宮田 識(みやた さとる、男性、1948年 - )は、日本のクリエイティブ・ディレクターアートディレクター千葉県千葉市出身。
株式会社ドラフト代表、東京アートディレクターズクラブ会員。京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab所長。

来歴編集

1966年神奈川工業高校工芸図案科卒業後、日本デザインセンター入社。69年日本宣伝美術会奨励賞受賞。70年退社後、78年宮田識デザイン事務所設立。89年にドラフトに社名変更。 95年D-BROSをスタートさせプロダクトデザインの開発・販売を開始。2013年東京藝術大学客員教授就任。同年京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab所長に就任。2019年に事務所を神楽坂に移転。

主な仕事編集

受賞歴編集

  • 1969年 - 日宣美奨励賞
  • 1981年 - 朝日広告賞
  • 1982年 - ADC最高賞
  • 1987年 - ADC賞
  • 1988年 - ADC賞 朝日広告賞
  • 1992年 - 朝日広告賞
  • 1998年 - 朝日広告賞
  • 2007年 - 日本宣伝賞山名賞
  • 2011年 - ADC会員賞
  • 2017年 - ADC会員賞
  • 2019年 - ADC会員賞

書籍編集

  • 『デザインするな』(藤崎圭一郎著/DNPアートコミュニケーションズ)2009年
  • 『アイディア353号 ドラフトのいま』(誠文堂新光社)2012年
  • 『DRAFT 宮田識 仕事の流儀』(宮田識著、花澤裕二編集/日経BP社)2016年

外部リンク編集

インタビュー