宮崎智彦

日本のサッカー選手

宮崎 智彦(みやざき ともひこ、1986年11月21日 - )は、東京都西東京市出身のサッカー選手ポジションディフェンダー(左サイドバック)[3]又はミッドフィールダー左ウイングバック[4]左サイドハーフ[5]ボランチ[6])。Jリーグジュビロ磐田所属。

宮崎 智彦 Football pictogram.svg
名前
愛称 ミヤ[1]
カタカナ ミヤザキ トモヒコ
ラテン文字 MIYAZAKI Tomohiko
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-11-21) 1986年11月21日(30歳)
出身地 東京都西東京市[2]
身長 170cm
体重 65kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ジュビロ磐田
ポジション DF (LSB)
MF (LWB , LSH , DH)
背番号 13
利き足 左足[2]
ユース
田無SC
秋津SC
横河SC・JY
2002-2004 FC東京U-18
2005-2008 流通経済大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2012 鹿島アントラーズ 4 (0)
2011 横浜FC (loan) 28 (1)
2012 ジュビロ磐田 (loan) 26 (1)
2013- ジュビロ磐田 120 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

来歴編集

5歳からサッカーを始める[2]。高校時代はFC東京U-18に所属[2]。同期には染谷悠太福田建らがいた。

2005年流通経済大学へ進学。精度の高いクロス、1対1に強い守備を武器に1年からレギュラーに定着し[7]、2度の関東大学リーグ、1度の総理大臣杯優勝に貢献[2]。関東大学リーグでは藤井賢心(東京農業大学)と共に4年間で最も出場が多かった選手として表彰された[8]。「大学No.1左サイドバック」として[9]古巣のFC東京を始め複数チームから獲得オファーを受けた[7]

2008年9月、「レギュラーを獲るのが一番難しいクラブ」ということから、翌2009年鹿島アントラーズ入団を決めた[3]2010年のJ1第20節C大阪戦で先発出場し[10]プロデビューするも[10]レギュラー奪取には至らなかった。

2011年横浜FC期限付き移籍[11]。MF野崎陽介と左サイドで好連携を築き、DFながら攻撃面でも貢献[12][1]J2第4節北九州戦でJリーグでの初得点を挙げた。

2012年にはジュビロ磐田期限付き移籍[13][14]。負傷離脱した時期もあったが、果敢な攻撃参加を武器に左SBのレギュラーを確保した[15]2013年より磐田へ完全移籍[16][17]。シーズン序盤は3バックの新布陣に適合しきれず[4]出場機会を減らすも[18]、4バックに立ち返って以降は山本脩斗らとのポジション争い[19]を制した。シーズン終盤は内転筋を痛め欠場し、宮崎不在の間にチームはJ2降格を喫した[20]

2014年はSB及びWBで先発出場を続けていたが、同年9月に就任した名波浩監督によって「中学以来」と語る[21]ボランチに配され[6]第35節からフル出場。2015年もボランチを定位置とし、巧みな配球と位置取りで味方を活かす攻守の要として[22]活躍を続けた。勝てばJ1昇格が決まる大分トリニータ戦では、後半45分に同点にされた直後に自陣のゴールからボールをかき出し、センターサークルへ置いた。それを見て気合を入れ直した小林祐希がすぐに決勝ゴールを奪った[23]。その宮崎の行動は、監督の名波浩が試合終了後のロッカールームで褒めているシーンが『ジュビロTVプラス』で流れている。

ボランチでの出場も多くなり、2016年はMF登録となった。2月25日に一般女性と入籍[24]

所属クラブ編集

ユース経歴
プロ経歴

個人成績編集

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2005 流経大 - JFL 3 0 - - 3 0
2006 16 13 1 - 1 0 14 1
2007 6 13 0 - 1 0 14 0
2008 9 1 - 2 1 11 2
2009 鹿島 32 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2010 4 0 0 0 4 0 8 0
2011 横浜FC 16 J2 28 1 - 1 0 29 1
2012 磐田 13 J1 26 1 4 0 1 0 31 1
2013 23 0 2 0 1 0 26 0
2014 J2 25 1 - 3 1 28 2
2015 40 2 - 0 0 40 2
2016 J1 32 0 1 0 0 0 33 0
2017
通算 日本 J1 85 1 7 0 6 0 98 1
日本 J2 93 4 - 4 1 97 4
日本 JFL 38 2 - 4 1 42 3
総通算 216 7 7 0 14 2 237 9
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2009 鹿島 32 0 0
2010 0 0
通算 AFC 0 0

その他の公式戦

出場歴

代表・選抜歴編集

  • 2008年 - 全日本大学選抜

脚注編集

  1. ^ a b 【J2 8月度MIP受賞インタビュー】野崎陽介選手(横浜FC) (archive) J's GOAL (2011年10月14日)
  2. ^ a b c d e 磐田DF宮崎「練習の集大成見せる」 日刊スポーツ (2012年1月26日)
  3. ^ a b c d e 宮崎智彦選手の加入が内定 - ウェイバックマシン(2010年1月12日アーカイブ分) 鹿島アントラーズ (2008年9月5日)
  4. ^ a b 【Jリーグ】名波浩が指摘する、最下位ジュビロの問題点 集英社 (2013年4月22日)
  5. ^ 【磐田】山田、緊急離脱 左MF代役に安田&宮崎 - ウェイバックマシン(2013年10月7日アーカイブ分) スポーツ報知 (2013年10月3日)
  6. ^ a b 【磐田】宮崎、ボランチ継続!名波監督「もちろんこのまま」 - ウェイバックマシン(2014年10月8日アーカイブ分) スポーツ報知 (2014年10月8日)
  7. ^ a b 鹿島が流経大DF宮崎を獲得 - ウェイバックマシン(2008年9月14日アーカイブ分) スポーツ報知 (2008年9月5日)
  8. ^ JR東日本カップ2008 第82回 関東大学サッカーリーグ戦【表彰】 (PDF) 関東大学サッカー連盟 2008.11.23
  9. ^ 大学ナンバーワン左SB・宮崎が鹿島入り スポーツニッポン 2008.09.05
  10. ^ a b 【J1:第20節 鹿島 vs C大阪】オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島)記者会見コメント (archive) J's GOAL (2010年8月21日)
  11. ^ 宮崎 智彦選手が横浜FCに期限付き移籍 鹿島アントラーズ (2011年1月5日)
  12. ^ J2 8月度 J'sGOAL月間MIP (archive) J's GOAL (2011年9月12日)
  13. ^ 宮崎 智彦選手がジュビロ磐田に期限付き移籍 鹿島アントラーズ (2011年12月28日)
  14. ^ 宮崎智彦選手鹿島アントラーズより期限付き移籍加入のお知らせ ジュビロ磐田 (2011年12月28日)
  15. ^ 磐田 宮崎、菅沼駿を完全移籍 日刊スポーツ (2012年12月16日)
  16. ^ 宮崎 智彦選手がジュビロ磐田に完全移籍 鹿島アントラーズ (2013年1月8日)
  17. ^ 宮崎智彦選手鹿島アントラーズより完全移籍加入 ジュビロ磐田 (2013年1月8日)
  18. ^ 磐田宮崎クロス、エース前田に上げる 日刊スポーツ (2013年4月18日)
  19. ^ 磐田宮崎、基本の徹底へ手応え 日刊スポーツ (2013年6月22日)
  20. ^ 【磐田】宮崎、約1か月ぶり実戦復帰も「まだまだ」 - ウェイバックマシン(2013年12月2日アーカイブ分) スポーツ報知 (2013年12月1日)
  21. ^ 磐田宮崎ボランチ抜てき「中学以来」 日刊スポーツ (2014年10月3日)
  22. ^ サッカーダイジェスト No.1332』 日本スポーツ企画出版社2015年、70頁。
  23. ^ 磐田小林、執念の昇格弾「奇跡じゃない。練習通り」 日刊スポーツ 2015.11.24
  24. ^ 宮崎 智彦選手 入籍のお知らせ ジュビロ磐田 (2016年3月15日)
  25. ^ プロフィール - 秋津サッカークラブ公式サイト (2017年5月25日閲覧)

関連項目編集

外部リンク編集