メインメニューを開く

富士フイルムのコマーシャルメッセージ

フジカラー編集

写真プリント・写ルンです編集

長く続くロングランCMであり、特に樹木希林の出演で親しまれていた。樹木は悠木千帆時代の1970年代から30年以上にわたり富士フイルムのCMに出演してきた。

特に樹木扮する綾小路さゆりと岸本加世子扮する街の写真店の店番(のち店長)とのやり取りを描くシリーズが有名である。その中でも1980年の「美しい方はより美しく、そうでない方はそれなりに写ります」は当時の流行語となるほどの反響だった。この言葉は樹木の発案による物で、当初は「美しくない方も美しく」だったのが、樹木が言葉に違和感を覚え、「「それなりに写ります」にして欲しい、日本語としてきれい。「美しくない」という表現も美しくない」と要望したことから、このような表現となった[1]

樹木が2018年9月に逝去したため、今後のCMは不明。

綾小路さゆり編集

樹木希林演じるCMキャラクター。フジカラーのプリントショップの常連。店員や店長役となる出演者が交代するごとに、「あら!店員さん代わった?」と言っていることから、長年同じプリントショップに通っていたことがわかる。2013年度の「お正月を写そう」を最後に一旦降板した。2015年に復帰したものの、樹木本人が2018年に逝去した。その為2017年度をもって最後の出番となった。

2018年12月26日に、樹木への感謝を込め、これまでの綾小路さゆりが登場するCMをまとめたスペシャルムービー「樹木希林さん 2018年末特別」編が富士フイルムの公式サイトおよび同社のYouTube公式チャンネルで2019年1月31日まで公開、また12月29日には1回限りのテレビCMとして放送される[2]

長瀬店長シリーズ編集

2004年4月より長瀬智也のフジカラーデジタルプリントショップを舞台にしたCMが20本以上製作された。2010年後期からは、毎年年末の「フジカラーの年賀状」CMのみとなり、且つ長瀬は出演しなくなり、樹木と店員役の堀北及び後輩店員役の佐々木希の3人で繰り広げている。店長役・店員役の変容は下記を参照。

CM
デジタルプリント 「プロモーションビデオ」 「綾小路大仏」 「お見合い写真」 「大きなケータイ」 「The Walls of China」
年賀状 「イナバウア」「年賀状のアイデア」
お正月 「綾小路に似ている犬」 「初日の出」 「お庭で遊ぼう」 「お正月競技」 「一緒に撮りたい」 「迫力ある映像」 「マラソンの思い出」

お正月を写そう編集

年末年始には「お正月を写そう」というキャッチフレーズのCMが放送される。

開始初期は正月の写真をフジカラーフィルム撮影し、かつフジカラープリントで現像・焼き付けをしてもらう事を目的に「お正月を写そう、フジカラーで写そう」、三が日を過ぎると「お正月の写真、フジカラーでプリントしましょう」に変わっていたが、デジタルカメラの普及により2006年 - 2007年の年末年始からキャッチフレーズが「お正月を写そう、フジカラーで残そう」に変更され、フジカラーのデジタルプリント・フォトブックの宣伝となった。2009年からは、コラボCMも行っている。

七福神シリーズ
「お正月を写そう」シリーズでは、たまにお正月に関連する七福神をモチーフにしたCMを制作することがある。
各年の出演者
下記の出演者のほか、樹木希林演じる綾小路さゆりも登場していた。
お正月を写そう2000年
1999年末から2000年新春にかけて放映。上記の七福神シリーズとして、田中麗奈の七福神シリーズとして放送。
田中麗奈のほか、ザ・ドリフターズいかりや長介高木ブー仲本工事加藤茶志村けん荒井注が出演。
お正月を写そう2011年
2010年末から2011年新春にかけて放映。#コラボCMも参照。建設中の東京スカイツリーをテーマにしたCM。
テリー伊藤松田聖子中島みゆき佐々木希が出演。
お正月を写そう2012年
2011年末から2012年新春にかけて放映。#コラボCMも参照。前年同様、松田聖子、佐々木希が出演。ほか、小泉今日子本木雅弘も出演。
お正月を写そう2013年
2012年末から2013年新春にかけて放映。#コラボCMも参照。前年同様、松田聖子、佐々木希、小泉今日子、本木雅弘が出演。5バージョン作られ、「心に青空・メタバリア編」のみ内山信二も出演。
お正月を写そう2014年
2013年末から2014年新春にかけて放映。#コラボCMも参照。松たか子笑福亭鶴瓶壇蜜大久保佳代子ふなっしーが出演。大久保佳代子は2013年の年賀状CMからの続投となる。
お正月を写そう2015年
2014年末から2015年新春にかけて放映。#コラボCMも参照。前年同様、松たか子、笑福亭鶴瓶、ふなっしーが登場。ほか、前田敦子大島優子指原莉乃が出演。
お正月を写そう2016年
2015年末から2016年新春にかけて放映。五郎丸歩東出昌大が出演。五郎丸歩は2014年の年賀状CMからの続投となる。
お正月を写そう2018年
2017年末から2018年新春にかけて放映。竹内涼真が出演。

出演者一覧編集

店長役・店員役の詳細については店長役も参照。

出演者 出演時樹 備考
樹木希林 1980年代 - 2013年
2015年 -
綾小路さゆり役を参照
加賀まりこ 1960年代中期
山口百恵 1970年代中期・後期[3]
岡田奈々
岸本加世子 1980年代
2003年
店長役も参照。
「お正月を写そう2004年」を最後に降板
南野陽子 1986年 - 1988年 店長の娘役も参照。
「似てるかな人形キャンペーン」(1988年)を最後に降板。
桑田佳祐 1988年
竹中直人 1988年
唐沢寿明 1989年
井森美幸 1989年 - 1990年
観月ありさ 1991年 - 1998年 観月ありさの七福神シリーズにも出演。
神戸浩 七福神シリーズ
観月ありさの七福神シリーズで出演。
赤星昇一郎 七福神シリーズ
観月ありさの七福神シリーズで出演。
佐藤正宏 七福神シリーズ
観月ありさの七福神シリーズで出演。
ウガンダ・トラ 七福神シリーズ
観月ありさの七福神シリーズで出演。
ベンガル 七福神シリーズ
観月ありさの七福神シリーズで出演。
武野功雄 七福神シリーズ
観月ありさの七福神シリーズで出演。
デーモン小暮閣下 1992年 - 1994年
1998年
稲垣吾郎の「NAI・NAI 16」編では、聖飢魔IIとして出演。
高島忠夫 1995年 高島忠夫ファミリー
寿美花代 1995年 高島忠夫ファミリー
高嶋政宏 1995年 高島忠夫ファミリー
高嶋政伸 1995年 高島忠夫ファミリー
沢口靖子 1996年 - 1998年
加藤浩次極楽とんぼ 沢口靖子の「渚のシンドバッド」編で出演。
山本圭壱極楽とんぼ 沢口靖子の「渚のシンドバッド」編で出演。
小西博之 沢口靖子の「与作」編で出演。
西田健 沢口靖子の「あずさ2号」編で出演。
有田哲平 沢口靖子の「UFO」編で出演。
松崎しげる 沢口靖子の「Mr.サマータイム」編で出演。
北村一輝 沢口靖子の「2億4千万の瞳」編で出演。
稲垣吾郎 1997年 - 1998年
柳沢慎吾 稲垣吾郎の「失恋レストラン」編で出演。
黒田アーサー 稲垣吾郎の「ギンギラギンにさりげなく」編で出演。
秋野暢子 稲垣吾郎の「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」編で出演。
荻野目洋子
具志堅用高
赤木春恵 稲垣吾郎の「おふくろさん」編で出演。
松崎しげる 1997年
田中麗奈 1998年 - 2003年 店員役も参照。
「お正月を写そう2004年」を最後に降板。
滝沢秀明 1999年
いかりや長介ザ・ドリフターズ 「お正月を写そう2000年」
#お正月を写そうも参照。
CM放送後に荒井注が逝去。
高木ブーザ・ドリフターズ
仲本工事ザ・ドリフターズ
加藤茶ザ・ドリフターズ
志村けんザ・ドリフターズ
荒井注ザ・ドリフターズ
藤原紀香 「お正月を写そう2001年」
Gackt 2002年 - 2003年
タマちゃんアザラシ 「お正月を写そう2003年」
長瀬智也 2004年 - 2010年 店長役も参照。
堀北真希 2004年 - 2012年 店員役も参照。
須賀健太 2006年夏 「プリントし忘れ」編の少年役
テリー伊藤 「お正月を写そう2011年」
#お正月を写そうも参照。
中島みゆき
松田聖子 「お正月を写そう2011年」
「お正月を写そう2012年」
「お正月を写そう2013年」
#お正月を写そうも参照。
佐々木希 「お正月を写そう2011年」
「お正月を写そう2012年」
「お正月を写そう2013年」
#お正月を写そうも参照。
店長役・店員役も参照。
小泉今日子 「お正月を写そう2012年」
「お正月を写そう2013年」
#お正月を写そうも参照。
本木雅弘 「お正月を写そう2012年」
「お正月を写そう2013年」
#お正月を写そうも参照。
綾小路さゆり役の樹木希林の義理の息子。
内山信二 「お正月を写そう2013年」
(心に青空・メタバリア編」のみ出演)
#お正月を写そうも参照。
アニマル浜口 2012年末年賀状
浜口京子 2012年末年賀状
大久保佳代子 2013年末年賀状
「お正月を写そう2014年」
#お正月を写そうも参照。
桜田通 2013年末年賀状
店員役も参照。
壇蜜 「お正月を写そう2014年」
松たか子 「お正月を写そう2014年」
「お正月を写そう2015年」
#お正月を写そうも参照。
笑福亭鶴瓶
ふなっしー
前田敦子 「お正月を写そう2015年」
#お正月を写そうも参照。
大島優子
指原莉乃
広瀬すず 2015年7月 - 2015年末年賀状
店長役も参照。
五郎丸歩 2015年末年賀状
「お正月を写そう2016年」
#お正月を写そうも参照。
東出昌大 「お正月を写そう2016年」
#お正月を写そうも参照。
竹内涼真 「お正月を写そう2018年」
#お正月を写そうも参照。

店長役・店員役一覧編集

放映年 店長役 店員役 その他店の関係者 備考
1980年代 岸本加世子
1986年 - 1988年 岸本加世子 南野陽子
(店長の娘役)
1998年 - 2003年 岸本加世子 田中麗奈
2004年4月 - 2012年 長瀬智也 堀北真希
佐々木希
2012年 - 佐々木希
2013年 佐々木希 桜田通
2015年12月 - 広瀬すず

デジタルカメラ「FinePix」「FUJIFILM X」シリーズ編集

2014年以降(2017年3月現在まで)、特定のキャラクターは設けられていない。

(過去の出演者)

  • 藤原紀香(1999年 - 2003年)
  • 鈴木一真 - FinePix50i(2001年)
  • 市川実日子 - FinePix50i(2001年)
  • 上原多香子- FinePixF410(2003年6月)
  • 竹野内豊 - FinePix420,F700,F710,F440,F450(2003年 - 2004年)
  • 蛯原友里 - FinePix F30からF100fdまでのF,Z3からZ250fdまでのZシリーズ(2006年 - 2009年)
  • 柴咲コウ - FinePixF200EXR,Z300,F70EXR(2009年)
  • 佐々木希 - FinePixZ700EXRからZ1100EXRまでのZシリーズ,REAL 3D W3(2010年 - 2012年)
  • 本木雅弘 - FinePixF550EXRからF900EXRまでのFシリーズ,FUJIFILM X10,X-E1,XF1(2011年 - 2013年)
  • 真木よう子 - FUJIFILM XF1(2012年)

instax mini「チェキ」シリーズ編集

「AXIA」のCMに出演していたユースケ・サンタマリアや「写ルンです」のCMに出演していた岸本加世子・田中麗奈・樹木希林の3人、「FinePix」のCMに出演していた佐々木希など、同社の別CMに起用していた人物が出演する事が多い。

  • ユースケ・サンタマリア(2001年)
  • 押尾学 - 「合コン」編(2001年 - 2002年)
  • 妻夫木聡 - 「合コン」編(2001年 - 2002年)
  • 東出昌大 - instax mini 70(2015年 - )
  • 岸本加世子 - 「愛されて300万台」編(2002年)
  • 田中麗奈 - 「愛されて300万台」編(2002年)
  • 樹木希林 - 「愛されて300万台」編(2002年)
  • 佐々木希 - instax mini 90(2013年 - )、instax SHARE SP-1(2014年 - )

AXIA編集

AXIAのCM。

化粧品・健康食品編集

写真フィルム研究開発で培ったコラーゲンナノテクノロジー技術を生かし2007年から参入。2008年から一般向けに販路を広げる。

ASTALIFT編集

スキンケア化粧品「ASTALIFT」のCM。2008年から2011年現在まで。制作発表当時、同年代の歌手でありながら、あまり共演経験の無い中島みゆき松田聖子の共演ということが話題を呼んだ。2009年年末からは、コラボCMを行っている。

  • 中島みゆき(2008年 - 2011年)
  • 松田聖子(2008年 - )
  • 小泉今日子(2011年 - 2013年)
  • 松たか子(2013年 - ):当初はアスタリフト ホワイトのCMに出演
  • 高畑充希(2016年 - )

ルナメア編集

  • 絵美里(2013年 - )
    絵美里はドリンク剤「ビューティーファイター」のCMにも出演。

メタバリアNEO編集

その他の商品編集

企業CM編集

商品の他に、コーポレートブランド「FUJIFILM」の企業メッセージCMも制作されており、著名人が一人ずつ出演している。

PHOTO IS編集

2005年から展開中。写真にまつわる思い出を語っている。BGMはジョン・レノンの"イマジン"のピアノインスト。

あしたに続く写真編集

2004年より1年間展開された。

NO PHOTO, NO LIFE.編集

2004年 - 2005年。タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」とのタイアップ。坂本龍一をはじめ、UA中村達也谷中敦といったミュージシャンが出演した。

「一枚の写真」シリーズ編集


コラボCM編集

2001年の「instax mini「チェキ」シリーズ」のCMで、「AXIA」のCMに起用されていたユースケ・サンタマリアを再起用するなどはあったが、CM上のコラボなどは行われることはなかった。

同年(2001年)年末から開始された『お正月を写そう2002年』で、サントリーBOSS」とのコラボレーションCMとして、永瀬正敏布袋寅泰が出演する。ただし、これは、サントリー「BOSS」側が行っていたコラボCMの1つとしてのものであり、「BOSS」はこの他、「スカイパーフェクトTV!」や「au」などともコラボしている。

2002年暮れには、佐藤食品工業のCMに「お正月を写そう」のメロディが用いられた。これは、サトウの鏡餅を買ってチェキやオリジナル写ルンですを当てるというキャンペーンに伴うものである。

2006年には、ANAとのタイアップで中国上海でのロケも行われた。

2009年12月19日から放送を開始した『お正月を写そう2010年』で、「写ルンです」と同時に「メタバリア」「3Dデジタルカメラ」「フォトブック」「ポストカード」「ASTALIFT」のCMも行うコラボCMを開始。『 - 2011年』『 - 2012年』『 - 2013年』でも「メタバリア」「ASTALIFT」「FinePixシリーズ」(2013年はXシリーズ)「フォトブック」とのコラボが行われた。

『お正月を写そう』のコラボCMは原則その年の富士フイルムCM出演者が勢ぞろいするが、一部商品のCMに出演しない人もいる。

堀北は「ASTALIFT」の、佐々木は「ASTALIFT」「メタバリア」のコラボCMには出演していない(特に佐々木は当時化粧品事業に於いては同業他社とCM契約を結んでいた関係で出演しなかった。かつては堀北も同業他社とCM契約を結んでいた)。
その一方、樹木と、松田ら「ASTALIFT」CM出演者は、すべてのコラボCMに出演している。また2010年版まで出演していた長瀬と、2011年版のゲストキャラクターだったテリー伊藤もすべてのコラボCMに出演していた。
2012年版に出演した本木も「ASTALIFT」と「メタバリア」のコラボCMには出演していない。
ちなみにその2012年版は、樹木と本木の(義理の)親子共演が実現。CMもそれを意図したシーンがある。
2013年版は各CMの出演者が異なっており、初制作の「企業」編は本木・松田・小泉・佐々木・同社社員約50人が、「ASTALIFT」編は本木・松田・小泉が、「メタバリア」編は松田とゲスト出演の内山信二七福神布袋役)が、「Xシリーズ」編は本木と樹木が、そして「フォトブック」編は本木・佐々木・樹木が出演している。本木と樹木の出演パートはイギリスロンドンで撮影された。

コラボCMは2013年を最後に制作されなくなり、2014年以降の『お正月を写そう』は写真プリント関連のCMに落ち着いている。

2011年末の「フジカラーの年賀状」CMでは『まんが日本昔ばなし』とのコラボレーションを行った。

脚注編集

  1. ^ 「語る -人生の贈りもの-」樹木希林:9 そうでない方はそれなりに, 朝日新聞2018年5月18日朝刊文化・文芸欄
  2. ^ 樹木希林さん:「そうでない方はそれなりに」の名フレーズも 富士フイルムCM特別映像が29日放送,まんたんウェブ,2018年12月26日
  3. ^ 1970年代の中期から後期にかけて出演し続けていたが、正確な時期は不明。

外部リンク編集