メインメニューを開く

宮崎県立日南振徳高等学校(みやざきけんりつにちなんしんとくこうとうがっこう)は、2009年宮崎県日南市に開校した宮崎県南那珂地区(日南市、串間市)における総合制専門高校である。2010年度まで宮崎県立日南工業高等学校と併設され、学校施設を引き継いでいる。

宮崎県立日南振徳高等学校
Nichinan Shintoku High School 2012.JPG
2012年7月撮影
国公私立の別 公立学校
設置者 宮崎県の旗 宮崎県
学区 なし
併合学校 宮崎県立日南振徳商業高等学校
宮崎県立日南工業高等学校
宮崎県立日南農林高等学校
校訓 潔己・至道・振徳
設立年月日 2009年1月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 地域農業科
機械科
電気科
商業科
経営情報科
福祉科
学期 3学期制
高校コード 45148H
所在地 889-2532
宮崎県日南市大字板敷410番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

開校により、日南市の公立高等学校は日南市飫肥地区にほぼ集約(ほかに宮崎県立日南高等学校がある)されることとなった。

宮崎県内の総合制専門学校は2008年小林市に開校した宮崎県立小林秀峰高等学校に次いで2校目である。

目次

設置学科編集

所在地編集

  • 〒889-2532 宮崎県日南市大字板敷410
最寄り駅JR日南線飫肥駅

設立の経緯編集

南那珂地区においては、少子化および過疎化により生徒数が急減しており、2009年度以降、単体の高等学校として運営が困難になる1学年2学級以下となる見込みとなった宮崎県立日南振徳商業高等学校宮崎県立日南農林高等学校および宮崎県立日南工業高等学校の3校を統合・再編し、地域の産業の担い手の育成をはかり、適正な教育環境を提供することを目的に設置された。

校名の由来編集

校名に含まれる振徳は、かつて日南市一帯を治めた飫肥藩にあって、明治時代の外交官小村寿太郎も学んだ藩校「振徳堂」に由来する。統合される3校のひとつである日南振徳商業高校にも用いられているが、南那珂地区において由緒ある名称であることから、公募を経て再び採用されることとなった。

関連項目編集

外部リンク編集