メインメニューを開く

富山県立大学(とやまけんりつだいがく、英語: Toyama Prefectural University)は、富山県射水市黒河5180に本部を置く日本公立大学である。1990年に設置された。

富山県立大学
富山県立大学
富山県立大学
大学設置 1990年
創立 1962年
学校種別 公立
設置者 公立大学法人富山県立大学
本部所在地 富山県射水市黒河5180
北緯36度42分28秒 東経137度5分46秒 / 北緯36.70778度 東経137.09611度 / 36.70778; 137.09611座標: 北緯36度42分28秒 東経137度5分46秒 / 北緯36.70778度 東経137.09611度 / 36.70778; 137.09611
キャンパス 本学(富山県射水市)
学部 工学部看護学部
研究科 工学研究科
ウェブサイト 富山県立大学公式サイト
テンプレートを表示
富山県立大学の位置(富山県内)
富山県立大学

当初は工学部のみの単科大学であったが,2019年度より看護学部が設置され2学部を擁する総合大学となった。これに合わせ、富山県立中央病院に隣接する「富山キャンパス」が看護学部のために開設され、従来から工学部が位置するところは「射水キャンパス」と称されている。 放送大学学園と単位互換協定を結んでおり、放送大学で取得した単位を卒業に要する単位として認定することができる[1]

目次

沿革編集

  • 1962年 - 実業家大谷米太郎が、富山県の高等教育充実を祈念して寄贈した富山県立大谷技術短期大学が開学する
  • 1972年 - 富山県立技術短期大学に改称する
  • 1990年 - 4年制工学部及び大学院を増設し、富山県立大学に改組する(開学)。設置学科は電子情報工学科・機械システム工学科
  • 2006年 - 工学部に知能デザイン工学科、情報システム工学科、生物工学科を新設
  • 2012年 - 3月31日をもって短期大学部を閉学
  • 2015年 - 公立大学法人化
  • 2017年 - 医薬品工学科を新設。情報システム工学科を「電子・情報工学科」に、環境工学科を「環境・社会基盤工学科」に名称変更。
  • 2018年 - 知能デザイン工学科を「知能ロボット工学科」に名称変更。
  • 2019年 - 看護学部を新設。

学部・大学院等編集

  • 工学部
    • 機械システム工学科
    • 知能デザイン工学科
    • 電子・情報工学科
    • 環境・社会基盤工学科
    • 生物工学科
    • 医薬品工学科
  • 看護学部
  • 大学院(博士前期・後期課程)
    • 工学研究科
      • 機械システム工学専攻
      • 知能デザイン工学専攻
      • 情報システム工学専攻
      • 環境工学専攻
      • 生物工学専攻

交通アクセス編集

  • 射水市コミュニティバス
    • 小杉駅・太閤山線 「富山県立大学前」「富山県立大学」バス停
    • 小杉地区循環線 「富山県立大学前」「富山県立大学」バス停

附属施設編集

  • 富山県立大学附属図書館
  • 地域連携センター
  • 計算機センター
  • 生物工学研究センター
  • パステル工房
  • 千瓢(茶庵) - 富山県出身の実業家、佐藤助九郎によって寄贈されたものである。
  • 大谷講堂 - 開学の祖である大谷米太郎によって寄贈されたものである。

大学関係者編集

事業編集

富山県の配置薬メーカーの広貫堂が開発したゼリー飲料タイプの栄養機能食品「からだよろコンブゼリーだよ。」には、技術面で本学が協力している。

脚注編集

外部リンク編集