宮田典計

日本の元プロ野球選手

宮田 典計(みやた のりかず、1954年9月27日 - )は、兵庫県出身の元プロ野球選手投手)。1974年までの社会人野球の登録名は宮田 真

宮田 典計
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県加東郡社町(現:加東市
生年月日 (1954-09-27) 1954年9月27日(69歳)
身長
体重
177 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1975年 ドラフト3位
初出場 1976年10月19日
最終出場 1983年8月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物

編集

社高から、社会人野球の鐘淵化学に入社。当初は光内数喜の控え投手だったが、1974年から頭角をあらわす。同年の社会人野球日本選手権では1回戦で西濃運輸を完封。2回戦でも日立製作所を相手に好投するが、後続が崩れ敗退[1]。しかし同大会の優秀選手賞を獲得した。1975年社会人野球日本選手権では4試合すべてに先発、2完封を記録し決勝に進む。決勝でも北海道拓殖銀行の山口敏男、千藤和久に投げ勝ち完封勝利[1]。チームの初優勝に貢献、最高殊勲選手賞を受賞する。

1975年のプロ野球ドラフト会議阪神タイガースから3位指名を受け入団。

プロ1年目の1976年から一軍初登板を果たし、1978年にプロ初勝利を挙げるが、これが生涯唯一の勝利であった。1980年11月16日には、巨人との秋季オープン戦で王貞治に現役最後の本塁打を喫した[2]

1981年のシーズン途中、金銭トレードで阪急ブレーブスに移籍。

しかし、活躍できず1984年7月からは打撃投手に転向、イチローの相手を務めたこともある。2001年からはオリックスのフロントに入り、査定担当などを経て、2013年7月から神戸と大阪で合宿所「青濤館」の寮長を務める。2021年の3月をもって退職した[3]

退職後は、同年9月14日に学生野球資格を回復している[4]

選手としての特徴

編集

140km/h前後の速球と、縦割れのカーブが武器であった。ウエスタン・リーグの1試合最多与死球(4個)を記録したこともある。

詳細情報

編集

年度別投手成績

編集




















































W
H
I
P
1976 阪神 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 3 1.0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 0.00
1977 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 16 3.0 4 1 2 0 0 3 0 0 4 4 12.00 2.00
1978 14 2 0 0 0 1 1 0 -- .500 129 31.1 32 6 7 1 0 27 1 0 13 13 3.77 1.24
1979 7 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 57 11.1 16 4 4 1 3 13 0 0 10 7 5.73 1.76
1980 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 32 6.0 12 1 2 0 0 2 0 0 7 5 7.50 2.33
1981 阪急 6 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 51 11.1 9 1 6 0 3 5 0 0 6 6 4.91 1.32
1983 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 19 4.1 6 1 1 0 0 1 0 0 3 3 6.23 1.62
通算:7年 36 3 0 0 0 1 1 0 -- .500 307 68.1 79 14 22 2 6 52 1 0 43 38 5.00 1.48

記録

編集

背番号

編集
  • 27(1976年 - 1981年途中)
  • 56(1981年途中 - 1984年)
  • 88(1985年 - 1988年)
  • 103(1989年 - 2000年)

脚注

編集
  1. ^ a b 「社会人野球日本選手権大会20年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1994年
  2. ^ 藤崎台県営野球場 熊本野球の聖地 ONが現役最終戦”. 西日本スポーツ (2016年12月26日). 2021年9月18日閲覧。
  3. ^ “来年3月退職 オリックス〝鬼寮長〟宮田典計氏が回想「印象的なのは門田博光さん」イチローは…”. 東京スポーツ. (2020年8月30日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/204446 2021年11月4日閲覧。 
  4. ^ 学生野球資格回復に関する規則 第4条による認定者”. 公益財団法人 日本学生野球協会. 2021年11月4日閲覧。

出典

編集

関連項目

編集