メインメニューを開く

富山市立富山市民病院(とやましりつとやましみんびょういん、Toyama City Hospital)は、富山県富山市今泉北部町にあり、富山市が運営する病院である。富山県東部の中核的な医療機関の1つであり、地域医療の中心的役割を果たしている。地域医療支援病院の承認を受ける。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 富山市立富山市民病院
Toyama City Hospital.jpg
情報
英語名称 Toyama City Hospital
標榜診療科 内科、精神科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、内分泌代謝内科、血液内科、腎臓内科、内視鏡内科、透析内科、腫瘍内科、小児科、外科、消化器外科、乳腺外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器・血管外科、小児外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線治療科、放射線診断科、歯科口腔外科、麻酔科、ペインクリニック内科、緩和ケア内科、病理診断科、救急科
許可病床数

595床
一般病床:539床
精神病床:50床


感染症病床:6床
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
開設者 富山市
管理者 泉良平(院長)
地方公営企業法 全部適用
開設年月日 1946年昭和21年)
所在地
939-8511
富山県富山市今泉北部町2番地1
位置 北緯36度40分22秒
東経137度12分45秒
二次医療圏 富山医療圏(富山市、滑川市中新川郡
PJ 医療機関
テンプレートを表示
富山市立富山市民病院の位置(富山県内)
富山市立富山市民病院

また当院に隣接して、富山市内の病院の休診日・夜間の救急患者を受け入れ、初期応急治療を行う富山市・医師会急患センター(旧 富山市救急医療センター)が、2011年平成23年)10月1日に富山市丸の内より当院の第1駐車場内に移転開設された。

目次

沿革編集

  • 1945年昭和20年) - 富山市大手町に富山市民病院の設置がきまり、建築工事に着手。
  • 1946年(昭和21年) - 第一病棟が落成し、診療を開始する。
  • 1954年(昭和29年) - 国立富山病院が富山市へ委譲され、市民病院五福分院として発足[1]。後に本院へ統合。
  • 1983年(昭和58年) - 現在地に病棟が移転落成し、同時にヘリポートを開設する。
  • 2011年平成23年)4月 - 地方公営企業法全部適用。
  • 2011年(平成23年)10月1日 - 富山市・医師会急患センターが第1駐車場内に開設

診療科目編集

交通アクセス編集

  • 富山駅正面口5番乗り場から富山地方鉄道バス40・41・43・44・45・47系統、または1番乗り場から46系統で富山市民病院口下車すぐ(約半数の便は構内まで乗り入れ)
  • 富山駅正面口5番乗り場から富山地方鉄道バス特急高山線・31・32・38・39系統、または6番乗り場から36・37系統で富山市民病院前下車、徒歩5分
  • 富山空港からタクシーで10分

バス停留所編集

  • 正面玄関前に富山地方鉄道の路線バスが発着するバス停留所(停留所名は富山市民病院)がある。
  • また、北側へ構内を出たところにある富山市民病院口停留所からは上記の方面へ向かうバスのうち構内へ入らない便が、そこから西へ徒歩5分の国道41号線沿いにある富山市民病院前停留所からは掛尾・笹津・富山空港・八尾方面へのバスや、東京大阪名古屋金沢など各方面への高速バスがそれぞれ利用できる。

主な指定編集

  • 自家培養軟骨使用認定施設

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 富山市民病院の設計”. 日建設計名古屋事務所 (1984年12月1日). 2018年5月15日閲覧。

外部リンク編集