宮川 潤一(みやかわ じゅんいち、1965年12月1日 - )は、日本実業家MONET Technologies代表取締役社長最高経営責任者ソフトバンク代表取締役副社長最高技術責任者スプリント最高執行責任者なども歴任。

人物・経歴編集

愛知県犬山市出身[1]。実家は臨済宗清水寺[2][3]。1988年に花園大学文学部仏教学科仏教学コース卒業後、経済を学ぶために会計事務所入所。その後起業し[2]、1991年ももたろうインターネット代表取締役社長に就任。2000年名古屋めたりっく通信代表取締役社長。2001年ビー・ビー・テクノロジー社長室長。2002年東京めたりっく通信代表取締役社長、大阪めたりっく通信代表取締役社長、ヴォックスネット代表取締役社長[4][1]

2003年ソフトバンクBB取締役。2004年日本テレコム取締役常務執行役、BBモバイル取締役、ソフトバンクBB常務取締役。2005年日本テレコム取締役専務執行役。2006年ソフトバンクモバイル取締役専務執行役技術副統括ネットワーク統括本部長CTO)。2007年ソフトバンクモバイル取締役専務執行役員兼CTO、ソフトバンクBB取締役専務執行役員、ソフトバンクテレコム取締役専務執行役員。2010年ウィルコム管財人代理、Wireless City Planning取締役COO、ウィルコム取締役[1][4]

2011年ソフトバンクテレコム取締役CTO。2013年イー・アクセス取締役。2014年ワイモバイル取締役、スプリントCOO、SoftBankUSCorp.CEO、BBIX取締役、Wireless City Planning取締役、ソフトバンクサテライトプランニング取締役。2016年ソフトバンク専務取締役CTO。2017年ビー・ビー・バックボーン代表取締役社長[1]。2018年ソフトバンク代表取締役副社長執行役員兼CTO テクノロジーユニット統括兼技術戦略統括[4]。同年トヨタ自動車とソフトバンクが共同出資会社MONET Technologiesを設立[5]。同社代表取締役社長兼CEO就任[6]

脚注編集

  1. ^ a b c d AI・IoTがもたらす未来いぬやまeーコミュニティーネットワーク
  2. ^ a b 花園大学同窓会通信97花園大学
  3. ^ 2019.11.30今日の出来事対談円覚寺
  4. ^ a b c 略歴:宮川 潤一ソフトバンク
  5. ^ ソフトバンク宮川副社長とトヨタ友山副社長の共同会見で示された、新会社「MONET Technologies」の取り組みCarWatch 2018年10月6日
  6. ^ 「「MaaSを日本の主力産業にする」モネの宮川社長 」日本経済新聞2019/10/11 12:20