メインメニューを開く

富士通長野システムエンジニアリング

株式会社富士通長野システムエンジニアリング(ふじつうながのシステムエンジニアリング 英:Fujitsu Nagano Systems Engineering Limited)は過去に存在した会社。2012年4月1日、同社、富士通北海道システムズ、富士通東北システムズ、富士通システムソリューションズの4社が合併し(存続会社は富士通システムソリューションズ)、株式会社富士通システムズ・イーストとなった。長野県を主な活動地域とするシステムインテグレーターであった。名称の通り富士通の100%子会社である。「InfoValley」という名称で地域インターネットサービスプロバイダ事業も展開していた。

株式会社富士通長野システムエンジニアリング
FUJITSU NAGANO SYSTEMS ENGINEERING LIMITED
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 FNS
本社所在地 日本の旗 日本
380-0813
長野県長野市鶴賀緑町1415 大通りセンタービル
設立 1984年2月21日
業種 情報・通信業
事業内容 OA機器の販売、ソフトウェア開発
企業・団体向けコンピュータネットワーク構築
インターネットサービスプロバイダ
代表者 門前 弘邦(代表取締役社長
資本金 2億円
売上高 110億円(2004年度
決算期 3月31日
主要株主 富士通(100%)
外部リンク http://jp.fujitsu.com/group/fns/
http://www.valley.ne.jp
テンプレートを表示

目次

概要編集

主に長野県内の製造業流通業サービス業地方公共団体医療機関農業協同組合等にシステム・ソリューションの提供を行っている。特に製造業向けにはCADCAMシステムの積極的な提案を行う。

顧客企業は基本的に全県に存在するが、取引上の関係からか長野市須坂市といった北信が多い傾向がある。中信南信では日本電気系や日立製作所系のインテグレーターも相当数入っている。

事業所一覧編集

ISP事業編集

電算(avis)、長野県協同電算(JANISネット)等と並んで1990年代から地域インターネットサービスプロバイダとしても活動している。ブランド名は「InfoValley」。伊那市有線放送農業協同組合1997年に行われた『xDSL利用実証実験』に於いてはJANISネットと共にサービス提供プロバイダとして参加した。県内の有線放送電話を使用した商用ADSL接続に関しては、この2社以外の参入が無かったため利用者は二者択一を強いられる。富士通系ではあるが、FENICSとは別経路を利用しており、旧InfoWebと同様の接続形態を採る。現在、利用者が県外の出先でダイヤルアップ接続によるインターネットを使用する場合に於いては@niftyアクセスポイントローミングにて利用することが可能となっている。

関連項目編集