メインメニューを開く

宮田町(みやたちょう)は、愛知県葉栗郡にかつてあった。葉栗郡東部に存在した。

みやたちょう
宮田町
廃止日 1954年(昭和29年)6月1日
廃止理由 新設合併
現在の自治体 江南市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
葉栗郡
面積 5.18km2.
総人口 6,115
(1950年10月1日[1]
隣接自治体 愛知県
一宮市
葉栗郡浅井町草井村
丹羽郡古知野町
岐阜県
羽島郡川島村
宮田町役場
所在地 愛知県葉栗郡宮田町大字後飛保字宮東9
 表示 ウィキプロジェクト
宮田村道路元標

現在の江南市の西北部の木曽川南派川南岸の地域であり、現在の宮田町、河野町、後飛保町、前飛保町、松竹町などである。

江南市となった後、1972年(昭和47年)に旧・宮田町の東部(前飛保、後飛保、宮田)に日本住宅公団により江南団地が完成した。江南駅及び名鉄一宮駅から江南団地行き(途中曼陀羅寺経由)名鉄バスが運行されている。

歴史編集

学校編集

江南団地開設に伴い、旧・宮田町と旧・草井村との境界附近(江南市村久野町藤里)に江南市立藤里小学校が開校した。
宮田小学校校区及び藤里小学校校区を宮田中学校校区としている

神社・寺院編集

脚注編集

  1. ^ 愛知県郡市町村勢要覧(愛知県総務部統計課 1951年10月刊行)

関連項目編集