メインメニューを開く

家紋』(かもん)は、松本清張短編小説。『小説新潮1967年4月号に『十二の紐』第3話として掲載され、1967年12月に短編集『死の枝』収録の1作として、新潮社(新潮文庫)より刊行された。

1990年2002年にテレビドラマ化されている。

市原悦子による朗読CDが、2003年に新潮社より発売された。

あらすじ編集

粉雪の舞う1月16日の夜、北陸地方で農業を営む生田市之助は、本家からの使いと称する釣鐘マントの男に呼び出される。本家の当主の妻・スギの容体が良くないとの話を聞き、市之助はマントの男と外へ出る。23時半頃、マントの男は再訪し、スギの容体が急変したので、市之助の妻・美奈子と娘・雪代も本家に来るよう求める。熱を出していた雪代は隣家の主婦・お房に預けられ、美奈子はマントの男と外へ出て行く。それが雪代の見た母親の最後の姿だった。

テレビドラマ編集

1990年版編集

松本清張スペシャル
家紋
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『家紋』
脚本 大野靖子
監督 山根成之
出演者 若村麻由美ほか
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1990年2月6日
放送時間 21:03 - 22:52
放送枠 火曜サスペンス劇場

特記事項:
再放送、または、ビデオ化などの二次使用は、抗議を受け不可
テンプレートを表示

松本清張スペシャル・家紋」。1990年2月6日日本テレビ系列の「火曜サスペンス劇場」枠(21:03-22:52)にて放映。視聴率25.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ

再放送・二次使用の禁止編集

本作のロケは、地方のある宗派の寺を借り、本物の輪袈裟を借りて行われた。放送直後、宗派本寺から「殺人犯が着用した輪袈裟は当寺の紋が入っており、作法も同派を指す箇所が随所にある。当寺を特定し、その僧侶、門信徒を冒涜し、宗教活動を妨害するものとして断固抗議する」との抗議を受け、交渉の結果、今後再放送を一切行わないこと、ビデオ化などの二次使用もしないという約束をもって妥結した[1]


日本テレビ系列 火曜サスペンス劇場
前番組 番組名 次番組
美談の行方
(1990.1.30)
松本清張スペシャル
家紋
(1990.2.6)

2002年版編集

松本清張没後10年特別企画
家紋
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『家紋』
脚本 大野靖子
監督 長尾啓司
出演者 岸本加世子
大地康雄ほか
プロデューサー 小坂一雄
制作 テレビ東京
BSジャパン
放送
放送国・地域   日本
放送期間 2002年8月18日BSジャパン
2002年8月21日テレビ東京
放送時間 21:00-23:24
(地上波では20:54 - 23:18)
放送枠 女と愛とミステリー
テンプレートを表示

松本清張没後10年特別企画・家紋」。2002年8月18日BSジャパンの「BSミステリー」枠(21:00-23:24)にて放映。地上波では、同年8月21日テレビ東京系列の「女と愛とミステリー」枠(20:54-23:18)にて放映。視聴率15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ


テレビ東京系列 女と愛とミステリー
前番組 番組名 次番組
修善寺温泉殺人事件
(原作:吉村達也)
(2002.8.14)
松本清張没後10年特別企画
家紋
(2002.8.21)

脚注・出典編集

  1. ^ 林悦子『松本清張映像の世界 霧にかけた夢』(2001年、ワイズ出版)78-80頁参照。

外部リンク編集