メインメニューを開く

富士通レディース(ふじつうレディース)は、毎年10月第2週から第3週に行われる富士通主催、日本女子プロゴルフ協会公認による女子ゴルフトーナメントの一つである。

Golf pictogram.svg富士通レディース
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 1983年
(富士通クイーンズカップゴルフトーナメントとして)
開催地 千葉県
開催コース 東急セブンハンドレッドクラブ西コース(1998年 - )
基準打数 Par72(2019年)[1]
ヤーデージ 6675Yards(2019年)[1]
主催 富士通株式会社
ツアー 日本女子プロゴルフ協会
競技方法 ストロークプレー
賞金総額 8000万円(2019年)[2]
開催月 10月
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
通算スコア -19 大韓民国の旗 アン・ソンジュ(2010年)
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
日本の旗 古江彩佳(2019年)[3]
テンプレートを表示

概要編集

1983年に「富士通クイーンズカップゴルフトーナメント」として設立し、1985年から現在の名称になった。長年にわたって、千葉県市原市の浜野ゴルフクラブで行われてきたが、1998年以降、千葉市緑区にある東急セブンハンドレッドクラブ西コースに舞台を移して行われている。

2019年現在、賞金総額8000万円、優勝賞金1440万円[2]

出場資格は、日本女子プロゴルフ協会公認ツアー出場資格基準、同年度日本女子プロゴルフ協会公認ツアーの各優勝者、主催者である富士通が推薦する者。主催者推薦者を決めるのに「チューズデイトーナメント」が開催されている。

歴代優勝者編集

開催年 回数 優勝者名 開催コース
富士通レディース
2019年 第36回   古江彩佳[3] 東急セブンハンドレッドクラブ西コース
2018年 第35回   成田美寿々[4]
2017年 第34回   テレサ・ルー[5]
2016年 第33回   松森彩夏[6]
2015年 第32回   テレサ・ルー
2014年 第32回   アン・ソンジュ
2013年 第31回   イ・ナリ [注 1]
2012年 第30回   成田美寿々
2011年 第29回   藤田幸希
2010年 第28回   アン・ソンジュ
2009年 第27回   ニッキー・キャンベル
2008年 第26回   不動裕理
2007年 第25回   横峯さくら
2006年 第24回   全美貞
2005年 第23回   不動裕理
2004年 第22回   服部道子
2003年 第21回   不動裕理
2002年 第20回   中島千尋
2001年 第19回   不動裕理
2000年 第18回   大場美智恵
1999年 第17回   服部道子
1998年 第16回   肥後かおり
1997年 第15回   高瀬愛子 浜野ゴルフクラブ
1996年 第14回   福嶋晃子
1995年 第13回   小林浩美
1994年 第12回   柴田規久子
1993年 第11回   平瀬真由美
1992年 第10回   パティ・リゾ英語版
1991年 第9回   塩谷育代
1990年 第8回   西田智恵子
1989年 第7回   エイミー・ベンツ
1988年 第6回   高須愛子
1987年 第5回   日陰温子
1986年 第4回   樋口久子
1985年 第3回   池淵富子 習志野カントリークラブ
富士通クイーンズカップゴルフトーナメント
1984年 第2回   吉川なよ子 富士ヘルス&カントリークラブ
1983年 第1回

テレビ中継編集

テレビ朝日系列24局ネットで大会2日目と最終日の模様をいずれも夕方に録画放送している。なお2011年まではBSデジタル放送BS朝日でも放送していたが、2012年以降は放送なしとなった。またCS放送スカイAでは『スカイA ゴルフシリーズ』として同じく大会2日目と最終日の前半9ホールの模様を生中継しており、後日リピート放送も行われる。またパ・リーグTVが提供するインターネット中継を2015年大会で初めて生中継と録画中継された。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 最終日が降雨によるコースコンディション不良のため中止。36ホールで打ち切り。

出典編集

  1. ^ a b 富士通レディース2019 コース紹介 - 広告宣伝 - 富士通
  2. ^ a b 富士通レディース2019 大会概要 - 広告宣伝 - 富士通
  3. ^ a b 古江彩佳が逆転で国内女子ツアー史上7人目のアマチュアV 2位に三ヶ島かなと稲見萌寧 - Alba.net 2019年10月20日配信
  4. ^ 成田美寿々が今季3勝目 68でアン・ソンジュ逆転 - 日刊スポーツ、2018年10月14日配信、同日閲覧
  5. ^ テレサ・ルー逆転V 2位イ・ミニョン、柏原は3位 - 日刊スポーツ、2017年10月15日閲覧
  6. ^ 松森彩夏がツアー初優勝 アマ勝みなみは49位 - 日刊スポーツ、2016年10月16日閲覧

参考編集

外部リンク編集