メインメニューを開く

宮崎 民蔵(みやざき たみぞう、慶応元年5月20日1865年6月13日) - 昭和3年(1928年8月15日)は、明治大正期の社会運動家。号は巡耕

略歴編集

肥後国玉名郡荒尾村(現熊本県荒尾市)出身。兄の八郎、弟の弥蔵寅蔵滔天)とともに「民権兄弟」として知られる(特に民蔵・弥蔵・寅蔵を「宮崎三兄弟」と呼ぶこともある)。

宮崎政賢・左喜夫妻の六男に生まれるが、兄・八郎が西南戦争で戦死し、他の兄も既に没していたため、1879年に民蔵が宮崎家の当主となる。八郎と同様に自由民権運動の影響を受けて上京し、中江兆民仏学塾に入ったものの病気のために帰郷する。その後、小作人問題に関心を抱き、1888年頃から土地も天が作ったものである以上、全ての人間が均分して受ける権利があると考えるようになる。欧米遊学後に1901年に一時荒尾村長を務めるが、1902年に東京で土地復権同志会を組織して「平均地権」を唱えて、1905年に主著『土地均享・人類の大権』を執筆する。民蔵の活動は頭山満幸徳秋水など左右を問わずに支持を受けるが、その思想が私有財産制の否定につながるとみた政府から警戒されて運動は困難を窮めた。

1910年大逆事件の際には韓国訪問中であったものの、同事件で処刑された松尾卯一太が宮崎家の遠縁であったために関与が疑われて取調を受けた。この影響で政府の弾圧を受けて会は解散に追い込まれる。その一方で、弟の弥蔵・滔天とともに孫文の革命運動を支援し、2人の没後も最後まで孫文の支援者として活動した。孫文の三民主義の1つ「民生主義」の中に“地権平均”が登場した背景には、孫文が民蔵と交わした土地論争がきっかけとなったとする説がある(その後、中国同盟会の機関誌『民報』に民蔵も論文を寄稿している)。辛亥革命の際には自ら孫文の元に駆けつけて物心両面の支援を行っている。また、革命資金捻出のために中国国内で事業活動も行っているが、こちらは成功しなかった。孫文の死の床を見舞った数少ない日本人のうちの1人である。

子の世民は日中友好運動に尽力し日中友好協会(正統本部派)の会長を務めた。

家族編集

  • 妻・ミイ(「美以」とも) - 三池藩家老(藩主の分家)立花碩(おおい)の次女として三池村(現・大牟田市)に生まれ、兄の小一郎が民蔵が学んだ銀水義塾の塾長をしていた縁で民蔵に嫁ぐ。留守がちな民蔵に代わって、小商いをするなどして宮崎家を切り盛りし、滔天の妻・宮崎槌とともに民蔵らの活動を支えた[1]

脚注編集

  1. ^ 宮崎家の女性たち宮崎兄弟資料館

参考文献編集

  • 上村希美雄「宮崎弥蔵」(『国史大辞典 13』(吉川弘文館、1992年) ISBN ISBN 4-642-00513-7
  • 狭間直樹「宮崎民蔵」(『日本史大事典 6』(平凡社、1994年) ISBN 978-4-582-13106-2
  • 上村希美雄「宮崎弥蔵」(『近代日本社会運動史人物大事典 4』(日外アソシエーツ、1997年))

関連項目編集

外部リンク編集