』 : 監督小石栄一、1950年11月3日公開 - 源作
  • 母月夜』 : 監督佐伯幸三、1951年1月27日公開 - 矢田刑事
  • 誰が私を裁くのか』 : 監督谷口千吉、1951年5月18日公開 - 裁判長
  • 江の島悲歌』 : 監督小石栄一、1951年6月1日公開 - 船医
  • 霧の夜の恐怖』 : 監督久松静児、1951年7月20日公開 - 谷村巡査
  • 『稲妻』 : 監督成瀬巳喜男、1952年10月9日公開 - バスの老人客、87分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • あにいもうと』 : 監督成瀬巳喜男、1953年8月19日公開 - 喜三、86分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 地の果てまで』 : 監督久松静児、1953年10月20日公開 - 焼鳥屋
  • 『無法者』 : 監督佐伯幸三、1953年11月23日公開 - 深沢有造
  • 母の湖』 : 監督小石栄一、1953年12月15日公開 - 中島
  • 川のある下町の話』 : 監督衣笠貞之助、1955年1月9日公開 - 役名不明、108分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 泣き笑い地獄極楽』 : 監督浜野信彦、1955年1月29日公開 - 高山
  • 暁の合唱』 : 監督枝川弘、1955年3月18日公開 - 田辺巡査、80分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 薔薇いくたびか』 : 監督衣笠貞之助、1955年4月24日公開 - 桐生茂吉爺、135分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 幻の馬』 : 監督島耕二、1955年7月20日公開 - 安田組合長、90分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 母笛子笛』 : 監督斎村和彦、1955年8月3日公開 - 小児科病院長
  • 誘拐魔』 : 監督水野洽、1955年10月12日公開 - 山川刑事
  • 見合い旅行』 : 監督枝川弘、1955年11月15日公開 - 木村万平
  • 弾痕街』 : 監督斎村和彦、1955年12月28日公開 - つりをする男
  • 大都会の午前三時』 : 監督西条文喜、1958年1月22日公開 - 稲田銅吉
  • 『母』 : 監督田中重雄、1958年3月5日公開 - 五兵衛
  • 一粒の麦』 : 監督吉村公三郎、1958年9月14日公開 - 役名不明、112分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 情炎』 : 監督衣笠貞之助、1959年3月17日 - 役名不明、115分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 女の教室』 : 監督渡辺邦男、1959年4月8日 - 小左衛門
  • 川向うの白い道』 : 監督田中重雄、1959年8月19日 - 平八郎さん
  • 浮草』 : 監督小津安二郎、1959年11月17日公開 - 小川軒のあい子の父親、119分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 鯨神』 : 監督田中徳三、1962年7月15日公開 - 大別当
  • 秦・始皇帝』 : 監督田中重雄、1962年11月1日公開 - 儒者C
  • 温泉芸者』 : 監督富本壮吉、1963年2月7日公開 - 米吉
  • 背広の忍者』 : 監督弓削太郎、1963年2月9日公開 - 磯村卓造
  • 『嘘』 : 監督増村保造・吉村公三郎・衣笠貞之助、1963年3月31日公開 - 役名不明、99分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 若い樹々』 : 監督原田治夫、1963年4月14日公開 - 三沢松太郎
  • 無茶な奴』 : 監督島耕二、1964年7月4日公開 - ジャリ組合幹部
  • 黒の切り札』 : 監督井上梅次、1964年7月25日公開 - 根来信通
  • 六人の女を殺した男』 : 監督島耕二、1965年7月31日公開 - パリ祭の客

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q キネマ旬報社[1979], p.576-577.
  2. ^ a b c d e f 揚幕社[1923], p.37.
  3. ^ a b c d 報知[1925], p.309.
  4. ^ 宮島健一jlogos.com, エア、2013年3月13日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 宮島健一日本映画データベース、2013年3月13日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 宮島健一宮島憲一、日本映画情報システム、文化庁、2013年3月13日閲覧。
  7. ^ 宮島健一宮嶋健一、映連データベース、日本映画製作者連盟、2013年3月13日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 宮島健一KINENOTE, 2013年3月13日閲覧。
  9. ^ a b c d 宮島健一宮島憲一日活データベース、2013年3月13日閲覧。
  10. ^ a b c 宮島健一、映画データベース、東宝、2013年3月13日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg 宮島健一東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年3月13日閲覧。
  12. ^ 主な所蔵リスト 劇映画 邦画篇マツダ映画社、2013年3月11日閲覧。
  13. ^ 春琴抄 お琴と佐助、東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年3月13日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集