メインメニューを開く

宮島 竜治(みやじま りゅうじ、1967年7月13日[1] - )は、日本の編集技師映画監督である。神奈川県横浜市出身[要出典]

みやじま りゅうじ
宮島 竜治
生年月日 (1967-07-13) 1967年7月13日(51歳)
出生地 日本の旗 日本
職業 編集技師、ディレクター
ジャンル 映画

目次

人物・来歴編集

日本映画学校(現・日本映画大学)を第1期生として卒業[要出典]在学中に学校で講師をしていた境誠一がセカンド助手を捜していた為、そのままフリーの編集助手となる[要出典]その時の旧大映京都出身の編集技師・谷口登司夫に師事[要出典]

以後、阿部亙英大島ともよ鈴木歓らの助手につき、1996年公開の『ロマンス』(監督: 長崎俊一)で編集技師としてデビューした。『スウィングガールズ』、『ALWAYS 三丁目の夕日』での、2005、2006年の日本アカデミー賞の最優秀編集賞2年連続受賞に続き、『永遠の0』で3度目の2014年日本アカデミー賞最優秀編集賞を受賞。

2007年公開の『歌謡曲だよ、人生は〜乙女のワルツ』で映画監督としてもデビューした。

フィルモグラフィ編集

映画編集

テレビドラマ編集

テレビドキュメンタリー編集

アニメ作品編集

ディレクター作品編集

出演作など編集

受賞歴編集

助手作品編集

【劇場映画】

【オリジナルビデオ】

【テレビドラマ】

脚注編集

  1. ^ 個人ブログ「dream away one's life」(2016年7月6日時点のアーカイブ
  2. ^ 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年2月27日閲覧。

参考資料編集

外部リンク編集