メインメニューを開く

宮崎 繁樹(みやざき しげき、1925年10月21日 - 2016年4月10日[1])は、日本の国際法学者明治大学名誉教授財団法人人権教育啓発推進センター顧問。法学博士(明治大学、1962年)(学位論文「ザールラントの法的地位」)。新潟県新発田市出身

目次

略歴編集

出典:[2]

人物編集

台湾人元日本兵の戦後補償裁判に深くかかわった。1968年の明大紛争時の同大学生部長。父親は旧日本陸軍の名将として有名な宮崎繁三郎陸軍中将

学外における役職編集

  • 早稲田大学法学部・同大学院法学研究科非常勤講師(1966年-1993年)
  • 日本国際法律家協会副会長(1984年-1986年)
  • 世界法学会理事長(1987年-1990年)
  • 国際人権法学会理事長(1991年-1994年)[4]
  • 朝鮮奨学会理事[5]

叙勲歴編集

著書編集

単著編集

  • 『国際法要論――国際法講義案』(文雅堂, 1955年)
  • 『国際法における国家と個人』(未來社, 1963年)
  • 『ザールランドの法的地位』(未來社, 1964年)
  • 『国際法』(日本評論社, 1965年/新訂版, 1977年/三訂版, 1979年)
  • 『人権と平和の国際法』(日本評論社, 1968年)
  • 『戦争と人権』(学陽書房, 1976年)
  • 『国際法綱要』(成文堂, 1984年)
  • 『世界の人権と同和問題――人権の世紀をめざして』(明石書店, 1996年)

共著編集

編著編集

  • 『亡命と入管法――各国における法的処遇』(築地書館, 1971年)
  • 『多国籍企業の法的研究――入江啓四郎先生追悼』(成文堂, 1980年)
  • 『国際法』(同文館出版, 1981年)
  • 『現代国際人権の課題』(三省堂, 1988年)
  • 『国際人権規約先例集――規約人権委員会精選決定集(1-2)』(東信堂, 1989年-1995年)
  • 『解説国際人権規約』(日本評論社, 1996年)

共編著編集

訳書編集

  • ケルゼン『ケルゼン全集(3)正義とは何か』(木鐸社, 1978年)
  • ディビット・セルビー『ヒューマン・ライト――いま世界の人権は』(日本評論社, 1988年)
  • カタリナ・トマチェフスキー『開発援助と人権』(国際書院, 1992年)

脚注編集

  1. ^ “【訃報】宮崎繁樹氏=元明治大総長”. 読売新聞. (2016年4月18日). http://www.yomiuri.co.jp/obit/20160418-OYT1T50013.html 2016年4月18日閲覧。 
  2. ^ コトバンク
  3. ^ 以上につき、(住吉良人)編『現代国際法と人権の諸相 宮崎繫樹先生古希記念』(成文堂, 1996年)337頁以下
  4. ^ 以上につき、同上337頁以下
  5. ^ 公益財団法人 朝鮮奨学会 役員・評議員名簿 [1]