メインメニューを開く

宮崎 湖処子(みやざき こしょし、元治元年9月20日1864年10月20日) - 大正11年(1922年8月9日)は、日本の宗教家小説家。本名は宮崎八百吉(みやざき やおきち)。

筑前国下座郡三奈帰村(福岡県朝倉市)に生まれる。中学を終えて上京し、1884年明治17年〕に東京専門学校早稲田大学)に入学する。在学中に洗礼を受け、キリスト教の信者となる。卒業後、国民新聞の記者として主に文芸面を担当、批評をかく。その間に発表した小説『帰省』(1890年6月、民友社)や詩集『湖処子詩集』(1893年11月、右文社)が評判となる。その後、1897年(明治30年)ころから民友社をはなれ、キリスト教の伝道に力をつくした。

1922年8月9日、脳溢血のため東京府北豊島郡滝野川町中里の自宅で死去[1]

現代日本文学大系』の「帰省」を収めた巻の解説で、小田切進は、「作者の資質が浪漫的な抒情詩人にあった」「藤村が登場する前の抒情詩人としては、第一人者として並ぶ者のない貴重な存在」と述べている。

脚注編集

  1. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)313頁

参考文献編集

『現代日本文学大系』「現代名作集1」所収の解説と年譜(小田切進による)

外部リンク編集