メインメニューを開く

宮川 孝雄(みやがわ たかお、1936年1月31日 - 2016年1月8日)は、福岡県出身の元プロ野球選手。左投左打で、ポジションは外野手。引退後は30年以上に渡り、広島のスカウトを務めた。現姓は村上。通算代打安打数の日本記録(186本)保持者である。

宮川 孝雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1936-01-31) 1936年1月31日
没年月日 (2016-01-08) 2016年1月8日(79歳没)
身長
体重
172 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1960年
初出場 1960年
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

豊国学園高等学校から門司鉄道管理局を経て、1959年オフに広島カープに入団。広島入団に際しては、ノンプロでライバルであった八幡製鐵加藤喜作監督が、「あいつがいたのでは、うちは都市対抗に出れん(門司鉄道管理局は、宮川を打の中心として1956年から3年連続で都市対抗出場を果たしていた)」と、広島に話を持ちかけた、といういきさつがある[1]

入団当初は代打での起用が多かったが、4年目の1963年には主に一番打者、右翼手として32試合に先発出場する。しかしその後は外野手としての出場が減り、1963年から5年連続で代打打率3割を記録するなど、代打の切り札として存在感を示した。1972年には6打席連続で代打安打を放つなどし、代打打率.404(52打数21安打)、代打出塁率.500(62打席31出塁)を記録。50打席以上に立ち、打率4割を超えたままシーズンを終えたのは史上初の事例だった[2]1974年オフに引退した。通算代打安打186本は日本記録である(レニー・ハリスが更新するまでは世界記録でもあった)。

100%の代打成功率を求めた求道者で、練習量もすさまじく、年中1000本の素振りは当たり前のこと、代打に重要な集中力を磨く為に合気道にも取り組んだ。 「当たり屋」とも呼ばれ、1966年、67年と2年連続でリーグ最多死球を記録[3]。特に1967年は96打席で8死球を受け、12打席に1死球という割合の高さだった[3]。代打がメインで打席数が少ないにもかかわらずの数字であることから「宮川は自分から当たりに行っているのではないか」と審判に目を付けられてしまい、1972年6月20日の阪神戦では、山本重政の投球を右ひじに受けたが、原田孝一球審からストライクゾーンで球に触れたとして三振を宣告されるという事態も起こった[3]

引退後はスカウトに転身し、九州を中心に活動[3]北別府学を皮切りに、緒方孝市前田智徳等、一流の選手を発掘する。1991年に夫人の姓である「村上」に改姓した。2002年からスカウト部長に就任。スカウトとしての晩年は逆指名制度の導入でカープは資金面で苦しい立場に立たされ、村上の担当地区の九州も福岡ダイエーホークスの地域密着路線、また情報網の発達で有力選手獲得が困難になり、完成度や前評判ではなく素材や将来性を重視した独自の路線を展開する。 2006年にスカウトの現場を退きスカウト部顧問に就任。

2016年1月8日、心不全のため死去[4]。79歳没。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1960 広島 41 58 53 2 9 3 0 0 12 3 0 1 0 0 2 0 3 8 1 .170 .241 .226 .468
1961 28 40 37 3 10 4 0 0 14 3 1 1 0 1 1 0 1 5 1 .270 .308 .378 .686
1962 55 55 52 9 12 4 0 1 19 4 0 0 0 0 3 1 0 13 0 .231 .273 .365 .638
1963 77 172 149 24 40 5 1 2 53 16 7 2 1 1 19 0 2 23 3 .268 .359 .356 .715
1964 60 106 95 7 32 6 0 3 47 22 1 0 0 1 7 0 3 7 2 .337 .400 .495 .895
1965 76 108 101 9 31 7 0 0 38 11 2 1 0 1 5 1 1 8 2 .307 .346 .376 .722
1966 95 114 96 9 28 3 0 3 40 28 0 2 1 3 6 0 8 12 3 .292 .382 .417 .798
1967 81 96 80 5 24 3 1 0 29 14 0 1 0 0 8 2 8 10 2 .300 .417 .363 .779
1968 58 63 52 5 10 2 0 1 15 11 0 0 0 2 6 0 3 12 1 .192 .311 .288 .600
1969 59 61 49 3 14 2 0 0 16 12 0 0 0 1 4 2 7 10 2 .286 .417 .327 .743
1970 63 62 45 4 12 2 0 0 14 4 0 0 0 1 12 3 4 12 1 .267 .459 .311 .770
1971 55 55 46 1 13 1 0 0 14 5 0 0 0 0 6 2 3 8 2 .283 .400 .304 .704
1972 66 62 52 1 21 2 0 1 26 13 0 0 0 0 6 1 4 5 0 .404 .500 .500 1.000
1973 20 19 19 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1 .053 .053 .053 .105
1974 55 53 42 0 10 1 0 0 11 3 0 0 0 0 7 1 4 6 3 .238 .396 .262 .658
通算:15年 889 1124 968 82 267 45 2 11 349 149 11 8 2 11 92 13 51 143 24 .276 .369 .361 .730
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号編集

  • 2 (1960年 - 1974年)

脚注編集

参考文献編集

  • 別冊宝島編集部編『一打席入魂 プロ野球代打物語』 宝島社、2009年

関連項目編集