メインメニューを開く
樺太・富内郡の位置(黄:富内村)

富内郡(とむないぐん)は、日本の領有下において樺太に存在した

当該地域の領有権に関しては樺太の項目を参照。

目次

歴史編集

郡発足までの沿革編集

諏訪大明神絵詞』によると、鎌倉時代蝦夷管領安東氏が唐子と呼ばれる蝦夷を統括し、室町時代文明17年(1485年)には唐子の乙名が、蝦夷管領の代官武田信広松前家の祖)に銅雀台を献上して配下になったという。 近世に西蝦夷地とされる北海道日本海側や北海岸および樺太南半に唐子は居住していた。

江戸時代になると、富内郡域は西蝦夷地に属し慶長8年(1603年宗谷に置かれた役宅が受け持ち、貞享2年(1685年)には宗谷場所に含まれた。宝暦2年(1752年)ころシラヌシ(本斗郡好仁村白主)にて交易がはじまり、寛政2年(1790年)樺太南端の白主に交易の拠点が移った。このとき松前藩が樺太に商場(場所)を開設、幕府も勤番所を置いた。同時に富内郡域に近い久春古丹大泊郡大泊町楠渓)にも拠点ができ、ここで撫育政策・オムシャなどもはじまった。郡域内の住民に対しては、役蝦夷の任免や老病者などに扶持米の支給などの介抱も行われた(場所請負制江戸時代の日本の人口統計も参照)。樺太場所開設時の場所請負人は阿部屋村山家寛政12年(1800年)知行主は藩主となり、藩がカラフト直営とした。 文化4年(1807年文化露寇が発生し、富内郡域を含む西蝦夷地が公議御料(幕府直轄領)となった。(〜1821年第一次幕領期)文化5年(1808年会津藩が樺太警固を担当し、文化6年(1809年)西蝦夷地から樺太が分立、この年以降の警固は弘前藩に交代した。栖原家伊達家と共同で北蝦夷地(文化6年6月、樺太と改称)場所を請負う[1]ようになった。

情勢が安定した文政4年(1821年)松前藩領に復した。 『鈴木重尚 松浦武四郎 唐太日記』(嘉永7年(1854年刊行)に弘化3年当時の状況の記載あり。弘化3年(1846年)に松浦武四郎がトンナイチャ越経由で訪れ、栄浜中知床岬線の前身にあたる道を通り北へ向かった。彼が郡域内で宿泊したのはトンナイチャ(富内村富内)とヲブツサキ(富内村南負咲)であった。

樺太直捌場所[2][3]

安政年間(1854年1860年)以降、東岸は中知床岬以北のオホーツク海側が幕府直捌となる。 安政3年(1856年箱館奉行、鳥井権之助を北蝦夷地差配人に任命。 同年4月、総勢18人の調査隊は、宗谷を経て樺太の東海岸トンナイチャ(富内)、オチョホッカ(富内村落帆)を調査(敦賀屋文書)。 安政4年7月、大庄屋松川弁之助が北蝦夷地(樺太)御直場所差配人元締役となり、割当てられた場所は南のシレトコ岬長浜郡知床村)から、本拠地ヲチョボカ(富内村落帆)より北のシマオコタン(富内村島古丹)までであった。 弁之助は、越後国一ノ木戸村(現・三条市)の小林森之助を北蝦夷地東浦(カラフト東海岸)オチョポカ(落帆)に送り会所運上屋)を建て、この年オボチョッカのみで鱒マス1,000石の漁獲を上げた。さらにオチョボカやロレイ(栄浜郡栄浜村魯礼)など東西13か所で漁場を開設。 このとき、中知床岬を周り東浦への航路を開拓、幕府から賞される。 この年、土方、木挽き、大工、鍛冶、番人、漁夫など45名がオチョボッカなどで越冬した。しかし冬季は酷寒で、脚気や栄養失調を患い越冬者24人が病死する結果となった。その後、漁場の経営は厳しく、文久2年(1862年)栖原家に取捌を引き継いだ。漁場の状況については北海道におけるニシン漁史も参照されたい。

幕末の状況について、「北海道歴検図」[4]のカラフトの部分の絵図と松浦武四郎の「北蝦夷山川地理取調図」等[5]によると、東浦ではトンナイチャ(富内村富内)からシララカ(栄浜郡白縫村白浦)までの間、途中3カ所を入れて5カ所の「通行屋」があった。

幕末当時の東浦における漁場は下記のとおり。

○東浦漁場(東・南方より順次記載)慶応3年12月 栖原家十代寧幹時代の樺太漁場[6]

  • 富内村・・・アエロウ(アエロフ、愛朗)、トンナイチャ(富内)、ヲチヨフカ(ヲチョボカ、落帆)
幕末の樺太警固(第二次幕領期)

安政2年(1855年日露和親条約で、未確定・現状維持のまま国境交渉が先送りとされた。富内郡域を含む蝦夷地が再び公議御料となり、秋田藩が警固を行った[7]。冬季は漁場の番屋に詰める番人が足軽身分に取り立てられて武装し警固を行った。万延元年(1860年)樺太警固は仙台会津・秋田・庄内の4藩となるが諸藩の負担は大きく、文久3年(1863年)以降は仙台・秋田・庄内の3藩体制となる。慶応3年(1867年樺太島仮規則で樺太全島が日露雑居地とされた。

大政奉還後

慶応4年(1868年)4月12日、箱館裁判所(閏4月24日に箱館府と改称)の管轄となり、同年6月末、岡本監輔、王政復古を布告。東トンナイ(富内)に箱館府の公議所(裁判所)の官員を派遣して出張所を設けた[8]明治2年(1869年)北蝦夷地を樺太州(国)と改称、開拓使直轄領となった。明治3年(1870年)開拓使から分離のうえ樺太開拓使領となったが、明治4年(1871年)北海道開拓使と再統合し開拓使直轄領に戻り、8月29日廃藩置県となる。明治8年(1875年)、樺太千島交換条約によりロシア領となったが、明治38年(1905年ポーツマス条約締結により日本領に復帰。樺太民政署を経て明治40年(1907年4月1日内務省の下部組織樺太庁の管轄となった。

ロシアの侵出

1867年、樺太全土を日露雑居地とする樺太島仮規則の締結。以降、樺太放棄までに東トンナイにロシア人侵出。

郡発足以降の沿革編集

参考文献編集

  1. ^ 近世期~明治初期、北海道・樺太・千島の海で操業した紀州漁民・商人 田島 佳也
  2. ^ 敦賀屋文書(鳥井家文書)
  3. ^ 『新北海道史』第二巻通説一 P.764
  4. ^ 目賀田帯万が安政3年4年(1856・57)頃のカラフト沿岸を写生した「延叙歴検真図」の再写図
  5. ^ 「日露和親条約」がカラフト島を両国の雑居地としたとする説は正しいか? 榎森進 東北文化研究所紀要努l45号2013年12
  6. ^ 「北海道の歴史と文化」(北海道史研究協議会編)史料紹介 樺太南部を中心とした栖原家家譜(秋田俊一)
  7. ^ 平成18年度 秋田県公文書館企画展 秋田藩の海防警備
  8. ^ 「明治初年の樺太 日露雑居をめぐる諸問題」(秋月 俊幸1993年
  9. ^ 法律第39号 官報 大正7年(1918年)4月17日

関連項目編集