富士通レッドウェーブ

日本のバスケットボールチーム

富士通レッドウェーブ(ふじつうレッドウェーブ、: FUJITSU Redwave)は、日本の女子バスケットボールチーム。活動拠点は神奈川県川崎市[1]Wリーグ所属。母体企業は富士通

富士通レッドウェーブ
FUJITSU Redwave
所属リーグ 日本の旗 Wリーグ
創設年 1985年
チーム史
本拠地 神奈川県川崎市
チームカラー   レッド
企業 富士通
代表者 丸山茂実
ヘッドコーチ BT・テーブス
公式サイト http://sports.jp.fujitsu.com/redwave/
Kit body thinwhitesides.png
ホームのジャージ
Kit shorts whitesides.png
チームカラー
ホーム
Kit body thinredsides.png
アウェイのジャージ
Kit shorts redsides.png
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示

概略編集

ホームゲームは川崎市中原区とどろきアリーナなどで開催。練習場は中原区の富士通川崎工場にある。

1985年に創部し関東実業団4部リーグに参加。

1989年日本リーグ2部、1995年に日本リーグ1部へ昇格するが、その後は昇格と降格を繰り返す。1999年のWリーグ発足の際は下部リーグのW1リーグ所属となり、2001年にはシャンソン化粧品で活躍した元韓国代表の李玉慈がヘッドコーチに就任し、このシーズンのW1リーグで優勝。2002年からWリーグに復帰し定着。

2004年9月には川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナーに認定され、ユニフォーム短パンに「KAWASAKI」と入れプレー。ホームゲームへの市民招待、バスケットボールクリニックの開催、トークショーへの参加などを行い、地域への活動に積極的に関わるようになった。

この年にはシャンソンの強豪化に導いた中川文一をヘッドコーチに迎え、翌年にはJOMOから矢野良子が移籍。2006年1月に全日本総合バスケットボール選手権大会(オールジャパン)で優勝し、Wリーグを含めて初タイトルを獲得。翌2007年1月、2008年1月の同大会にも優勝し、3連覇を果たした。 さらに第9回Wリーグでは、レギュラーシーズン2位ながら悲願の初優勝を果たし、オールジャパンと2冠を達成した。

2009年、中川ヘッドコーチが日本代表ヘッドに就任するため勇退。岡里明美アシスタントコーチがヘッドに昇格した。岡里HCは2012年に退任、薮内夏美ACがHCに昇格。

2014年、薮内HCが退任、前年からアソシエイトコーチに就任していたBT・テーブスがHCに就任。

現在は二軍チームも存在し、神奈川県実業団連盟に所属している。全国タイトルは計4回。

マスコットは海鷲がモチーフの『レッディ』。名前の由来は「Red」と「Ready To Go」[2]

沿革編集

主な成績編集

年度 リーグ レギュラーシーズン プレイオフ 最終結果 皇后杯
順位
1999-00 WIリーグ 1 7 7 4位 --- 2回戦
2000-01 2 13 2 2位 入替戦0勝2敗
2001-02 3 13 2 1位 入替戦0勝2敗 Wリーグ昇格[3]
2002-03 Wリーグ 4 7 14 5位 --- 5位
2003-04 5 15 6 3位 SF敗退 3位
2004-05 6 10 11 5位 --- 5位 ベスト8
2005-06 7 16 12 3位 SF敗退 3位 優勝(1)
2006-07 8 22 6 1位 F 2勝3敗 準優勝 優勝(2)
2007-08 9 22 6 2位 F 3勝2敗 優勝(1) 優勝(3)
2008-09 10 16 12 3位 SF敗退 4位 準優勝
2009-10 11 19 9 3位 SF敗退 3位 ベスト4
2010-11 12 15 13 4位 SF敗退 4位 準優勝
2011-12 13 17 11 4位 SF敗退 4位 ベスト8
2012-13 14 21 8 3位[4] SF敗退 3位 ベスト4
2013-14 15 23 10 4位 SF敗退 4位 ベスト4
2014-15 16 24 6 2位 F 0勝3敗 準優勝 ベスト4
2015-16 17 18 6 2位 F 1勝3敗 準優勝 ベスト4
2016-17 18 19 8 3位 QF敗退 5位 準優勝
2017-18 19 22 11 5位 QF敗退 5位 ベスト4
2018-19 20 15 7 5位 SQF敗退 7位 ベスト4
2019-20 21 13 3 3位 中止 --- 4回戦
2020-21 22 12 4 東2位 SF敗退 3位タイ ベスト8
2021-22 23 17 3 5位 F 0勝2敗 準優勝 ベスト4
  • F:ファイナル、SF:セミファイナル、QF:クォーターファイナル、SQF:セミクォーターファイナル

個人賞編集

  • コーチ・オブ・ザ・イヤー
    • Wリーグ2003-04 李玉慈
  • ベスト5
  • 平均得点
    • W1リーグ2000-01 張玉淡
    • W1リーグ2001-02 船引かおり
  • フィールドゴール成功率
    • W1リーグ2000-01 守屋志保
    • W1リーグ2001-02 守屋志保
  • 3ポイントシュート成功率
    • W1リーグ2000-01 張玉淡
  • フリースロー成功率
    • W1リーグ2001-02 小堺みさき
    • Wリーグ2002-03 船引かおり
    • Wリーグ2003-04 船引まゆみ
  • アシスト賞
    • W1リーグ2000-01 船引かおり
  • スティール
    • W1リーグ1999-2000 川代眞紀子

選手とスタッフ編集

現行ロースター編集

選 手 スタッフ
Pos # 名前 年齢 身長  体重 出身
G 3 岡田英里 25 (1997/12/18) 1.63 m (5 ft 4 in) 60 kg (132 lb)   東京医療保健大学 
G/F 9 赤木里帆 24 (1998/8/4) 1.67 m (5 ft 6 in) 64 kg (141 lb)   東京医療保健大学 
G 10 町田瑠唯   29 (1993/3/8) 1.62 m (5 ft 4 in) 57 kg (126 lb)   札幌山の手高等学校 
F 12 奥伊吹 24 (1998/4/10) 1.74 m (5 ft 9 in) 75 kg (165 lb)   松蔭大学 
C 14 田中真美子 26 (1996/12/11) 1.80 m (5 ft 11 in) 70 kg (154 lb)   早稲田大学 
C 17 山下詩織 22 (2000/2/17) 1.84 m (6 ft 0 in) 74 kg (163 lb)   白鷗大学 
C 18 藤本愛妃 24 (1998/2/11) 1.82 m (6 ft 0 in) 74 kg (163 lb)   東京医療保健大学 
F 22 中村優花 28 (1995/1/3) 1.78 m (5 ft 10 in) 76 kg (168 lb)   柴田学園高等学校 
F 23 渡邊悠 24 (1998/5/7) 1.74 m (5 ft 9 in) 65 kg (143 lb)   筑波大学 
F/C 25 内尾聡菜 25 (1997/8/16) 1.77 m (5 ft 10 in) 65 kg (143 lb)   福岡大学附属若葉高等学校 
SG 27 江良萌香 24 (1998/6/30) 1.71 m (5 ft 7 in) 74 kg (163 lb)   聖カタリナ学園高等学校 
F 52 宮澤夕貴 29 (1993/6/2) 1.83 m (6 ft 0 in) 73 kg (161 lb)   神奈川県立金沢総合高等学校 
ヘッドコーチ
BT・テーブス
アシスタントコーチ
日下光
アナリスト兼スキルコーチ
後藤祥太

歴代ヘッドコーチ編集

  1. 丸山茂実
  2. 李玉慈
  3. 中川文一
  4. 岡里明美
  5. 薮内夏美
  6. BT・テーブス
  7. 小滝道仁

過去の主な所属選手編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c レッドウェーブについて公式サイト2021年8月24日閲覧
  2. ^ レッディ紹介公式サイト2021年8月23日閲覧
  3. ^ 日立戸塚が休部のため
  4. ^ レギュラーシーズンとプレイオフファーストラウンド合計

関連項目編集

外部リンク編集