宮沢昭

日本のジャズ・サックス奏者 (1927-2000)

宮沢 昭(みやざわ あきら、1927年12月6日 - 2000年7月6日)は、日本ジャズサクソフォーン奏者。

宮沢昭
生誕 1927年12月6日
出身地 日本の旗 日本長野県松本市
死没 (2000-07-06) 2000年7月6日(72歳没)
ジャンル ジャズ
職業 リード奏者
担当楽器 テナー・サックス
ソプラノ・サックス
フルート
リコーダー

略歴編集

長野県松本市生まれ。1944年陸軍戸山学校軍楽隊入隊、戦後米軍クラブなどで活動する。その後、守安祥太郎秋吉敏子らと共演。1954年のモカンボ・ジャム・セッションでも演奏。1962年、アルバム『山女魚』を発表。1970年代には越路吹雪のリサイタル伴奏も務めた。

釣りが趣味で、曲名やレコード・ジャケットにも採り上げた。2000年急性肺炎のため死去。

ディスコグラフィ編集

リーダー作品編集

  • 山女魚』(1962年)キング
  • 『ナウズ・ザ・タイム』(1967年)タクト
  • 『ミュージカル・プレイ・イン・ジャズ』(1969年)テイチク
  • FOUR UNITS』(1969年)テイチク
  • いわな』(1969年)ビクター
  • 木曽』(1970年)ビクター
  • 『マイ・ピッコロ』(1981年)ポリドール
  • 『グリーン・ドルフィン』(1982年)テイチク
  • 『ラウンド・ミッドナイト』(1985年)キング
  • 野百合』(1992年)東芝

客演(一部)編集

  • 穐吉敏子『トシコ、旧友に会う』(1961年)キング(渡辺貞夫らと参加[1]
  • 『モダン・ジャズ・イン・トウキョウ』(1964年)ポリドール(前田憲男らと参加)
  • 仲野彰『メディテイション』(1967年)タクト
  • 『サム・テイラー作戦』(1967年)キング(松本英彦と共同名義)
  • 『幻の"モカンボ"・セッション'54』(1975年)ポリドール(守安祥太郎らと参加、録音は1954年。)
  • マル・ウォルドロン『イン・レトロスペクト』 - In Retrospect(1982年)テイチク(鈴木勲らと参加[2]

企画作品編集

  • 『魅惑のフルート 宮沢昭フルート教室』(1970年) ソニー(教材用。楽譜は東亜音楽社より出版)

脚注編集

  1. ^ トシコ、旧友に会う”. KING RECORDS. 2018年11月22日閲覧。
  2. ^ マル・ウォルドロン・イン・レトロスペクト”. CD Journal. 2018年11月22日閲覧。

外部リンク編集