富士 信通(ふじ のぶみち)は戦国時代武将富士氏当主。

 
富士信通
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 不詳
別名 富士蔵人
官位 中務丞・能登守
主君 今川氏真武田信玄武田勝頼
氏族 富士氏
父母 父:富士信忠
兄弟 富士信通富士信重、富士信定
富士信家
テンプレートを表示

概要編集

父である富士信忠と行動を共にし、今川氏に属した。元亀2年(1571年)に今川氏真により暇を与える旨の感状が信通に発給されると、富士氏は今川氏から離れることとなった[1]。文面には「東西於何方、進退可相定」とあり、円満に許された離脱であったと考えられている[2]。その後は武田氏に属することとなる。

天正元年(1573年)には武田勝頼より所領を給せられ[3][4]、天正5年(1577年)には勝頼により任命される形で富士山本宮浅間大社の富士大宮司となっている[5]。これらの動向により、富士氏による大宮司職の継承は保たれる形となった。

その後武田氏は富士氏の本拠である富士大宮の整備に関連する文書を繰り返し発布し、文書中には「当町中」[6]「大宮宿中」[7]「富士大宮西町新市事」[8]などと見える。これらの文書含め信通に宛てたものは多くあるが、整備や社中に関するものが主であり、武田氏に属してからの富士氏は富士大宮司としての活動が主となっている。

参考資料編集

  • 久保田昌希、『戦国大名今川氏と領国支配』、吉川弘文館、2005
  • 宮地直一・広野三郎、『浅間神社の歴史』

脚注・出典編集

  1. ^ 「今川氏真判物」『戦国遺文今川氏編第4巻』2493号
  2. ^ 富士宮市教育委員会、『元富士大宮司館跡』、2000年
  3. ^ 「武田勝頼判物」『戦国遺文武田氏編第3巻』2142号
  4. ^ 「武田勝頼判物」『戦国遺文武田氏編第3巻』2191号
  5. ^ 「武田勝頼判物」『戦国遺文武田氏編第4巻』2784号
  6. ^ 「武田家朱印状」『戦国遺文武田氏編第4巻』2980号
  7. ^ 「武田家朱印状」『戦国遺文武田氏編第4巻』3049号
  8. ^ 「武田家朱印状」『戦国遺文武田氏編第5巻』3462号