宮福鉄道MF100形気動車(みやふくてつどうMF100がたきどうしゃ)及びMF200形気動車(MF200がたきどうしゃ)は北近畿タンゴ鉄道が前身である宮福鉄道の開業時(1988年)に導入し、2015年(平成27年)4月1日からはWILLER TRAINS(京都丹後鉄道)で使用されている気動車(ディーゼル動車)である。

宮福鉄道MF100形・MF200形気動車
Kitakinki Tango Railway MF102.jpg
MF100形(非リニューアル車)
基本情報
運用者 宮福鉄道 → 北近畿タンゴ鉄道所有
WILLER TRAINS(運用)
製造所 富士重工業
主要諸元
軌間 1,067 mm
最高速度 95 km/h
車両定員 27(座)+53(立)=80名
自重 26.8t
全長 16,500 mm
全幅 3,090 mm
全高 3,935 mm
台車 二軸ボギー台車
FU34D・FU34T
機関出力 250ps(6H13AS)×1
駆動方式 液体式
制動装置 DE1A自動空気ブレーキ
テンプレートを表示

概要編集

1988年、北近畿タンゴ鉄道の前身である宮福鉄道が宮福線を開業させた際に、富士重工業で製造した車両で、同社の開発した軽快気動車LE-DCシリーズの一種である。一般車MF100形が4両 (101 - 104) 、イベント対応車MF200形が2両 (201, 202) 製造された。なお、「MF」は旧社名の「宮福」を略したもので、社名変更の名残となっている。

スイスの山岳鉄道を模したデザインで、前照灯と尾灯を一つの円形ライトケースに収めているのが特徴的である。MF100形はボディーカラーが深緑色(千歳緑)、MF200形は深赤色(鳶赤色)である。これは宮福線沿線に位置する大江山伝説にちなんだもので、前者は青鬼を、後者は赤鬼をそれぞれイメージしている。

座席は新幹線200系電車と同様の簡易リクライニングシートを使用しており、普通列車用の車両としてはグレードが高い装備である。座席は1+2列で配置され、定員は80人(うち座席27人)である。MF200形はイベント対応車両として、カラオケ機器用電源を装備し、内装やシートモケット色が異なる。

機関は新潟鐵工所(現・新潟原動機)製の6H13HS (250PS) を1基搭載し、台車はFU34D/FU34T。ブレーキ装置は応荷重装置付きのDE1A。ジャンパ連結器を備え、JRの一般型気動車とも併結可能である。2017年にはこの機能を活用し、キハ40系との連結運転を行った。

宮福線開業20年を迎える2008年にはリニューアル車が登場し、外観も扉部分が黄色水色にピンク色に塗装されるなど変化が見られる。

2014年に202と102がリニューアルされ、これに続いて201と104がリニューアルされた。

運用編集

6両すべてが福知山運転支区に配置されている。おもに宮福線内において単行または2両編成で使用されるほか、宮津線用のKTR700形・KTR800形と連結して2両ないし3両編成で運転されたこともある。

外部リンク編集