メインメニューを開く

宮崎県第3区(みやざきけんだいさんく)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗宮崎県第3区
衆議院小選挙区 宮崎県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 都城市日南市小林市串間市えびの市北諸県郡西諸県郡
(2017年7月16日現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年
選出議員 古川禎久
有権者数 282,660人
1.19 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

区域編集

歴史編集

古川禎久は第43回は持永和見の後継をめぐっての保守分裂のため、第44回は郵政民営化に反対したことから無所属で出馬し当選した(2区と様相が似ているがこちらは非世襲候補が勝った)。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:285,176人 最終投票率:50.57%(前回比:+1.01ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古川禎久52自由民主党98,008票
69.4%
――公明党推薦
花輪智史51希望の党28,286票
20.0%
28.9%
井福美年68日本共産党14,942票
10.6%
15.2%

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:286,688人 最終投票率:49.56%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古川禎久49自由民主党108,051票
78.5%
――公明党推薦
来住一人69日本共産党29,599票
21.5%
27.4%

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古川禎久47自由民主党119,174票
81.8%
――公明党推薦
来住一人67日本共産党26,533票
18.2%
22.3%

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古川禎久44自由民主党131,908票
67.4%
――
松村秀利52社会民主党58,343票
29.8%
44.2%
松原慎治49幸福実現党5,460票
2.8%
4.1%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古川禎久40無所属102,816票
49.6%
――×
持永哲志45自由民主党82,204票
39.6%
80.0%
外山斎29民主党22,352票
10.8%
21.7%

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古川禎久38無所属118,607票
63.2%
――×
持永哲志43無所属58,353票
31.1%
49.2%×
井福美年54日本共産党10,801票
5.8%
9.1%

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
持永和見72自由民主党103,729票
52.2%
――
古川禎久34無所属79,081票
39.8%
76.2%×
温水武男64日本共産党13,006票
6.6%
12.5%
加英昭64自由連合2,717票
1.4%
2.6%

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
持永和見69自由民主党89,671票
53.1%
――
古川禎久31新進党62,211票
36.8%
69.4%
中野健56日本共産党16,962票
10.0%
18.9%

関連項目編集