メインメニューを開く

富士急行7000形電車(ふじきゅうこう7000がたでんしゃ)は、かつて富士急行に在籍した電車である。

概要編集

 
7032号 (1982年撮影)
 
7062号 (1982年撮影)

1969年(昭和44年)および1971年(昭和46年)に日本国有鉄道から車体長17m級旧形国電を譲り受けたもので、制御電動車と制御車各3両の計6両が在籍した。形式番号の7000は、本形式が1970年に使用開始されたことに因む。

1969年に譲り受けた4両は、32系に属するクモハ14形0番台と50系に属するクハ16形400番台である。そのため電動車は片側2扉のクロスシート、制御車は片側3扉のロングシートで、形状は大きく異なっている。1971年の増備車は、クモハ14形が払底したこともあり、片側3扉ロングシートの31系に属するクモハ12形50番台とクハ16形0番台となった。

これらはいずれも、入線前に窓のアルミサッシ化などの更新工事が行われている。

新旧番号対照は次のとおり。末尾の数字が同じもの同士で編成を組んだ。

  • モハ7031 ← クモハ14007(32023)
  • モハ7032 ← クモハ14009(32031)
  • モハ7033 ← クモハ12050(31002)
  • クハ7061 ← クハ16425(65033)
  • クハ7062 ← クハ16467(65089)
  • クハ7063 ← クハ16013(38017)

本形式はいずれも1930年代に製造されたものであり、老朽化が進んでいたことから、1982年(昭和57年)に小田急電鉄から譲り受けた5700形に代替され、廃車となった。