メインメニューを開く
富崎春昇(右。1948年)

富崎 春昇(とみさき しゅんしょう、1880年9月12日 - 1958年2月2日)は明治から昭和前期にかけて活躍した地歌奏者。富派家元。本名は吉倉 助次郎。

上方地歌の伝統を受継ぐ名手であり、埋もれた古曲を多く伝承した一方、積極的に新作に取組み、三絃奏法に改良を加えるなど、進取の気風に富む人物でもあった。

生涯編集

大阪生まれ。父は人形浄瑠璃吉田玉助。3歳にして失明する。

1887年から富派家元富崎宗順に師事して地歌を学び、1896年、富崎春琴を名乗る。1904年に宗順が死去すると、家元を襲って富崎春昇と改名。

1917年には東京の有楽座で地歌の独演会を開くなど、積極的に関東に進出。翌年には東京へ移住した。

1938年、日本当道音楽会から名誉大検校を贈られる。1947年には日本三曲協会会長に就任。1948年芸術院会員。また新作「蓬生」(谷崎潤一郎作詞)の作曲によって文部大臣賞。1955年重要無形文化財保持者人間国宝)。1957年文化功労者

1958年2月2日、逝去。享年78(77歳で没した)。没後従四位勲四等旭日小綬章追贈。