メインメニューを開く

富山駐屯地(とやまちゅうとんち、JGSDF Camp Toyama)は、富山県砺波市鷹栖出935に所在し、第7施設群第382施設中隊等が駐屯している陸上自衛隊駐屯地。 総員約100名強という小規模な駐屯地であるが富山県唯一の自衛隊の施設であり、唯一の実力部隊が駐屯することから、重要な位置づけがある。 全国でも指折りの小規模駐屯地であるが、2階建て庁舎よりも大きい体育館は圧巻である。駐屯地司令は、第382施設中隊長が兼務。

富山駐屯地
所在地 富山県砺波市鷹栖出935
座標 北緯36度38分38秒
東経136度56分16秒
駐屯地司令 第382施設中隊長 兼務
主要部隊 第382施設中隊
ほか
開設年 1962年
テンプレートを表示
富山駐屯地の位置(富山県内)
富山駐屯地

非常に手狭なため、有事の際に満足な活動が期待できないとして、富山県の石井隆一知事や砺波市などの地元自治体は、防衛省にたびたび拡張要望を出している[1]

目次

沿革編集

  • 1962年(昭和37年)10月10日:金沢駐屯地の富山分屯地として開設[2]。第321地区施設隊豊川駐屯地から移駐。
  • 1966年(昭和41年)2月21日:駐屯地に昇格[3]。第425会計隊が創設。
  • 1968年(昭和43年)3月1日:第410基地通信隊が創設。
  • 1975年(昭和50年)3月26日:第410基地通信隊が第306基地通信中隊富山派遣隊に改編。
  • 1993年(平成05年)3月30日:第321地区施設隊が第301施設隊に改編。
  • 2006年(平成18年)3月28日:第301施設隊が第382施設中隊に改編。第104直接支援大隊整備第2中隊が新編。
  • 2015年(平成27年)3月26日:第425会計隊が第336会計隊富山派遣隊に改編。

駐屯部隊編集

中部方面隊隷下部隊編集

防衛大臣直轄部隊編集

最寄の幹線交通編集

脚注編集

  1. ^ “小野寺防衛大臣来県、富山駐屯地の拡張要望”. 北日本放送. (2013年6月13日). オリジナルの2013年6月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130615044200/http://www2.knb.ne.jp/news/20130612_36832.htm 2013年6月13日閲覧。 
  2. ^ 『陸上自衛隊20年年表』朝雲新聞社編集局、朝雲新聞社、1971年9月20日、113頁。
  3. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和40年政令第381号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2017年3月21日閲覧。

外部リンク編集