メインメニューを開く

富樫 持春(とがし もちはる)は、室町時代前期から中期にかけての武将守護大名富樫氏15代当主[1]加賀国守護

 
富樫持春
時代 室町時代前期 - 中期
生誕 応永20年(1413年
死没 永享5年閏7月10日1433年8月24日
官位 加賀富樫介
幕府 室町幕府 加賀守護
主君 足利義持義量義教
氏族 富樫氏
父母 父:富樫満春
兄弟 持春教家泰高
テンプレートを表示

富樫満春の長男として誕生。4代将軍足利義持の偏諱を受けて持春と名乗った。応永34年(1427年)に父・満春が没すると家督を継承。義持や足利義教からは将軍の相判衆に任じられるなど信任が厚く、義持は京都にある持春の館に何度か出向いている。また持春は永享2年(1430年)正月まで幕府に出仕することがなかったという。同年6月、加賀守護となる。同年、南禅寺領同国宮保違乱の停止を執行した。永享5年(1433年)、死去。享年21。

持春には嗣子がいなかったため、家督と加賀の守護職は義教の近臣となっていた弟・教家が継いだ。

出典編集

  • 『鎌倉・室町人名事典』(新人物往来社)

脚注編集

  1. ^ 富樫高家から数えると6代当主。