メインメニューを開く

来歴編集

東京商科大学 (旧制)(現一橋大学)で杉本栄一都留重人らの指導を受けた。大学卒業後、海軍士官となり、1946年12月横浜高等商業学校(現横浜国立大学)に就職。

大学卒業後もたびたび日曜日朝から杉本の家で開かれるゼミに出席し、伊東光晴(京都大学名誉教授)、浅野栄一中央大学名誉教授)、宮崎犀一(元東京女子大学教授)と、当時ゼミ生だった宮川公男(一橋大学名誉教授)、玉井龍象金沢大学名誉教授)、近藤鉄雄(大蔵官僚、元労働大臣)らの指導にあたった[2]

複合不況』(中公新書)はベストセラーになり、1992年の新語・流行語大賞にもなった。『世界経済をどう見るか』で毎日出版文化賞。論文「過当競争の論理と現実」(1962年)でエコノミスト賞を受賞。

大学同期の長洲一二元神奈川知事の後援会「長洲一二と県民の会」代表も務めた。蔵書のうち経済学関連の和書は福井県立大学に収められている。指導学生にタノン・ビダヤ(タイ王国財務大臣)など[3]

家族編集

略歴編集

学歴編集

職歴編集

学会活動等編集

受賞等編集

著書編集

単著編集

  • 『戦後日本の経済機構』(新評論、1966年)
  • 『近代経済学の史的展開――「ケインズ革命」以後の現代資本主義像』(有斐閣、1967年)
  • 『現代の資本主義』(岩波書店、1967年)
  • 『寡占――現代の経済機構』(岩波新書、1972年)
  • 『現代の日本企業を考える』(岩波新書、1974年)
  • 『新しい価格革命――試練に立つ現代資本主義』(岩波新書、1975年)
  • 『戦後日本の企業集団――企業集団表による分析 1960-70年』(日本経済新聞社、1976年)
  • 『転換期の争点』(三省堂、1981年)
  • 『現代資本主義と多国籍企業』(岩波書店、1982年)
  • 『転換期の資本主義――80年代の展望』(日本放送出版協会<NHKブックス>、1982年)
  • 『日本経済の構造と行動――戦後40年の軌跡』(筑摩書房(上・下)、1985年)
  • 『現代企業論入門――コーポレィト・キャピタリズムを考える』(有斐閣、1985年)
  • 『世界経済をどう見るか』(岩波新書、1986年)
  • 『ドルと円――世界経済の新しい構造』(岩波新書、1988年)
  • 『変わりゆく世界経済――「トランスナショナル・シビル・ソサイェティ」への途』(有斐閣、1990年)
  • 『複合不況――ポスト・バブルの処方箋を求めて』(中公新書、1992年)
  • 『国民経済の黄昏――「複合不況」その後』(朝日新聞社<朝日選書>、1995年)
  • 『ポスト複合不況――21世紀日本経済の選択』(岩波ブックレット、1997年)

共著編集

  • 伊東光晴)『ケインズ一般理論――コンメンタール』(日本評論社、1964年)
  • (長州一二・伊東光晴)『70年代の経済』(朝日新聞社、1970年)
  • 『経済学全集(30)現代資本主義論』(筑摩書房、1970年)
  • 篠原一平田清明)『転換期の思想』(新地書房、1978年)
  • 『21世紀への思索――続・転換期の思想 討論』(新地書房、1986年)

編著編集

  • 『近代経済学研究入門』(有斐閣、1968年)
  • 『多国籍企業の研究』(筑摩書房、1982年)

共編著編集

  • 篠原三代平・林栄夫)『近代経済学講座(1-4)』(有斐閣、1961年)
  • 小泉明)『日本経済を見る眼』(東洋経済新報社、1967年)
  • 新野幸次郎)『管理価格――現代の価格機構を考える』(有斐閣、1972年)
  • (伊東光晴)『世界の名著(69)ケインズ、ハロッド』(中央公論社、1977年)

訳書編集

  • R・F・ハロッド『景気循環論』(東洋経済新報社、1950年)
  • M・カレッキー『経済変動の理論――資本主義経済における循環的及び長期的変動の研究』(新評論、1958年)
  • J・シュタインドル『アメリカ資本主義の成熟と停滞――寡占と成長の理論』(日本評論社、1962年)
  • ジョーン・ロビンソン『経済学の考え方』(岩波書店、1966年)
  • R・F・ハロッド『経済動学』(丸善、1976年)
  • スティーブン・ハイマー『多国籍企業論』(岩波書店、1979年)
  • ケインズ全集(9)説得論集』(東洋経済新報社、1981年)

脚注・出典編集