富士通フロンティアーズ

富士通フロンティアーズ(ふじつうフロンティアーズ、: Fujitsu Frontiers)は、アメリカンフットボールXリーグI部所属のチーム(実業団)。

富士通フロンティアーズ
基本情報
愛称 フロンティアーズ
運営母体 富士通
創設年 1985年
所属リーグ
リーグ Xリーグ・X1 SUPER
本拠地
本拠地 富士通スタジアム川崎
(神奈川県川崎市)
Kawasaki fujimi1.JPG
組織
GM 常盤真也
ヘッドコーチ 藤田智
成績
2019シーズン JXB優勝
SUPER9 1位
イースト 優勝
JXB優勝 5回 (2014年・2016年・2017年・2018年・2019年)
SUPER9優勝 3回 (2014年・2015年・2016年)
地区優勝 9回 (2000年・2002年・2007年・2009年・2013年・2014年・2015年・2016年・2018年)
獲得タイトル
パールボウル優勝 (3回)
2003年・2006年・2010年
ライスボウル優勝 (5回)
2014年・2016年・2017年・2018年・2019年
外部リンク
公式サイト0/0公式Twitter

概要編集

年によって東地区(EASTディビジョン)あるいは中部地区(CENTRALディビジョン)に属する。

1984年富士通川崎市中原区)の社員有志が集まって同好会が発足され、1985年3月に創部[1]

ホームゲームはおもに川崎市川崎区富士通スタジアム川崎(旧:川崎球場)で、練習は富士通川崎グラウンド(高津区)で行っている。

2007年に川崎市で開催されるアメリカンフットボール・ワールドカップを前に、2006年7月11日川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナーに認定された。

2007年の秋季リーグ戦で5年ぶりのディビジョン優勝を遂げ、プレーオフでも前年度覇者のオンワードスカイラークスを撃破、JAPAN X BOWLまで勝ち上がる。

2010年のパールボウル優勝。ジャパンXボウルでは2011年と2013年に決勝進出をし、いずれも準優勝。

2014年度、ジャパンXボウルを初制覇し、ライスボウル関西学院大学ファイターズを倒して初制覇を成し遂げた。

2016年度は、2回目のジャパンXボウル制覇し、ライスボウルも関西学院大学ファイターズを倒して2回目の制覇を成し遂げた。

2017年度より、富士通陸上競技部を引退した柏原竜二がチームマネージャーに、塚原直貴がランニングコーチにそれぞれ就任した[2]。2017年度は、3回目のジャパンXボウル制覇し、ライスボウルも日本大学フェニックスを倒して3回目の制覇を成し遂げた。

2018年度はリーグ戦を6戦全勝すると、2年連続で同じ顔合わせとなったIBMビッグブルーとのジャパンXボウルでも35-18で勝利した。ライスボウルも関西学院大学に52-17で勝利し、球団史上初のジャパンXボウル、ライスボウル共に3連覇を達成した。

2019年度は新しいリーグ編成により設立されたX1Superに所属。リーグ戦7戦を全勝し、ジャパンXボウルでパナソニックに28-26で勝利し、Xボウル4連覇を達成した。また、ライスボウルも4連覇を達成した。

NHKNFLなどの解説を務める輿亮はフロンティアーズの副部長である。

なお、チアリーディングチーム『フロンティアレッツ』のメンバーには、俳優の土屋太鳳土屋神葉姉弟の姉で2015年度に富士通に入社(2018年度末退社)した土屋炎伽(つちや・ほのか)が2019年度末まで所属していた。[3][4]

所属選手編集

  • 2018年4月21日更新[5]
Pos. # 選手名 年齢 備考
CB 12   平本恵也 33歳
18   高木翼 28歳
RB 6   神山幸祐 33歳
30   金雄一 34歳
32   後藤啓 33歳
33   高口和起 27歳
TE 87   水野悠司 27歳
OL 56   藏野裕貴 26歳
57   斎田哲也 31歳
60   山下公平 26歳
66   望月俊 31歳
70   臼井直樹 25歳
71   山本倫大 35歳
72   小林祐太郎 32歳
75   勝山晃 30歳
77   張リャンユッ 27歳
78   仁川雄太 26歳 2018年度加入
79   佐嶋優輔 25歳
WR 1   強盛 33歳
4   宜本慎平 32歳
9   宜本潤平 29歳 キャプテン
15   成田竜馬 29歳
19   小梶恭平 24歳 2018年度加入
22   岩松慶将 26歳
80   平澤宏修 24歳 2018年度加入
81   中村輝晃クラーク 31歳
83   柴田源太 24歳 2018年度加入
84   猪熊星也 26歳
86   森田恭平 26歳
89   福井雄哉 28歳
DB 2   佐藤健太 33歳
7   藤田篤 34歳
17   海島裕児 31歳
21   大貫曜 27歳
23   奥田凌大 26歳 バイスキャプテン
24   田中彰人 30歳
28   石井悠貴 28歳
31   奥野敬介 26歳
34   樋田祥一 35歳
36   湯川季輝 25歳
40   アルリワン・アディヤミ 29歳
43   井本健一朗 24歳 2018年度加入
LB 13   髙橋悟 26歳
14   太田恵介 28歳
16   トラショーン・ニクソン 28歳
35   竹内修平 31歳
44   趙翔来 25歳 バイスキャプテン
45   鈴木將一郎 40歳
47   山岸明生 25歳
52   海島裕希 33歳
54   高崎顕信 35歳
88   大橋智明 31歳
95   前田和律 33歳
DL 10   神山恭祐 28歳
53   髙橋孝綺 24歳 2018年度加入
55   髙橋稜 24歳 2018年度加入
59   古木亮 33歳
65   村井良啓 31歳
69   山崎奨悟 24歳 2018年度加入
90   藤谷雄飛 26歳
91   安井邦瑠 33歳
92   高谷亮太 25歳
94   木村篤允 36歳
98   南奎光 31歳
99   髙橋伶太 29歳 バイスキャプテン
K 5   納所幸司 28歳
11   西村豪哲 34歳
25   大塚健一 26歳
39   吉田元紀 38歳
LS 42   中澤鴻介 25歳

スタッフ編集

  • 2018年4月21日更新[5]
役職
ヘッドコーチ 藤田智
ディフェンスコーディネーター 延原典和
コーチ ケビン・ライトナー
コーチ ピエール・イングラム
コーチ 山本洋
コーチ 安木達之
コーチ 中澤大輔
コーチ 松林大樹
コーチ 平井基之
コーチ 北奥亮
コーチ 後藤大地
コーチ 加藤博久
コーチ 季武憲毅
コーチ 塚原直貴
顧問 濱場正明
部長 山田厳英
副部長 林博司
副部長 輿亮
副部長 豊田建
副部長 吉田明宏
GM 常盤真也
後援会長 半田清
スタッフ 久下達也
スタッフ 鈴木惇也
マネージャー 田中美久
マネージャー 伊藤桃代
マネージャー 吉澤忠晃
マネージャー 大澤佳輝
マネージャー 矢嶋ゆうな
マネージャー 佐藤理紗
マネージャー 柏原竜二
ドクター 平沼憲治
ドクター 眞田高起
ヘッドトレーナー 井澤秀野
トレーナー 浮須杏奈
アシスタントトレーナー 島貫悠紀
アシスタントトレーナー 間宮千夏

関連項目編集

  • 川崎フロンターレ - 同じ富士通参加のスポーツチーム。マスコットキャラクター「フロン太」がフロンティアーズの試合の際に応援来場することもある。

出典編集

  1. ^ チーム概要 富士通フロンティアーズ
  2. ^ “柏原竜二さん、富士通アメフット部のマネジャーに”. 日刊スポーツ. (2017年6月1日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/1833269.html 2017年6月5日閲覧。 
  3. ^ “土屋太鳳姉の会社員・炎伽がミスジャパン東京代表に”. 日刊スポーツ. (2019年6月3日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906030001058.html 2019年6月3日閲覧。 
  4. ^ “土屋太鳳の姉・土屋炎伽さんグランプリ獲得「妹には私らしく頑張るよと伝えたい」 「ミス・ジャパン」日本大会で歓喜”. スポーツ報知. (2019年9月11日). https://hochi.news/articles/20190911-OHT1T50200.html 2019年9月12日閲覧。 
  5. ^ a b 選手・スタッフ紹介 富士通フロンティアーズ

外部リンク編集