メインメニューを開く

富士通カワサキレッドスピリッツ(ふじつうカワサキ レッドスピリッツ)は、神奈川県川崎市を本拠地とする富士通の男子バレーボールチームである。2018年7月現在、V.LEAGUE Division2に所属[1]

富士通カワサキレッドスピリッツ
原語表記 富士通カワサキレッドスピリッツ
ホームタウン 神奈川県川崎市
創設年 1979年
所属リーグ V.LEAGUE Division2
チーム所在地 神奈川県川崎市
体育館所在地 神奈川県川崎市
代表者 窪田隆一
監督 山本道彦
ホームページ 公式サイト
 表示 

概要編集

1979年、神奈川県川崎市にある富士通川崎工場の9人制バレーボール部(全国タイトルを歴代最多35回獲得した強豪と知られる)から派生する形で6人制バレーボール部が誕生した[2]

チーム名は、本拠地である川崎市に根付いたチームを目指すとしての「カワサキ」と、コーポレートカラーでもある「赤」を使って、燃え上がる様な熱い精神・魂・元気などを統合したものとしての「レッドスピリッツ」を合わせた[2]。チームエンブレムにはリスを起用し、中型で機動力のあるバレーボールを身上とするチームを、リスの愛らしくすばしっこい動きに喩えている[2]

練習場は川崎工場の近くにある富士通川崎総合体育館であり、練習見学も可能である[3]。ホームゲームは川崎市内の体育館(カルッツかわさき(元川崎市体育館)、宮前スポーツセンター)などで開催される。

歴史編集

1979年、富士通川崎工場の9人制バレーボール部から派生する形で発足。口コミで集まった経験者を中心に活動を始めた[2]

1984年より地域リーグに出場。初出場となる第4回大会から、しばらくは東部リーグ2位以内に入れず、プレーオフに進出できなかった。1998年の第18回大会で15シーズン目にして初めてプレーオフ進出を果たす。プレーオフでは上位2位に入れず、V1リーグ(現・Vチャレンジリーグ)昇格はならなかった。第20回、第21回大会でもプレーオフに進出したが、2位以内に入れなかった。2003年、第23回地域リーグプレーオフにて初優勝を果たし、初めてV1リーグ出場決定入替戦に出場となった。しかし、入替戦では敗れV1リーグ昇格はならず。続く第24回、第25回大会も入替戦出場を果たしたが、昇格はならなかった。そして、ちょうどV1リーグがV・チャレンジリーグに改称される時期であった2006年に、第26回地域リーグプレーオフで準優勝を果たし、入替戦でも勝って、遂に念願のV・チャレンジリーグ昇格を果たした。

初参戦となる2006/07V・チャレンジリーグでは5位、2007/08大会では6位に入り、中位の成績を残す。2008/09V・チャレンジリーグで、準優勝。遂に、V・プレミアリーグをかけて、V・チャレンジマッチ(入替戦)に出場する。NECブルーロケッツに連敗しプレミアリーグ昇格はならなかったが、2試合で1セットずつ取る健闘を見せた。2009/10V・チャレンジリーグでも準優勝を果たすが、V・チャレンジマッチで大分三好ヴァイセアドラーから1セットも取れずに連敗し、昇格ならず。

2010年、V・プレミアリーグ昇格に向けて、チーム名が「富士通カワサキレッドスピリッツ」となる。

2010/11V・チャレンジリーグでも2位で終えるが、東日本大震災の影響によるリーグ中断でV・チャレンジマッチも中止となり、そのまま残留となった。2011/12V・チャレンジリーグでは、上位リーグで4勝1敗の成績を挙げながらもセット率でつくばユナイテッドSun GAIAジェイテクトSTINGSに競り負けて3位となり、V・チャレンジマッチ出場はならなかった。2012/13V・チャレンジリーグは、つくばとジェイテクトに加え、警視庁フォートファイターズにも苦戦し、4位で終える。

V・プレミアリーグ昇格のために、チーム一丸となって、まずはV・チャレンジリーグ全勝優勝を目標として、次のシーズンに臨む[2]。2015/16のチャレンジリーグIでは、大分三好を抑えて、悲願の初優勝を果たした[4]

成績編集

主な成績編集

チャレンジリーグ、チャレンジリーグIV.LEAGUE Division2
黒鷲旗全日本選抜大会
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし

年度別成績編集

大会名 順位 参加チーム数 試合数
V・チャレンジリーグ 2006/07シーズン 5位 9チーム 16 7 9
2007/08シーズン 6位 10チーム 18 9 9
2008/09シーズン 準優勝 12チーム 18 12 6
2009/10シーズン※ 準優勝 11チーム 15 11 4
2010/11シーズン 準優勝 11チーム 17 15 2
2011/12シーズン※ 3位 11チーム 15 13 2
2012/13シーズン 4位 11チーム 20 14 6
2013/14シーズン 4位 11チーム 20 15 5
2014/15シーズン 準優勝 12チーム 22 17 5
V・チャレンジリーグI 2015/16シーズン 優勝 8チーム 21 19 2
2016/17シーズン 準優勝 8チーム 21 17 4
2017/18シーズン 優勝 8チーム 21 17 4
V・LEAGUE Division2 2018/19シーズン

(注)※印のシーズンはレギュラーラウンドと上位リーグの合計。

選手・スタッフ編集

選手編集

2018年9月1日版[5][6]

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考
1 中川剛 NAKAGAWA   日本 OP
2 松坂洸汰 MATSUSAKA   日本 MB
3 田中紀幸 TANAKA   日本 WS/L
4 柳田百織 YANAGIDA   日本 OP 主将
5 横田圭佑 YOKOTA   日本 MB
6 小林慎平 KOBAYASHI   日本 L/R
7 加藤大雄 KATO   日本 MB
8 後藤滉貴 GOTO   日本 OP
9 手塚奨 TEZUKA   日本 MB
10 岡村義郎 OKAMURA   日本 MB
11 浅野卓雅 ASANO   日本 WS
12 芳賀広大 HAGA   日本 L
14 岩井浩二 IWAI   日本 WS
15 丸谷将大 MARUTANI   日本 WS
17 角大樹 KADO   日本 WS
18 長谷山拓 HASEYAMA   日本 S
19 尾木将 OGI   日本 S
20 志波京介 SHIBA   日本 S

スタッフ編集

2017年8月15日版[5][6]

役職 名前 国籍
部長 窪田隆一   日本
監督 山本道彦   日本
総務 平澤徹   日本
シニアアドバイザー 勝田祥平   日本
コーチ 廣本遥   日本
トレーナー 清野良   日本
マネージャー 中川睦美   日本
アナリスト 加藤真理子   日本
広報 三芳健斗   日本

脚注編集

  1. ^ チーム概要”. Vリーグ機構. 2018年9月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e 富士通カワサキレッドスピリッツ(公式サイトトップページ)”. 富士通カワサキレッドスピリッツ. 2013年10月26日閲覧。
  3. ^ 練習場所”. 富士通カワサキレッドスピリッツ. 2013年10月26日閲覧。
  4. ^ Vリーグ機構. “2015/16V・チャレンジリーグⅠ男子,2015/16V・チャレンジリーグⅡ男子,全日程終了、最終結果のお知らせ”. 2016年2月28日閲覧。
  5. ^ a b 選手・スタッフ紹介”. 富士通カワサキレッドスピリッツ. 2017年8月15日閲覧。
  6. ^ a b チーム登録選手”. Vリーグ機構. 2018年9月1日閲覧。

関連項目編集

以下富士通川崎工場が関与するスポーツクラブ

外部リンク編集