メインメニューを開く

宮西 計三(みやにし けいぞう、1956年 1月23日 - )は、日本漫画家イラストレーターミュージシャン大阪府大阪市生まれ、奈良県生駒市で育つ。

来歴編集

1971年、15歳の時に、2年間との期限付きで 真崎守のアシスタントになる。17歳の春、アシスタント卒業後に仕上げた作品を丁度復刊したCOMに応募し新人賞に入選するが、その号限りで再び休刊になったため掲載されなかった。その後、1974年に徳間書店の「コミック&コミック」という雑誌に作品を発表(デビュー作は「雲の彼方へ デルセウス」)するも休刊、「アサヒ芸能」「小説宝石」等の挿絵描きを経て、20歳過ぎからエロ劇画誌に作品を発表するようになる。[1] [2]その後、その精緻な描線と描き込み等、徹底的な絵へのこだわりが注目を集め、ニューウェーブコミック誌他に活動の場を広げた。 onna(宮西計三バンド)というインディーズバンドのリーダーでもある。

いしかわじゅんのアシスタントをしたこともある。

単行本リスト編集

  • ピッピュ(ブロンズ社、1979年)
  • 笑みぬ花(弘済堂出版、1980年)
  • 薔薇の小部屋に百合の寝台(久保書店、1981年)
  • 金色の花嫁(けいせい出版、1982年)
  • 少年時代(けいせい出版、1984年)
  • 頭上に花をいただく物語(東京デカド社、1988年)
  • 頭上に花をいただく物語(フロッグ、1989年)
  • リリカ(ペヨトル工房、1994年)
  • エステル(ペヨトル工房、1997年)
  • マイラ-蒼い蝙蝠の顛末記(ベヨトル工房、1999年)
  • バルザムとエーテル-無信仰(河出書房出版社、2000年)

その他編集

師匠編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ まんが専門誌『ぱふ』1980年9月号「新・まんが家訪問⑤」、清彗社
  2. ^ 別冊新評「三流劇画の世界」1979年4月10日発行、新評社

外部リンク編集