メインメニューを開く

宮崎 道三郎(みやざき みちさぶろう、1855年10月14日安政2年9月4日) - 1928年昭和3年)4月18日[1])は、三重県津市出身の法学者法学博士東京帝国大学教授(法制史)。日本法律学校(現・日本大学)創立者(総代)。

宮崎 道三郎
人物情報
生誕 (1855-10-14) 1855年10月14日安政2年9月4日
伊勢国安濃郡津新道(現・三重県津市
死没 (1928-04-18) 1928年4月18日(72歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 開成学校
東京大学法学部
ハイデルベルク大学
ゲッティンゲン大学
ライプツィヒ大学
学問
研究分野 法学ローマ法ゲルマン法
研究機関 ハイデルベルク大学
ゲッティンゲン大学
ライプツィヒ大学
学位 法学博士(日本・1891年)
主な業績 文部省御用掛
東京大学御用掛和漢法律史編輯
帝国大学法科大学教授初代法制史講座担当者
学会 東京学士会院
帝国学士院
テンプレートを表示

人物編集

1855年(安政2年)9月に、伊勢国安濃郡津新道(現在の三重県津市)にて出生[2]藩校有造館で漢籍国史などを学んで、1872年(明治5年)に上京[2]日本法律学校(現日本大学の前身)の創立時には、設立評議員の一人である司法大臣山田顕義らによって、宮崎は若手の法律学者11名とともに設立者の代表として創立に深く関与している[3]

経歴編集

栄典・授章・授賞編集

位階
勲章等

肖像写真編集

著書編集

  • 『宮崎先生法制史論集』(中田薫編)(岩波書店、1929年)

脚注編集

  1. ^ 『官報』第395号、昭和3年4月25日、p.646
  2. ^ a b 創立者総代宮崎道三郎”. 2019年4月11日閲覧。
  3. ^ 学祖山田顕義 日本法律学校の創立”. 2019年4月11日閲覧。
  4. ^ 『官報』第2545号「叙任及辞令」1891年12月22日。
  5. ^ 『官報』第4636号「叙任及辞令」1898年12月12日。
  6. ^ 『官報』第6181号「叙任及辞令」1904年2月12日。
  7. ^ 『官報』第508号「叙任及辞令」1914年4月11日。
  8. ^ 『官報』第6148号「叙任及辞令」1903年12月28日。
  9. ^ 『官報』第8257号「叙任及辞令」1910年12月28日。
  10. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  11. ^ 『官報』第2522号「叙任及辞令」1920年12月27日。