富士山麓電気鉄道3100形電車

富士山麓電気鉄道3100形電車(ふじさんろくでんきてつどう3100がたでんしゃ)は、富士山麓電気鉄道(現・富士急行)が1956年昭和31年)に導入し、富士急行に社名を変更した後の1997年平成9年)まで同社に在籍していた電車である。

富士山麓電気鉄道3100形電車
Fujikyu-3100.jpg
3100形電車
基本情報
製造所 日本車輌製造
製造数 2両編成2本
主要諸元
編成 2両
電気方式 直流1,500V
架空電車線方式
起動加速度 2.2 km/h/s
減速度(常用) 3.3 km/h/s
編成定員 144(席)+96(立)=240名[1]
最大寸法
(長・幅・高)
20,000 ×2,865 ×3,740 mm[1]
車体 普通鋼
台車 揺れ枕吊り式コイルばね台車
NB-1
主電動機 直流直巻電動機
MB3033A[1]
主電動機出力 55 kW[1] (1時間定格)
駆動方式 WN駆動方式[1]
歯車比 6.06[1]
テンプレートを表示

概要編集

1956年に富士山麓電気鉄道が設立30周年を記念して新製した電車で、日本初の狭軌WN駆動車であると同時に、走行に必要な機器を2両以上に分散して搭載するMM'ユニット方式を同社において初めて採用した画期的な車両であった。1956年と1958年(昭和33年)に日本車輌製造において2両編成が1本ずつ計4両が製造された。形式名の3100形は、昭和31年に登場したことに由来する。

外観編集

車体は、長さが19,350mm(連結器間20,000mm)、幅が2,800mmであり、これに続いて日本車輌製造で製造された秩父鉄道300系と類似点が多い(ただし本形式は側面の車体下部が僅かに絞られている)。側扉は1両あたり2か所に1,300mm幅の片開扉が設けられたが、運転台直後の出入口は客室と仕切られたデッキ付構造となっているのが特徴である。これは、中央本線夜行列車大月駅接続して登山レジャー客を輸送する早朝運転の臨時列車や、団体臨時列車として運用する際、大月駅や河口湖駅などの始終着駅において寒冷期の未明に長時間停車することが想定されたためで、それらの運用につく場合は連結面寄りのドアを締め切り、デッキ部分のドアのみを使用して車内保温を図る意図があった。また、編成として見た場合、各扉の間隔をできるだけ均等にする設計がなされており、この思想は同じ日本車両製で共通点の多い、秩父鉄道300系や福井鉄道200形にも受け継がれている。

車体塗色は、腰板部をサランダブルー、窓周りおよび幕板をオーシャングリーンとし、境に白帯を配した。この塗り分けは、以後の富士山麓電気鉄道時代から富士急行に至るまでの同社における標準とされた。

車内編集

室内の座席配置は、扉付近にロングシート、扉間及び車端にクロスシートを備えるセミクロスシートである。富士山登山、甲州ぶどうをモチーフにした、スピーカーカバーが特徴であった。車両定員は120名(座席72名)である。

機器編集

主電動機には三菱電機製の直巻電動機であるMB3033A[注釈 1]を搭載した。同電動機は55kWの低出力ではあったが、全電動車編成のため勾配登坂にも実用上は問題なかった。台車は日本車輌製造が製作したNB-1で、軸箱支持装置に上下動を案内するペデスタルを廃止し、軸箱と一体となったスイングアーム式支持梁の根元(支点)に取り付けた可動ピンを介して側枠と結合する軸梁式支持機構を採用した試行的な台車であり、車体支持方式は揺れ枕吊り式、枕ばねにはオイルダンパ付きのコイルばねを用いている。駆動装置には前述のように日本の狭軌路線用の鉄道車両として初めてWNドライブを採用した。ブレーキは空気ブレーキのほか、勾配路線に対応して発電ブレーキも備えていた。

変遷編集

1958年には第2編成のモハ3103 - モハ3104が増備されたが、同車は1971年(昭和46年)3月4日脱線転覆事故(踏切での車との衝突によりブレーキ系統が破損したことによるもの。死者17名)により廃車となった。以後の富士急行の電車では、"4"と"9"を忌番として、5200形以降の車両では欠番としている。

残りのモハ3101 - モハ3102の2両は、元京王5000系である1000形・1200形が導入されたことによって1997年平成9年)に廃車となり、本形式は形式消滅した。廃車後は富士見町中央本線小淵沢 - 信濃境間旧線の廃線跡で静態保存された。塗装は現役当時と異なり灰色一色となっていたが、荒廃が著しく、2016年(平成28年)7月に現地にて重機により取り壊され撤去された。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 端子電圧340V、一時間定格出力55kW、定格電流185A、定格回転数1,400rpm、最大回転数4,000rpm

出典編集

  1. ^ a b c d e f 井上 幹治・今城 光英・加藤 新一「富士急行」、『鉄道ピクトリアルアーカイブセレクション』33号(2016年3月臨時増刊)、鉄道図書刊行会 pp. 140

参考文献編集

  • 日本車両鉄道同好部・鉄道史資料保存会『日車の車輌史 図面集-戦後私鉄編』(鉄道史資料保存会)1998年、p.168
  • 日本車両鉄道同好部・鉄道史資料保存会『日車の車輌史 写真・図面集-台車編』(鉄道史資料保存会)2000年、p.317

関連項目編集