富山インターチェンジ

日本の富山県富山市にある北陸自動車道のインターチェンジ

富山インターチェンジ(とやまインターチェンジ)は、富山県富山市黒崎にある北陸自動車道インターチェンジである。

富山インターチェンジ
Hokuriku Expway Toyama IC.JPG
富山インターチェンジ(料金所)
所属路線 E8 北陸自動車道
IC番号 22
料金所番号 01-515
本線標識の表記 国道41号標識国道8号標識 富山 高山
起点からの距離 234.1 km(米原JCT起点)
富山西IC (7.5 km)
(6.6 km) 流杉PA/SIC
接続する一般道 国道41号標識国道41号
供用開始日 1975年昭和50年)10月4日[1]
通行台数 17,218台/日(2018年度)[2]
所在地 939-8214
富山県富山市黒崎439
備考 国土開発幹線自動車道の起点は新潟中央JCT
テンプレートを表示
富山インターチェンジの位置(富山県内)
富山インターチェンジ

富山空港が近く、インター西側の神通川橋付近では滑走路の延長上に本線が交差しているため、橋の両端部には「わき見注意 航空機通過」という注意標識が設置されている[3][4]

歴史編集

道路編集

料金所編集

  • ブース数:8

入口編集

  • ブース数:3
    • ETC専用:1
    • ETC・一般:1
    • 一般:1

出口編集

  • ブース数:5
    • ETC専用:2
    • 一般:3

周辺編集

編集

E8 北陸自動車道
(21-1)富山西IC - (22)富山IC - (22-1)流杉PA/SIC - (23)立山IC

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『北陸自動車道20周年記念誌』日本道路公団金沢管理局、1993年3月、65頁。
  2. ^ 第15回富山市統計書(令和元年度版) インターチェンジ利用台数   (Microsoft Excelの.xls)”. 富山市企画管理部情報統計課 (2020年3月). 2021年1月24日閲覧。
  3. ^ 『北陸自動車道20周年記念誌』日本道路公団金沢管理局、1993年3月、85頁。
  4. ^ 北日本新聞 2019年3月7日付11面『なるほど!富山の高速道路 5.橋 目立ちたがりの神通川橋』より。

関連項目編集