富士通コンポーネント株式会社(ふじつうコンポーネント、: FUJITSU COMPONENT LIMITED)は、電子部品の製造および販売を行うメーカーである。

富士通コンポーネント株式会社
FUJITSU COMPONENT LIMITED
品川シーサイドパークタワー
品川シーサイドパークタワー
種類 株式会社
市場情報
東証2部 6719
2001年9月14日 - 2018年11月20日
本社所在地 日本の旗 日本
140-8586
東京都品川区東品川4−12-4 品川シーサイドパークタワー
設立 2001年10月1日
業種 電気機器
法人番号 4010701013411 ウィキデータを編集
事業内容 電子部品の製造、販売
代表者 代表取締役社長兼CSO 木下雅博
資本金 80百万円
売上高 連結:354億67百万円
(2021年3月期)
従業員数 連結:2,862人
(2022年3月末)
決算期 3月31日
主要株主 ロングリーチグループファンド 75%
富士通 25%
(2019年2月1日現在)
外部リンク https://www.fcl.fujitsu.com
テンプレートを表示

主力製品・事業 編集

主要事業所 編集

沿革 編集

  • 1995年 - 富士通株式会社と株式会社高見澤電機製作所の共同出資で富士通高見澤コンポーネント株式会社創立。
  • 2001年 - 高見澤電機製作所と共同で株式移転により、完全親会社である富士通コンポーネント株式会社を設立。東京証券取引所市場第二部に上場。富士通高見澤コンポーネントは長野富士通コンポーネント株式会社に商号変更。
  • 2003年 - 長野富士通コンポーネント株式会社を吸収合併。
  • 2018年
    • 7月25日 - ロングリーチグループ傘下会社による株式公開買付けと、富士通の自己株式取得に対する応募などにより、持株比率を最終的にロングリーチグループ75%、富士通25%とする計画などを発表[1]
    • 9月7日 - FCホールディングスによる株式公開買付けが成立。FCホールディングスは第2位株主となる[2]
    • 11月20日 - 東京証券取引所第二部上場廃止[3]
    • 11月26日 - 株式併合により、株主が富士通及びFCホールディングスのみとなる[3]
  • 2019年1月31日 - 資本再編が完了し、株主構成がロングリーチグループファンドが75%、富士通25%となる[4]

国内関係会社 編集

関連項目 編集

脚注 編集

外部リンク 編集