富山県道44号富山高岡線

日本の富山県の道路

富山県道44号富山高岡線(とやまけんどう44ごう とやまたかおかせん)は、富山県富山市から高岡市に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
富山県道44号標識
富山県道44号 富山高岡線
主要地方道 富山高岡線
起点 富山市北緯36度41分30.7秒 東経137度12分45.6秒 / 北緯36.691861度 東経137.212667度 / 36.691861; 137.212667 (県道44号起点)
終点 高岡市北緯36度45分11.8秒 東経137度1分16.7秒 / 北緯36.753278度 東経137.021306度 / 36.753278; 137.021306 (県道44号終点)
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0041.svg 国道41号
Japanese National Route Sign 0472.svg 国道472号
Japanese National Route Sign 0156.svg 国道156号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

国道8号と並び富山県の第一、第二の都市を結ぶ主要幹線道路である。かつての国道8号であり、富山高岡バイパス開通後は県道(主要地方道)となった。地元では旧国道8号旧8(きゅうはち)と呼ばれることもある。

路線データ編集

全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
 
起点の城址公園前交差点

歴史編集

現在の富山高岡線はもともと国道8号(建設当時は国道11号)の一部として1935年に作られた道路である[4]。旧北陸街道を改修した一部区間を除き新規路線である[5]富山高岡バイパス完成により、1976年昭和51年)に旧道区間が県道に指定(両端部は国道41号、国道156号に変更)された。

年表編集

路線状況編集

丸の内から五福地内にかけては富山地方鉄道富山軌道線軌道が道路中央に敷設されている。

富山市城址公園前 - 丸の内区間、富山大橋の区間を除いて全線2車線。富山市西部 - 射水市東部の区間を除いてほぼ全線が市街地の中を通り、交通量は非常に多い。

国道の地位こそ譲ったものの沿線には数多くの郊外型大規模小売店舗が林立し、富山大学をはじめ各種の学校も多く富山 - 高岡間を初めとする富山県の経済活動を最も支える大動脈であり、生命線といっても過言ではないといえる。

全線にわたって県下有数の混雑箇所を数多く抱える。中でも富山市丸の内 - 茶屋町は朝夕のラッシュ時に限らず、激しい渋滞が発生、特に、五福付近の渋滞が常態化していたが、2012年3月24日に、片側2車線となった新しい富山大橋が開通してからは、周辺の渋滞は緩和している。

新しい富山大橋が開通するまでの、週末の夕方ラッシュ時の最大渋滞長としては、上り線・富山市内中心部方面行きは、丸の内を先頭に呉羽本町付近まで5キロ以上、下り線・高岡方面行きは茶屋町付近を先頭に城址公園前まで4キロ以上となっていた。

今は、週末の夕方の下り線は、茶屋町付近を先頭に富山大橋付近まで3キロほどであり、上り線に至っては、峠茶屋や五福を先頭に1キロ〜2キロほどの渋滞が発生する程度にまでなった。ただし、朝のラッシュ時の上り線は、五福付近を先頭に呉羽本町付近まで3キロほどの渋滞が発生している。

また高岡市内でも野村から中川付近が朝夕のラッシュ時に限らず混雑が目立っている。

重複区間編集

道路施設編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

富山市
射水市
高岡市

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 昭和50年政令第46号:一般国道の指定区間を指定する政令の一部を改正する政令”. 法庫. 2012年10月12日閲覧。
  2. ^ 国道41号が城址公園前交差点を終点としていた時代の地番
  3. ^ a b 『富山大百科事典 下巻』(1994年8月1日、北日本新聞社発行)480頁。
  4. ^ a b 北日本新聞 2018年11月1日付12面『なるほど!富山の高速道路 眺めを楽しむ カーブに感じる人生訓』より
  5. ^ a b c d e 『ふるさと射水』(2007年3月 射水市教育委員会発行)27ページ。
  6. ^ 『とやまの文化財百選シリーズ(6) とやまの近代歴史遺産』(富山県教育委員会 生涯学習・文化財室)(2019年1月13日閲覧)
  7. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集