宮崎空港線(みやざきくうこうせん)は、宮崎県宮崎市田吉駅から宮崎空港駅とを結ぶ九州旅客鉄道(JR九州)の鉄道路線幹線)。日豊本線宮崎駅 - 南宮崎駅間と日南線南宮崎駅 - 田吉駅間を加えた、宮崎駅 - 宮崎空港駅間に「空港線」の愛称が付けられている。

JR logo (kyushu).svg 宮崎空港線
宮崎空港線の特急列車(宮崎空港駅)
宮崎空港線の特急列車(宮崎空港駅)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 宮崎県の旗 宮崎県
起点 田吉駅
終点 宮崎空港駅
駅数 2駅
開業 1996年7月18日
所有者 JR logo (kyushu).svg 九州旅客鉄道(JR九州)
運営者 JR logo (kyushu).svg 九州旅客鉄道
使用車両 運行車両を参照
路線諸元
路線距離 1.4 km
軌間 1,067 mm
線路数 単線
電化方式 交流20,000 V・60Hz,
架空電車線方式
閉塞方式 特殊自動閉塞式(軌道回路検知式)
最高速度 85 km/h
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
HST
宮崎駅
HST
南宮崎駅
STRq ABZgr
日豊本線
BHF
0.0 田吉駅
SKRZ-Ao
一ツ葉道路
WBRÜCKE
山内川
STRq ABZgr
日南線
KBHFe
1.4 宮崎空港駅
FLUG
宮崎空港

目次

概要編集

宮崎空港付近を通る日南線から分岐し、宮崎空港旅客ターミナルに直接乗り入れる空港アクセス路線として建設され、JR発足後の1996年に開業した。同時に日南線分岐点付近には田吉駅が再開業[1]し、当路線の起点となる。当路線には加算運賃(120円)が適用されている[2]。なお、当路線ではICカード「SUGOCA」の利用が可能である[3]

また、一般向けリアルタイム列車位置情報システム「どれどれ」の利用ができる路線であり、スマートフォンアプリ「JR九州アプリ」で宮崎 - 宮崎空港間のリアルタイム列車位置情報が提供されている[4]

路線長は1.4km(営業キロ)と短い。日本国有鉄道(国鉄)時代に最も営業キロが短い路線であった旧小松島線の営業キロ1.9kmより短く、2016年現在、JR線の中で最も営業キロが短い。なお、当線の開業前は新湊線(当時全長3.6km、貨物線)、旅客営業を行う路線では桜島線(当時全長4.0km)が最短路線であった。

路線データ編集

 
空港旅客ターミナル(画面右)と接続する宮崎空港駅
  • 管轄(事業種別):九州旅客鉄道(第一種鉄道事業者
  • 路線距離(営業キロ):1.4km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:2(起点駅含む)
    • 宮崎空港線所属駅は宮崎空港駅のみで、田吉駅は日南線所属である。
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化区間:全線(交流20,000V・60Hz)
  • 閉塞方式:特殊自動閉塞式(軌道回路検知式)
  • 最高速度:85km/h

全線鹿児島支社の管轄である。

運行形態編集

開業以来、線内折り返し列車の設定がされたことはなく、全列車が日南線南宮崎・宮崎方面に直通する。下り(宮崎空港方面)7本(1本は平日のみ)・上り(田吉方面)2本の普通列車が南宮崎駅発着である以外はすべて日豊本線宮崎駅まで乗り入れており、すべての特急列車と半数以上の普通列車はさらに同線延岡方面に直通している。南宮崎駅(以北)でスイッチバックが必要になる都城鹿児島中央方面への直通運転は行われていない。車両は鹿児島支社管内の日豊本線と同じ電車が運用されており、田吉駅以南が非電化である日南線青島油津志布志方面で運用される気動車は乗り入れない。

また、典型的な空港アクセス鉄道であるが、航空便から宮崎市中心部へは1時間あたり4 - 5本運行されている宮崎交通路線バスに利用客が流れやすい。中距離輸送では日向市延岡市方面が公共交通では当路線発着の列車が独占状態であるのに対し、都城市方面、青島・日南市方面は乗り換えが必要であり、田吉駅での油津方面との接続が考慮されていないため競合するバスと比べ利便性が劣る。

特急編集

大分駅・延岡駅方面と宮崎地区を結ぶ特急列車は、朝・夜間の一部の列車を除き宮崎空港駅を始発・終着駅としている。宮崎空港駅から延岡駅までは約1時間25分、佐伯駅までは約2時間半、大分駅までは約3時間半である。当路線内では時季によって需要にむらがあり、ピーク期は8月中旬および年末年始の帰省シーズンである一方、閑散期ではかなりの空席のまま乗り入れることがある。なお、宮崎空港駅発着の特急は田吉駅には停車しない[5]

宮崎空港線の開業当時はすべての特急列車が博多駅または小倉駅まで乗り入れていたが、2015年6月20日[6]現在は博多駅発着の「にちりんシーガイア」および午前中に1本運行される小倉発の「にちりん」を除き、大分駅で「ソニック」と接続する形を取っている。

  • にちりん」(下り9本・上り8本)
    • 宮崎空港駅 - 南宮崎駅 - 宮崎駅 - 延岡駅 - 大分駅(下り1本のみ小倉発)
  • にちりんシーガイア」(下り1本・上り2本)
    • 宮崎空港駅 - 南宮崎駅 - 宮崎駅 - 延岡駅 - 大分駅 - 小倉駅 - 博多駅
  • ひゅうが」(4往復)
    • 宮崎空港駅 - 南宮崎駅 - 宮崎駅 - 延岡駅

なおここでの本数は宮崎空港駅発着分のみを示しており、「にちりん」「ひゅうが」については宮崎駅・南宮崎駅発着の設定もある。

特急料金等不要の特例編集

宮崎駅 - 宮崎空港駅間のみで特急列車に乗車する場合、普通車自由席乗車券のみで乗車できる特例が設けられている(なお、この区間で指定席グリーン車に乗車する場合は、指定席券あるいは普通列車用自由席グリーン券が必要であり、これらの券を車内で発売している)。他の区間と跨いで乗車する際は特急料金は特例区間外のみで計算される。この特例は南宮崎駅から日豊本線都城駅方面に直通する特急「きりしま」、田吉駅から日南線日南方面に直通する特急「海幸山幸」(この列車は田吉駅に停車する)、南宮崎駅発着の特急「にちりん」「ひゅうが」に関しても、特例区間内であれば適用される。

宮崎駅から先の延岡・大分方面に乗車する場合は特急券が必要なため、宮崎空港駅でも特急券を発売しているが、佐土原駅以北と宮崎空港駅の間の特急券はマルスで発券できず、料金補充券による発券となる。

普通編集

 
サンシャイン 713系電車

普通列車も南宮崎駅および宮崎駅、さらに一部の列車は延岡駅まで直通運転するが、前述の通り宮崎駅 - 宮崎空港駅間は乗車券のみで特急列車の普通車自由席に乗車できるため普通列車独自に本数を確保する必要はなく、絶対的に多く設定されていない。このため青島・油津駅方面との接続に関しては、田吉駅でかなりの時間待つことになる場合がある。また、かつては快速列車が運行されていたが、2015年6月20日現在[6]は運行されていない。

  • 延岡駅直通:下り8本、上り11本
  • 高鍋駅発着:1往復
  • 宮崎駅発着:3往復
  • 南宮崎駅発着:下り7本(1本は平日のみ)、上り2本

なお、日南線日豊本線内の運行形態についてはそれぞれの項目を参照のこと。

運行車両編集

全区間が電化されているため全列車電車で運用され、開業以来気動車は運用されていなかったが、2006年に臨時列車で特急「はやとの風」用キハ140形が運転された。宮崎地区では初めての入線である。

2011年3月12日より、485系に代わって、787系が使用されている。過去には885系の乗り入れ実績もある。

  • 特急列車(一部車両は特急車両の送り込みを兼ねて、普通列車として運転される場合がある)
  • 普通列車

歴史編集

延岡市に創業地工場群を持つ旭化成は、本社のある大阪市東京との社員の出張が多いが、宮崎 - 延岡間は当時、鉄道は空港とつながっておらず、高速道路もなかった(2014年3月に東九州自動車道の両市間が全通[7])。そのため旭化成は自社ヘリポートを用意し、延岡工場と宮崎空港間を25分で結ぶヘリコプター路線を1989年3月に開設した。

1990年9月27日、宮崎空港から延岡ヘリポートに向かっていた社内定期便(川崎BK117-B1型、機体記号JA6605)が台風20号の接近による視界不良により日向市細島港北側の牧島山山頂付近に墜落し、乗員2名乗客8名全員が死亡する事故が発生した。事故時、自社所有機(アエロスパシアルSA365N1型、機体番号JA9920[8])は点検中で、阪急航空チャーター機で運航中のものだった。旭化成は年間1万5千人の社員と、6000人の訪問者を運ぶ予定であったが、これによりヘリコプターの運航を断念、日豊本線の「高速化」や、日南線の空港アクセス活用の気運がにわかに高まった。

駅一覧編集

便宜上、愛称である「空港線」としての起点となる日豊本線宮崎駅からの区間を記載する。

路線名 駅名 田吉
からの
営業キロ
接続路線
日豊
本線
宮崎駅 4.6 九州旅客鉄道日豊本線高鍋延岡大分方面に直通あり)
南宮崎駅 2.0 九州旅客鉄道:日豊本線(都城鹿児島方面)
日南線
田吉駅 0.0 九州旅客鉄道:日南線油津志布志方面)
宮崎
空港線
宮崎空港駅 1.4  

輸送実績編集

2017年7月31日に公表された「路線別利用状況」(区間別の平均通過人員〈輸送密度〉)、旅客運輸収入は以下の通り[11][12]

区間 営業キロ 平均通過人員
(人/日)
旅客運輸収入
(百万円/年)
1987年度 2016年度
田吉 - 宮崎空港(全線) 1.4 1,740 83
南宮崎 - 田吉(参考) 2.0 2,129[13] 3,615

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 田吉駅は1971年に廃止されていた。
  2. ^ 宮崎空港線の加算運賃について - 九州旅客鉄道株式会社
  3. ^ 利用可能・発売エリア - 九州旅客鉄道 SUGOCA公式サイト、2015年11月18日閲覧
  4. ^ a b 〜 運行情報のご案内を充実 〜 「JR九州アプリ」で列車位置情報を表示します! (PDF) - 九州旅客鉄道、2016年12月20日
  5. ^ そのため田吉駅を通過する列車を利用して宮崎空港駅と日南線田吉駅以南の各駅との間を乗車する場合、折返し乗車となる田吉駅・南宮崎駅間のキロ数は運賃計算に含まれない特例が設けられている。
  6. ^ a b 交通新聞社『JR時刻表』2015年7月号
  7. ^ 東九州自動車道(日向(ひゅうが)IC〜都農(つの)IC)が平成26年3月16日に開通します - 西日本高速道路、2014年1月16日
  8. ^ JA9920はその後数社を移転の後、東邦航空所属のNNN報道機となったが、2011年3月11日仙台空港にて東日本大震災に伴う津波に被災し大破。同6月10日に抹消
  9. ^ “JR九州 宮崎空港線20周年セレモニー”. 交通新聞 (交通新聞社). (2016年7月25日) 
  10. ^ 宮崎エリアでSUGOCAが始まります! (PDF) - 九州旅客鉄道ニュースリリース 2015年9月17日
  11. ^ JR九州、区間別の利用状況を初公表 路線維持へ地元議論促す - 日本経済新聞(2017年7月31日 23:30配信)
  12. ^ 交通・営業データ(平成28年度)”. 九州旅客鉄道. 2017年8月18日閲覧。
  13. ^ 田吉駅が1996年度に新設されたため、1987年度は「南宮崎 - 油津」としている。

関連項目編集