メインメニューを開く

富士館(ふじかん、1908年8月 開業 - 1973年 閉館)は、かつて存在した日本の映画館である。1,800人を収容する巨大な映画館であった。のちに浅草日活劇場(あさくさにっかつげきじょう)と名称を変更した。

富士館
Fujikan
種類 事業場
市場情報 消滅
本社所在地 日本の旗 日本
111-0032
東京市浅草区公園六区三号地
(現在の東京都台東区浅草1丁目42番4号)
設立 1908年8月[1]
業種 サービス業
事業内容 映画の興行
主要株主 日本興行横田商会
特記事項:略歴

1908年8月 開業
1911年 日本興行株式会社 発足
1947年以降 浅草日活劇場と改称

1973年 閉館
テンプレートを表示

目次

略歴・概要編集

映画界初の株式会社編集

1908年(明治41年)8月[1]東京市浅草区公園六区三号地(現在の東京都台東区浅草1丁目42番4号)に開業した。横田商会(現在の日活の前身の一社)の特約館となり、尾上松之助主演作で人気を博した。

開業当時は、日本の主要都市での開館ラッシュにあり、前年1907年(明治40年)4月1日に東京で2番目の常設館・新声館が神田に、同年7月には大阪初の常設館・千日前電気館、同年7月16日には浅草六区に三友館、同年12月20日には大阪に第一文明館、1908年4月には浅草に福寿館、同年5月には牛込区神楽坂文明館、そして同年7月には浅草六区に大勝館、同年8月に富士館、同年9月には麻布区に文明館、同年10月には名古屋初の常設館・文明館、同年11月には千日前日本館という勢いであった。

1911年(明治44年)、富士館の館主が「日本興行株式会社」を設立、日本映画界初の「株式会社」となった。

1912年(大正元年)9月10日、横田商会が、福宝堂M・パテー商会吉沢商店と4社合併して日本活動写真株式会社(現在の日活)となり、同年10月1日公開の『春日局』を最後に、日活のフラッグシップ館となった。同年11月1日公開の『三代将軍家光と大久保彦左衛門』と『誰が物』が同館が興行した最初の日活作品である。

1927年(昭和2年)、僊石政太郎設計による改築が行なわれた。

1930年(昭和5年)3月、川端康成が随筆『浅草』に記したところによれば、当時の同館は「日活封切」と記述されている。またそのころ、同館宣伝部の水島良成は、当時、松竹キネマ本社宣伝部にいた河野鷹思とならび「映画ポスターの双璧」と呼ばれた[2]

1942年(昭和17年)4月、戦時統合で日活の製作部門が大日本映画製作株式会社(大映)に統合され、同館でも大映作品を公開することとなった。

浅草日活劇場の時代編集

第二次世界大戦終了後の1947年(昭和22年)、日活が独立を回復し、以降「浅草日活劇場」と改称、日活の直営館となった。1957年(昭和32年)の時点では、台東区内の日活直営館は当館と上野日活館の2館のみであった[3]

1973年(昭和48年)、閉館した。「浅草日活劇場」は浅草東映劇場の地下を賃借し移転し、跡地はキャバレーとなった。現在はパチンコビッグパンドラ浅草店本館が営業している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 田中純一郎, 『日本映画発達史 I 活動写真時代』, 中公文庫中央公論新社), 1975年, ISBN 4122002850, p.127
  2. ^ 酒井哲朗, 「1930年代の日本美術」, 三重県立美術館
  3. ^ 昭和32年の東京都の映画館”. 中原行夫の部屋(原資料「キネマ旬報」). 2013年7月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年7月27日閲覧。