メインメニューを開く

経歴編集

医師・富永吉太郎の二男として長崎県で生まれる。熊本陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1913年大正2年)5月、陸軍士官学校(25期)を卒業。

同年12月、歩兵少尉に任官し歩兵第23連隊付となる。

陸軍経理学校生徒隊付などを経て、1923年(大正12年)11月、陸軍大学校(35期)を卒業。

同年12月、歩兵第23連隊中隊長に就任。

1924年(大正13年)12月には参謀本部付、さらに翌1925年(大正14年)には関東軍司令部付(満州里駐在)へ転属する。

1927年昭和2年)12月には参謀本部員に転属し、1928年(昭和3年)8月、歩兵少佐に昇進。

同年12月、駐ソ連大使館付武官補佐官となり、その後ジュネーブ海軍軍縮会議全権の随員なども務める。

1932年(昭和7年)8月、歩兵中佐に進級し参謀本部員(第2課)に就任。

その後、参謀本部付仰付(欧州駐在)、近衛歩兵第2連隊付、参謀本部員(庶務課)を経て、1936年(昭和11年)8月、歩兵大佐に昇進し参謀本部第2課長となる。

1937年(昭和12年)1月、関東軍司令部付に転じ、関東軍参謀、近衛歩兵第2連隊長を歴任。

関東軍参謀のときに参謀長であった東條英機の威を借りて権勢を振りかざしていたので、東條の腰巾着的な存在と揶揄されたりもした。1937年3月にはオトポール事件ユダヤ人を救助したハルピン特務機関樋口季一郎少将に対して、退職勧告をするなど、目に余る行為もあったが[1]、東條はナチス・ドイツからの抗議や富永の退職勧告にも関わらず樋口を不問としている[2]

1939年(昭和14年)3月、陸軍少将に進級し参謀本部第4部長に着任。同年9月には参謀本部第1部長に就任。

1940年(昭和15年)9月の北部仏印進駐に際して参謀本部の命令により現地に出張し、陸軍部隊の指導と現地居留民の引揚げについての監督を行った。同年8月には、日本の松岡洋右外務大臣とシャルル・アルセーヌ=アンリフランス語版駐日フランス大使との間で、日本軍の仏印への進駐を認めることも含まれた松岡・アンリ協定が締結されており、大本営から仏印監視団長西原一策少将に現地での折衝や調整が一任されていた。従って、本来、陸軍側の指揮しかできない富永の権限は陸海軍代表の西原には及ばないはずであったが[3]、富永は、西原に参謀総長の職印を押印した辞令を提示し「今次交渉期間は富永の命に従って行動し海軍には絶対に内密のこと」と命じたが、この辞令が正当な手続きによって発行されたかは不明であった[4]。富永は現地を統括する南支那方面軍に赴くと、軍司令官の安藤利吉中将や第5師団師団長中村明人中将を集めて仏印進駐の方針について申し渡しをしているが、その中では松岡・アンリ協定で定められた9月22日午前0時の交渉期限を独断で半日縮めて、21日の午後12時までに交渉が妥結しなかった場合や日本側の提示条件に修正を加えてきたなら、これを拒絶と見なすとし、わざわざ第5師団長の中村を起立させて、出撃準備を行うように指示した。富永は東京を発つ際に昭和天皇から「交渉が期限前に妥結した場合はくれぐれも平和進駐をするよう」との奉答があっていたが、この申し渡しの席で富永は、居並ぶ南支那方面軍の高官らに「いかなる場合も平和進駐はあり得ない」と話していたという[5]

その間、西原とフランス軍の現地司令官アンリ・マルタンフランス語版との間で進駐についての協議が進められていたが、9月17日富永は西原とフランス軍司令部を訪問しマルタンと面談、仏印に進駐する兵力を当初予定の5,000人程度から1個師団の25,000人に増やし、進駐する飛行場も3カ所から5カ所に増やすとする富永の越権行為による独断での提示を行った[6]。マルタンは富永の条件提示に難色を示し、その場では結論を出せずに一旦持ち帰り18日に回答してきたが、その内容は飛行場の進駐5カ所など一部は受諾したものの、25,000人の進駐は断固拒否など、富永の条件とは大きな相違があったが、西原は富永に判断を仰ぐこと無く、陸軍中央に協定内容を打診、参謀本部はマルタンの回答を承諾し、9月22日に 西原・マルタン協定が締結されたが、富永の計画によって兵力増強され仏印進駐の準備をしていた第5師団の進撃開始6時間前の協定締結であった[7]

富永は自分が提示した条件通りの協定締結とならなかったことに憤慨し、西原と参謀本部にかみつくような電文を打電しているが、同時に進撃直前の第5師団に対して進撃中止の指示を行うことはなかった。一方で、現地軍である南支那方面軍も、富永からの申し渡しによって、既に準備が進んでいる第5師団の進撃開始を止めようという意志はなく、参謀本部から「陸路進駐中止」との電文が入ったが、正式な大本営陸軍部命令(大陸命)ではないとして、積極的な進撃中止の動きをとらず、第5師団師団長中村も西原からの「協定成立」の通報を無視し9月23日の未明に進撃を開始した[8]。師団主力はドンダン要塞の攻略を開始したが、フランス軍も激しく抵抗したため激戦となった。第5師団の無断越境の報告を受けた参謀本部の沢田茂参謀次長は深夜3時に慌てて進撃停止の大陸命を出したが、既に激戦が開始されており、現地軍の局地的交戦の自由は付与せざるを得ず[9]、第5師団はこの“局地”を拡大解釈しさらに進撃を行った。23日の11時にはドンダン要塞司令官のクールーペー中佐と士官のジロー少佐以下多数が戦死し、残った兵士は投降してドンダン要塞は日本軍に攻略された[10]。第5師団の順調な進撃を聞いた南支那方面軍は、第5師団を止めるどころか「中村兵団の行動に深甚なる敬意を表す」などと称賛する電文を打電し、「方面軍としては1度交戦した以上は、背進となるような命令は絶対に避け、フランス軍に一撃を加えねばならないと思っていた」と停戦命令を出すことをしなかった。この後、第5師団はメヌラ少将率いる要衝ランソンも占領した[11]

富永自身がこの武力進駐を直接指揮したわけではないが、西原とマルタンが協定を結んで平穏に進めることもできた進駐に不満を抱き、武力進駐を煽るような行動をとったため、南支那方面軍や第5師団の独断越境をまねくこととなってしまった。こののち、海路からも武力進駐を進めたい現地の陸軍と、事件不拡大方針の海軍の意見が相違して対立することとなった[12]。富永は9月25日には東京に帰り、報告のために参謀次長室を訪れたが、そこには次長の沢田と神田正種総務部長が待ち構えており、沢田が「第一部長を辞めてもらう。君の仕事は僕がやる」と富永の更迭を言い渡した。この処分に富永は参謀飾緒を引きちぎって怒りを露わにしたという[13]。富永らによってせっかく平和裏に進めていた仏印進駐を武力進駐にされてしまった西原は、陸海軍次官と次長宛てに『統帥乱レテ信ヲ中外ニ失ウ』の電文を発している[14]

東部軍司令部付、公主嶺陸軍戦車学校長を経て1941年(昭和16年)4月に陸軍省人事局長として中央に復帰し、同年11月、陸軍中将に昇進。

1943年(昭和18年)3月、東條英機陸軍大臣のもと、陸軍次官となり人事局長事務取扱を兼任する。

1944年(昭和19年)7月の東條内閣総辞職と共に失脚した。

翌8月、杉山元陸軍大臣によって第4航空軍司令官に転出させられ、9月8日マニラに着任した。

第4航空軍司令官編集

 
南方軍、第14方面軍、第4航空軍の司令官と参謀、前列左から2番目が富永

後ろ盾の東條が失脚して以来、その去就が注目の的となっていた富永であったが、まったくの畑違いの航空軍司令官という人事は周囲を驚かせた。この人事が陸軍大臣杉山元大将から昭和天皇に内奏された際、昭和天皇は「富永は航空の事がわかっているのか」と下問されたが、杉山は「富永は参謀本部第一部長をやったことがあり、航空の編成などについてはよく知っています」と奉答している[15]

富永は陸軍中央部から追い出されたと感じていたが、しかし、この人事は、単に東條色を薄めるというだけではなく[16]、陸軍中央が富永に期待して行った人事でもあり、参謀総長となった梅津美治郎大将は富永に下記を要望している[17]

  1. 今までの悪戦苦闘によって戦力・士気ともに低下し再編成中の第4航空軍を、富永の統率力によって士気高揚させて戦力強化をはかってほしい
  2. 皇国の運命を決する捷号作戦完遂のためには、単に現地の部隊指揮だけでは足らず、今までは不十分であった陸軍中央との調整や地上部隊との連携は不可欠であり、富永にはその推進力となってほしい
  3. 陸海軍との緊密な連携のためには、中央の要職に永年勤務しており、豊富な経験と見識を持つ富永は適材適所である。

昭和天皇にも疑問を呈されたような人事であったが、杉山は臆すること無く「名人事」と自画自賛していたという[18]。 航空には素人の富永を補佐するため、参謀長には航空畑で航空本部総務部長であった寺田済一少将が任じられた。富永は「与えられた戦力で満足して戦闘し、兵力の増強を要請しない。幕僚統帥を絶対にやらぬ。徳義の統帥を行う。迅速に決断、即時実行」という方針で作戦をおこなうこととし、部下へは「信、真、情」の三点に要約した着任の訓示を行った[19]。杉山らの思惑通り、ニューギニアなどでの悪戦で軍記が乱れ、士気も低下していた第4航空軍は、富永の強力な統率力と強烈な個性によって士気の高揚が見られた[20]。しかし、86,000人にも及ぶ大所帯の第4航空軍で、航空は素人の富永が「幕僚統帥を絶対にやらぬ」として、幕僚に適切な権限委譲を行わず、何でも司令官である富永が決めようという方針は、のちに大きな不幸を招くことになった[21]

また、富永は具体的な作戦方針として

  1. 船舶の国家的重要性に鑑み、船団の対潜警戒、マニラ湾の防空重視
  2. 地上兵団との協力を重視
  3. 航空兵力の運用は好機一挙集中使用に徹し、逐次使用の消耗を厳に戒める

などを挙げていた[22]

レイテの戦い編集

 
レイテ島を目指して侵攻する連合軍の大艦隊

航空の知識は乏しい富永であったが、1944年10月17日にレイテ島上陸を目指してダグラス・マッカーサー大将が直卒する連合軍大艦隊接近の報告を聞くや、台湾沖航空戦で大損害を被ったアメリカ軍艦隊が接近する台風を避けて避難しているに過ぎないとの楽観論を一蹴し、これが連合軍により本格的な上陸作戦と看破し、即座に指揮下の精鋭第2飛行師団に、日本陸軍が航空要塞として整備してきたレイテ島西のネグロス島に進出し、迎撃準備するように命じた[23]。しかし、航空畑一筋で歩んできた第2飛行師団の師団長山瀬昌雄中将が、アメリカ軍機動部隊の空襲で重傷を負い、急遽、騎兵畑で、富永と同様に航空は素人の木下勇中将が後任の師団長となっており、手際の悪さから準備に数日を要してしまい、折角の富永の好判断を活かすことができず[24]、第4航空軍は手持ちのわずか50機で、ダバオ誤報事件で大損害を被っていた海軍第一航空艦隊の30機と共に連合軍の大艦隊を迎え撃つことになり、連合軍に易々とレイテ島上陸を許してしまった[25]。このとき、第一航空艦隊司令長官の大西瀧治郎中将は、少数の手持ち機で戦果を挙げるために神風特別攻撃隊を編成している[26]

捷一号作戦が発令され、連合艦隊が総力を挙げてレイテ湾を目指していた10月23日夕刻にようやく第4航空軍は200機の作戦機をネグロス島付近に集結させた。富永は着任時に立てた方針通り、戦力の逐次投入の愚は犯さず、戦力を集中して陸軍未曾有の一大航空攻勢を10月24日と25日の2日間に渡って行った。富永は「2日目までに100隻撃沈を目標とする。このため1機1船必殺必沈に徹す」という作戦計画を掲げ、攻撃目標を「敵輸送艦を目標とし、敵の後続遮断を狙いとする」と命じたが[27]、しかし現実は、作戦機の稼働率が非常に低く、なかには1個戦隊24機の中で、稼働機は1機という戦隊もあった[28]。そのため、出撃航空隊間の連携もうまくいかず、陸軍が研究と訓練を重ねてきた[29]、期待の跳飛爆撃部隊飛行第3戦隊の「九九式双発軽爆撃機」22機が出撃したが[30]、護衛戦闘機隊と連携ができず、上陸支援のアメリカ軍護衛空母群から出撃した「F4Fワイルドキャット」隊の迎撃により[31]、途中で引き返した4機を除いて18機全機が撃墜され、戦隊長の木村修一中佐も戦死するなど、戦果も挙がらないまま損失だけが増えていく形となった[32]

結局、3日間に渡る航空大攻勢で第4航空軍は、述べ474機を出撃させて未帰還80機、炎上36機、大中破28機、合計144機という甚大な損害を被りながら、挙げた戦果は、駆逐艦などの小型艦11隻、輸送艦2隻、上陸用舟艇2隻撃沈と37隻撃破、敵機撃墜破70機と目標を大幅に下回ることとなり富永を失望させた。しかし、この戦果も作戦機による報告による過大なものであり[33]、アメリカ軍の公式記録によれば、この3日間に通常航空攻撃で沈没した艦船は、海軍の艦上爆撃機彗星が沈めた軽空母プリンストンの1隻のみであった[34]

連合軍はレイテ島に上陸するや、確保したばかりのタクロバン飛行場第5空軍を進出させて、強力な航空支援体制を確立しようとしていた[35]。富永は、連合軍が強力な航空支援体制を構築する前に、飛行場を叩くべく、タクロバン飛行場攻撃を命じた。飛行場攻撃を命じられた第16飛行団がタクロバン飛行場を偵察すると、昨日まではなかったアメリカ軍戦闘機がずらっと並んでいるのを発見した。攻撃の好機と考えた第16飛行団長進藤常右衛門大佐は、新鋭戦闘機四式戦闘機「疾風」で編成された飛行第52戦隊の11機にタ弾を搭載させて出撃を命じた。攻撃は成功して疾風は4機を失ったが、地上のアメリカ軍機約100機を撃破し[36]、攻撃成功の報告を聞いた富永は満面の笑みで第52戦隊に「よくやった。偵察機が撮ってきた戦果の写真はいずれそちらに送る」と称賛の電話をかけている[37]。富永は人心掌握術として、特に搭乗員を大げさに称賛したり、会食に誘ったり、肩を抱いたり握手したりとさかんにスキンシップをおこなった[38]。このことを煙たがる者もいたが、最高司令官からの称賛を素直に喜ぶ者も多く、搭乗員の中では富永の印象は悪いものではなく人望もあったという[39]

また、富永は、第4航空軍司令拝命時に陸軍中央から期待されていたとおり、地上軍との連携を重視していた。そのため、第2飛行師団飛行第75戦隊の九九式双軽爆撃機を通常作戦から外して、レイテ島オルモック付近に展開する地上部隊に対する補給物資の空輸に使用していた。富永はオルモック山中を彷徨っている地上軍の士気を鼓舞するためにも、物資の空輸と友軍陣地上空での空中投下は絶対に必要とこの空輸作戦に強い拘りを持っていた。そのため、この任務についた第75戦隊には気を使っており、戦隊長の土井勤少佐が作戦の上申に出頭したときには、上機嫌で迎えて、戦隊の搭乗員への贈り物として清酒1ダースを贈り、その後自ら詳細な作戦図を土井に示して、物資の投下点などを説明したという[40]。この空輸作戦は第4航空軍直轄として行ったため、一時的に九九式双軽爆撃機は第2飛行師団の指揮下を離れ、師団の攻撃力が低下しており、師団長の木下は、一時的にでも九九式双軽爆撃機を師団の指揮下に戻して戦闘任務につかせたいと富永に上申し続けたが、富永は苦境にある地上部隊のことを慮り、空地協同の同義を重視して、木下の上申を却下した[41]。しかし、1944年11月24日から再度第4航空軍残存兵力をもって第二次総攻撃を行うこととなったので、富永は、10数機による空輸を完了させたのち、九九式双軽爆撃機の師団復帰を認めた。しかし、功を焦る木下は、富永の命令を守らず、空輸任務をおこなうことなく九九式双軽爆撃機をタクロバン飛行場攻撃に投入し、1機が未帰還となった。このことを、現地のバコロド基地に進出していた参謀長の寺田から聞いた富永は激怒し、命令違反を犯したとして即座に木下の師団長としての職務を停止し、参謀長の寺田にそのまま師団の指揮をとるよう命じた。富永は木下を前線のネグロス島からマニラに呼びつけると、申し開きを聞くこと無く憲兵に拘束させて、「貴様は解任だ」と言い放ったという[42]。本来、天皇による親補職である師団長は、軍司令官といえども職務の停止や解任を行うことができなかったが、この騒ぎを聞きつけた南方軍は、これ以上の混乱を避けるために、富永の意向通り、木下の更迭と寺田の師団長就任を命じた。寺田の後任の参謀長には隈部正美少将が補任された[43]。この人事は、元は木下の命令違反と富永の地上部隊への配慮が発端ではあるが、感情に走って、戦況を顧みない現地での処断は私刑に等しいものであり、この後も富永の感情のブレーキが効かない采配が続くことになっていく[44]

陸軍特別攻撃隊編集

 
マニラに招かれた万朶隊隊員、酒を注いでいるのが富永、酒を注がれているのが空襲で負傷し頭に包帯を巻いてる石渡俊行軍曹

陸軍が激しい航空消耗戦を戦っている頃、海軍は関行男大尉率いる初の神風特別攻撃隊が大戦果を挙げたため、第一航空艦隊の大西は特攻には否定的であった第二航空艦隊司令長官福留繁中将を説き伏せて、特攻にのめり込んでいた[45]。海軍が連日、特攻による大戦果を発表し、NHKや新聞各社は、連日新聞紙上やラジオ放送などで、大本営発表の華々しい戦果報道や特攻隊員の遺言の録音放送など一大特攻キャンペーンを繰り広げた[46]。国民はその過大戦果に熱狂し、新聞・雑誌は売り上げを伸ばすために争うように特攻の「大戦果」や「美談」を取り上げ続けた[47]。華々しい活躍をしていると報じられる海軍に対して、陸軍の戦果報道は見劣りしており、参謀本部参謀の田中耕二少佐は、「海軍の航空隊の戦果は、誠に華々しいものであります。母艦をたくさん沈めているのに、陸軍航空は何もしてないじゃないか。しょっちゅう叱られますので、私はまったく、参謀本部に来てから2年間、毎日針のの上におる思いがしているわけであります」と当時を振り返っている[48]

陸軍による航空特攻の検討は海軍より早く、陸軍初の航空特別攻撃隊万朶隊富嶽隊の編成命令も1944年10月初めに行われているが、爆撃機を特攻専用機に改修したり、編成が海軍のように現地航空隊ではなく、日本内地の鉾田教導飛行師団浜松教導飛行師団で行われていたので、前線に到着するまでに時間がかかり、海軍の特攻に遅れをとることとなった。10月末に両隊がフィリピンに到着すると聞いた富永は喜んで、11月1日にはネグロス島で富嶽隊を迎えて、型どおりの訓示もそこそこに、富永自ら富嶽隊の隊員と冷酒を酌み交わした[49]。万朶隊に対しても「11月7日にネグロス島から帰ってくるので申告(到着の挨拶)をするように」という命じた。これは富嶽隊のときと同様な富永得意の人心掌握術で、特攻隊員を呼んで宴会を開いて酒を振る舞いたいという意図での命令であった[50]。連合軍の空襲が激化するなか、万朶隊の身を案じた第4航空軍司令部は「飛行機は危ないから車で来るように」と指示していたが[51]、隊長の岩本益臣大尉は司令部の忠告を聞くことも無く、将校4名を乗せると九九式双発軽爆撃機を操縦して、兵舎のあるリパからマニラの第4航空軍司令部に向かった[52]。岩本機は離陸後まもなくF6Fヘルキャットに見つかって撃墜され、岩本以下万朶隊全航空士官が戦死してしまった[53]。岩本らが指示を破って航空機で戦死したという報告を聞いた第4航空軍司令部は「あれほど自動車でこいと指示しておいたのに」と全員落胆したという[54]

その後、意気消沈した万朶隊隊員を激励するため、11月10日に富永は再度、「富嶽隊」隊員と共に全隊員をマニラでの会食に招いた。その席で富永は自ら万朶隊の隊員ひとりひとりに酒を酌して回り、「とにかく注意してもらいたいのは、早まって犬死にをしてくれるな」「目標が見つかるまでは何度でも引き返してかまわない」「それまでは身体を大事にしてもらいたい」と声をかけた。体当たりをせずに爆弾を投下して帰還しようと密かに考えていた佐々木友次伍長は、富永の「何度でも引き返してかまわない」という言葉に心をひかれた。富永はさらに「最後の1機には、この富永が乗って体当たりする決心である。安んじて大任を果たしていただきたい」という言葉をかけたが、それを聞いた佐々木は「これほど温情と勇気がある軍司令官なら、自分の決死の計画も理解してもらえる」と生還するという決意を強くした[55]。富永は最後に「御国の柱たらんと生れ来て君らの姿今ぞ輝く」という詩を隊員に贈っている[56]

 
出撃する万朶隊隊員と握手をする富永

万朶隊の出撃は、快晴の空が広がる11月12日となった。午前4時に富永は隊員ひとりひとりと握手をかわすと「諸子は比類なき忠節心と勇気とを持つ陛下の兵士である。諸子は万朶隊の隊員であり、神国日本の精神と正義をまさに発揮しようとしているのである」「一命は鴻毛より軽く、諸子が託されている敵艦撃沈の任務は富士山より重い」との訓示を行った[57]。万朶隊は故障で引き返した1機を除き3機がレイテ湾に突入、護衛機戦闘機から「残る3機はP-38に迎撃されつつも輸送船に体当たりした」[58]「もうもうたる黒煙を吹き沈没寸前の大型艦2隻と炎上中の小型船1隻を確認」という戦果報告がなされ[59]、第4航空軍はこの攻撃で戦艦1隻、輸送艦1を撃沈したと戦果判定し、南方軍司令官寺内寿一大将より戦死した4名への感状が授与がされることとなった[60]

続いて富嶽隊が出撃し、以後続々と特攻隊を出撃させた。特攻隊出撃前の訓示では「諸君はすでにである。君らだけを行かせはしない。最後の一戦で本官も特攻する」と訓示していた[61]。強烈な個性で敬遠する部下も多かった富永であったが、特攻隊員はよく可愛がっており、冗談を交えた声かけをし、出撃時には頻繁に見送りに来て、軍刀を振り回しながら「がんばれ、がんばれ」と大声を張り上げていたという[62]。特攻を命じられながら、敵艦を通常攻撃し何度も帰還を繰り返していた佐々木友次伍長へに対しては「おお、佐々木、よく帰ってきたな」「よくやった。これぞという目標をとらえるまでは、何度でも帰ってこい。はやまったりあせってはいかん」と親しげに声かけをし、「昼飯を一緒に食べようと思ったら、他に予定があるそうだ。せっかくだから、お土産を進呈しよう」と上機嫌で缶詰を手渡して佐々木を感激させている[63]

陸軍搭乗員の精鋭を選抜し、機体もわざわざ特攻専用機に改修しながら、万朶隊と富嶽隊の挙げた戦果は陸軍中央と富永ら第4航空軍を失望させた。参謀本部参謀の田中は「明快な(戦果の)報告が電報されてこないんですね。それでこれはどうしちゃったんだろうというようなですね、せっかく改装をして、特別選り抜きの搭乗員をあてがって、何か寂しいような感じを持ちましたですね」と回想している[64]。陸軍中央は海軍が万朶隊と富嶽隊のような爆撃機ではなく、小回りの利く零式艦上戦闘機や艦上爆撃機彗星などの小型機による特攻で成果を挙げていることを知り、明野教導飛行師団一式戦闘機「隼」などの小型機を乗機とする特攻隊を編成し[65]、「八紘隊」と名付けてフィリピンに投入した。その後に八紘隊は、富永が自ら、様々な故事から、隊ごとに一宇隊靖国隊護国隊鉄心隊石腸隊と命名している[66]。後に八紘隊は、明野教導飛行師団・常陸教導飛行師団・下志津教導飛行師団・鉾田教導飛行師団などにより合計12隊まで編成され、富永は丹心隊、勤皇隊、一誠隊、殉義隊、皇魂隊、進襲隊まで命名した[67]。八紘隊各隊は「十神鷲十機よく十艦船を屠る」と称されたほど[68]、「特攻で艦船の撃沈は無理」などとして特攻に反対していた陸軍の一部[69]の懸念を払拭し、確実に戦果を挙げるようになった[70]

第4航空軍は、艦船に対する特攻のほかに、台湾高砂族出身者、いわゆる高砂義勇兵や、高千穂空挺部隊(挺進第3・第4連隊)を輸送機により、敵飛行場に降下させる空挺特攻作戦も行った[71]。富永は多号作戦がレイテ島から出撃する連合軍機によって妨害されていることを苦々しく思っており、空挺特攻作戦と地上軍の連携により飛行場を叩くべきと考えていた。第14方面軍司令官山下奉文大将は、苦戦中のレイテ島で大規模な攻勢には消極的であったが、地上部隊の補給路を確立するためと熱く説く富永に対して地上軍が応えないわけにもいかず、また、レイテ島の飛行場の破壊は、フィリピンの防衛に有意義だとも考えて、富永の作戦を応諾した[72]。攻撃目標はレイテ島内の飛行場群と決まり、ブラウエン北飛行場に204名、ブラウエン南飛行場に72名、サンパブロ飛行場に36名、ドラッグ飛行場に104名、タクロバン飛行場に44名の合計450名の空挺隊員を空挺降下させるか、輸送機が飛行場まで空挺隊員を輸送し胴体着陸する計画であった[73]。第4航空軍による空挺作戦が「テ号作戦」、それに呼応する第14方面軍の地上作戦が「和号作戦」と名付けられた[74]。富永は「テ号作戦」に残存戦力の全力投入を決め、一式戦闘機「隼」30機に護衛された一〇〇式輸送機30機、九七式重爆撃機17機、その他の機体も含めると100機もの大編隊となった[75]。そして、輸送機に搭乗している空挺隊員は一〇〇式機関短銃を装備しており、日本軍としてはかなりの重装備の精鋭部隊であった[76]

12月6日に「テ号作戦」は決行され、各飛行場への空挺降下や強行着陸がはかられた。激しい対空砲火で次々と輸送機が撃墜され、うち、ドラッグとタクロバンに突入した14機は全機未帰還となっている。偵察機による報告では両飛行場への突入は成功したとのことであったが[77]、タクロバンでは2機の日本軍輸送機が強行着陸をはかったが、1機が撃墜され、もう1機は地上に激突した[78]。ドラッグ近辺では第8軍司令官のロバート・アイケルバーガー中将が、小雨のなかポンチョを着て野外で上映されている映画を見ていたときに、敵味方不明の輸送機がその上空を旋回し出した。アイケルバーガーらが訝しがって空を見上げていると、その後に飛んできたアメリカ軍戦闘機に追い払われ、その機が敵機であったことをアイケルバーガーらは初めて認識し肝を冷やしたが、このように富永立案の奇襲は成功し、レイテ島攻略部隊の連合軍最高指揮官があわや戦死という状況にまで至らさせていた[79]。ドラッグ飛行場では第11空挺師団英語版の師団長ジョセフ・スウィング英語版少将が下着姿でくつろいでいたが、そこに1機の日本軍輸送機が強行着陸したちまち激戦が始まった。日本軍の空挺兵は混乱を増長させるため、ベルをならしたり笛や口笛を吹いたりと大きい音を出したが、アメリカ軍は戦闘員の他に庶務係や炊事兵まで戦闘に参加して、多くの死傷者を出しながらも降下してきた日本軍空挺部隊を殲滅した[80]

次いで、ブラウエン北飛行場、ブラウエン南飛行場、サンパブロ飛行場に合計26機の輸送機が突入したが、降下に成功したのはブラウエン北飛行場とサンパブロ飛行場であった。突入した輸送機のうち20機は生還できたが、全機が激しい対空砲火で多数被弾していた[81]。ブラウエン北飛行場付近に降下した第3挺進連隊白井連隊長率いる60名の部隊がブラウン北飛行場に突入すると、飛行場にいたアメリカ軍兵士は混乱して武器を置いたまま逃走したので、指揮所を占領して、飛行場設備を破壊し[82]、アメリカ軍の兵器多数を鹵獲した[83]。空挺部隊は大きな抵抗も受けず両飛行場を占領し、飛行場設備と、C-45 エクスペディター1機、L-5 センチネル5機、その他14機の航空機を地上で撃破した[84]。戦果はただちに富永に無電で報告された。自らが主導した作戦は成功したが、各基地に最低100機の航空機があると見積もっていたので、予想外の少ない戦果に富永は不満を抱いている[85]。実は、ブラウエンの飛行場群は平年より多いレイテ島の雨で泥濘となり、使用しにくかったため、実質放棄されて、比較的地盤が安定している海岸付近に新しい飛行場の建設が進んでおり、連合軍は、ブラウエン方面には殆ど作戦機を置いていなかった。日本軍はこのことに気がつかず、実効の少ない作戦を強行した形となった[86]。それでも空挺部隊は逆襲してきたアメリカ軍と激しく戦い数日間に渡って両飛行場を確保するという目覚ましい戦績を残すが、第14方面軍の「和号作戦」はこの直後に開始された連合軍によるオルモック湾への上陸作戦で中止を余儀なくされ、富永が熱意をもって開始した攻勢は、一定の成果はあったものの失敗に終わった[87]。この空挺作戦で九死に一生を得たアイケルバーガーは戦後も長い間、このときの体験を鮮明に記憶しており、「作戦は軍事的重要性は持たなかったが、しかし、よりよい幸運に恵まれていたら、あの攻撃は軍事的重要性を持ったかもしれなかった」と富永の作戦を評している[88]

フィリピン航空決戦の破綻編集

 
陸軍特別攻撃隊一誠隊の隊員に鉢巻を手渡す富永、一誠隊は護衛空母オマニー・ベイを撃沈した

富永が「テ号作戦」を進めていた頃、連合軍の輸送艦隊が、「和号作戦」遂行中の日本軍の背後となるレイテ島西岸オルモックに迫っていた。オルモックは多号作戦による、日本軍の補給物資や増援部隊を揚陸する拠点ともなっており、オルモックの失陥は、レイテ島での作戦行動の崩壊に直結した[89]。レイテの詳細な戦況の情報を把握していない南方軍は、一定の成功を収めていた「テ号作戦」の続行を指示してきたが[90]、富永はそれを一蹴してオルモックに迫っている連合軍艦隊に集中攻撃を加えた。「天号作戦」で戦力を喪失していた第4航空軍は、本来艦船攻撃には適さない一〇〇式重爆撃機までも特攻に出撃させた。この特攻により「艦船1隻、輸送船5隻、舟艇20以上を撃沈」という多大な戦果報告がなされたが、実際に撃沈されたのは駆逐艦マハン、高速輸送艦(輸送駆逐艦)ワード、 中型揚陸艦LSM-318の3隻に過ぎなかった。第4航空軍は、海軍に遅れて特攻を開始したせいもあって常に過大な戦果報告を行っていた[91]。多少の損害を受けたものの上陸作戦に支障はなく、オルモック湾内のデポジト付近の海岸に上陸したアメリカ陸軍第77歩兵師団はオルモック市街に向けて前進を開始した。背後に上陸され虚を突かれた形となった日本軍であったが、体勢を立て直すと激しく抵抗し、第77歩兵師団は上陸後の25日間で死傷者2,226名を出すなど苦戦を強いられた[92]。連合軍は大きな損害を被りながらもオルモックを確保したが、この上陸作戦によってレイテの戦いは終局に向かっていくこととなった。

レイテの戦いの大勢が決した頃には、連合軍はレイテ島を基地として、フィリピン各島の攻略を開始したが、第4航空軍はこれまでの富永による積極的な航空作戦で消耗しきっており、限られた戦力での戦闘を余儀なくされていた。12月13日には、偵察機が約80隻の連合軍艦隊を発見、第4航空軍はこの艦隊が陸軍航空隊の飛行場群があるネグロス島への侵攻と判断し[93]、富永は、手元に残っていた一宇隊(一式戦「隼」)など5機を出撃させた。もはや、尽きかけた特攻機を構わずに投入し続ける富永の作戦指導は狂乱に近いものになってきたが、出撃した特攻機は少ないながらも上陸支援艦隊の旗艦で、マッカーサーの旗艦でもあった軽巡洋艦「ナッシュビル」に突入した。しかし、この日はマッカーサーは乗艦しておらず、大殊勲とはならなかったが、ナッシュビルには攻略部隊を率いていたアーサー・D・ストラブル少将が座乗しており、ストラブル自身は無事であったが、攻略部隊の多くの指揮官や幕僚を含む325名の大量の死傷者を生じて艦は大破し、ミンドロ島上陸作戦に少なからず影響を与えた[94]

ミンドロ島攻略部隊をネグロス島への侵攻と誤認していた富永は、さらにストラブルの艦隊に攻撃を行うこととし、第5飛行団でわずかに残っていた9機の100式重爆撃機に全力特攻を命じた[95]。参謀長の隈部らが鈍重な重爆を白昼に出撃させると敵戦闘機の餌食になるだけだと反対意見を述べたが、日々の心労で不眠症となっていた富永は、感情の移り変わりが激しくなっており、部下の忠告を聞くような状態ではなくなっていた[96]。富永の命令を受けた重爆隊は重爆の特性を理解しない航空用法に反発し、飛行団長の山本は攻撃隊長に「弾を落として帰ってこい」と体当りをせずに、今まで訓練してきた跳飛爆撃で攻撃し帰還するように指示したが、隊員らは初めから生還は考えておらず、遺品を整理し下着を取り替えて出撃した[97]。重爆特攻の9機は「菊水隊」と命名され、13機の一式戦闘機「隼」の護衛付きで出撃したが、敵艦隊に達する前にアメリカ軍艦載機の迎撃を受けて「敵戦闘機に襲わる!」との悲痛な打電を最後に全滅した[98]。撃墜された100式重爆撃機から海上に投げ出されたサイトウジュウロウ軍曹(氏名の漢字不明)1名がアメリカ軍に救助されて捕虜となっている[99]。この「菊水隊」の特攻出撃は、作戦指導に冷静さを欠いていたこの時期の富永の暴挙であったと非難されることも多い[100]

連合軍のルソン島上陸が迫っていると考えた第14方面軍司令官山下奉文大将は、マニラは多くの民間人が居住しており、防衛戦には適さないため、オープン・シティとすべく、富永に撤退を散々促していた。しかし、富永は「すでに多くの特攻機を送り出している。マニラを離れるわけには行かない」と主張してマニラ放棄を拒否した[101]。富永のほかに、マニラ駐留の第31特別根拠地隊(司令官:岩淵三次海軍少将)やレイテ沖海戦などでの沈没艦の生存者で編成された海軍陸戦隊マニラ海軍防衛隊」(マ海防)もマニラ放棄を拒否した。富永は、陸軍士官学校の同期で個人的にも親しかった第14方面軍参謀長武藤章中将に「航空隊が山に入ってなにをするのだ?」と不満を明かしたところ、武藤も理解を示して「燃料も航空機もない山中に航空司令部が固着しても意味はない。(第14方面軍司令官司令部のある)バギオに来て山下閣下と相談し、台湾に下がって作戦の自由を得た方がよい」と台湾で戦力の再編成を勧めるような提案をしたが、富永が山下に相談に行くことはなかった[102]。この間、富永は心身の消耗を理由に南方軍に対して司令官の辞任を2度も申請していたが、決戦の最中に司令官を交代することはできないとして拒否された[103]。この頃富永は体調不良として病床に伏せることが多くなっていた[104]

富永が主導した特攻は、海軍の戦果ともあわせると100隻以上の連合軍艦船を撃沈破しており、連合軍を恐怖に陥れ[105]、連合軍南西太平洋方面軍のメルボルン海軍部は、「ジャップの自殺機による攻撃が、かなりの成果を挙げているという情報は、敵にとって大きな価値があるという事実から考えて、太平洋海域司令官は担当海域におけるそのような攻撃について、公然と議論することを禁止し、かつ第7艦隊司令官は同艦隊にその旨伝達した」と指揮下の全艦艇に対して徹底した報道管制を引いたが、この検閲は太平洋戦争中でもっとも厳重な検閲となっている[106]。南西太平洋方面軍司令官のマッカーサーは自身が関係したいわゆる「バターン死の行進」について、陸軍中央から報道管制を引かれて忸怩たる思いを抱いており、報道管制には否定的であったが[107]、特攻に対しては「カミカゼが本格的に姿を現した。この恐るべき出現は、連合軍の海軍指揮官たちをかなりの不安に陥れ、連合国海軍の艦艇が至るところで撃破された。空母群はカミカゼの脅威に対抗して、搭載機を自らを守る為に使わねばならなくなったので、レイテの地上部隊を掩護する事には手が回らなくなってしまった」と評するなどかなり警戒していたので[108]、特攻が及ぼす大きな影響を鑑みて報道管制を命じている。しかし、多大な損害を被りながらも、連合軍は着実に進撃を続けており、特攻は結局のところは遅滞戦術のひとつに過ぎないことも明らかになっていた[109]。旗艦の「ナッシュビル」は特攻で離脱させられたので、軽巡洋艦「ボイシ」に乗り換えたマッカーサーは、いよいよ念願のルソン島上陸に着手することとした。1945年1月4日に800隻の上陸艦隊と支援艦隊を率い、1941年に本間雅晴中将が上陸してきたリンガエン湾を目指して進撃を開始したが、そのマッカーサーの艦隊に立ちはだかったのが特攻機であった[110]

1945年1月4日、この日出撃する一誠隊全員に富永は自ら鉢巻を手渡して、隊員一人一人と熱く握手を交わした[111]。出撃した一誠隊隊長津留洋中尉は、護衛空母「オマニー・ベイ」に発見されることなく1,200m以内の位置まで達すると急降下を開始、まったく対空砲火を受けることも無くそのまま飛行甲板の右舷側側に激突した。火のついた航空燃料が飛行甲板上に並べられた艦載機に降り注いで大火災を発生させ、機体と搭載爆弾は飛行甲板を貫通して格納庫で爆発した。その後に「総員戦闘配置につけ」のブザーが鳴ったが既に手遅れで、艦載機と弾薬が次々と誘爆をおこし、特攻機が突入したわずか23分後には戦死者93名を残して「総員退艦」が命じられた[112]。1機で護衛空母1隻を葬った殊勲の津留は1回目の出撃で不時着して生還しており、それから毎日戦闘指揮所にやってきては、所属する第30戦闘飛行集団の副官金川守雄中尉に「いい目標が出たら、いつでも出ますよ」と出撃を嘆願しに来たという。出撃日も「きょうは、やりますよ」と怯むことなく出撃したので、津留の殊勲の報告を受けた金川は「とうとう彼もやりおった」と目頭が熱くなるのを覚えて、津留の覚悟を知っていた団長の青木武三少将も喜んでいたという。「オマニー・ベイ」は陸軍が沈めた唯一の空母となった[113]

しかし、連合軍は特攻が有効と日本軍に悟られないため、いくら損害を出しても進むことを命じられていた[114]。1月5日に偵察機から、22隻の空母に護衛された600隻の大船団が100Kmに渡って北上中という報告を聞いた富永は、連合軍がリンガエン湾上陸を意図しているのは明らかであると判断、第30戦闘飛行集団などの残存兵力で全力を挙げての特攻を命じ[115]、自らは今まで主張してきたマニラでの玉砕を撤回し、「山下大将の名誉を傷つけぬ」と述べて、1月7日にエチアゲへの撤退を決めた。撤退に際しては、全力特攻を命じつつも、四式戦闘機「疾風」4機を護衛に差し出せという命令も出している[116]

エチアゲに撤退した富永は、第4航空軍に残存兵力を結集し、リンガエン湾に侵入してきた連合軍艦隊への全力特攻を命じた。1月5日から1月10日までの全力特攻で、海軍の特攻機を含めた戦果は、駆逐艦1隻、弾薬を満載した輸送船1隻撃沈、戦艦4隻、巡洋艦5隻、護衛空母1隻、駆逐艦5隻撃破と特攻開始してからの最大の戦果となった[117]。なかでも重巡洋艦「ルイビル」に突入した石腸隊あるいは進襲隊の九九式襲撃機は、機体や爆弾でルイビルに甚大な損害を与えるとともに、火がついた航空燃料をまき散らして、それを全身に浴びたスリガオ海峡戦で第2戦艦部隊を指揮したセオドラ・チャンドラー英語版少将が重篤な火傷を負って戦死した[118]。チャンドラーは真珠湾攻撃でのアイザック・C・キッド少将、第三次ソロモン海戦でのダニエル・J・キャラハン少将とノーマン・スコット少将と並んで、第二次世界大戦中に戦死したアメリカ海軍最高階級の将官となった[119]。他にも戦艦「ミシシッピ」に一誠隊(一式戦「隼」)、軽巡洋艦「コロンビア」に鉄心隊あるいは石腸隊(九九式襲撃機)、がそれぞれ突入し大きな損害を与えた。日本軍は陸海軍ともに、熟練した教官級から未熟の練習生に至るまでの搭乗員が、稼働状態にある航空機のほぼ全機に乗り込んで、リンガエン湾の連合軍艦隊に襲いかかった。大規模な特攻を予想していた連合軍は、全空母の艦載機や、レイテ島、ミンドロ島に進出した陸軍機も全て投入して、入念にルソン島内から台湾に至るまでの日本軍飛行場を爆撃し、上陸時には大量の戦闘機で日本軍飛行場上空を制圧したが、富永ら第4航空軍司令部は、連合軍の空爆をやり過ごすため、白昼には特攻機を林の中などに隠させて、夜間に破壊された滑走路を迅速に修理させ特攻機を出撃させた。ときには遊歩道からも特攻機を出撃させることもあったという。第4航空軍の巧みな特攻機の運用によって、圧倒的に制空権を確保していた連合軍であったが、特攻機が上陸艦隊に殺到するのを抑止することができなかった[120]。また、特攻以外でも、1月7日には敵艦を攻撃するため爆装して出撃していた第71戦隊の四式戦闘機「疾風」2機が、アメリカ陸軍航空隊のエーストーマス・マクガイア少佐率いる4機のP-38と空戦に突入、マクガイアともう1機を撃墜し、両機とも生還する(機体は被弾多数で大破)という完勝劇を演じている[121]

旗艦の「ボイシ」艦上で特攻機との戦闘を見つめていたマッカーサーは「奴らは我々の軍艦を狙っているが、ほとんどの軍艦は一撃をくらっても、あるいは何発もの攻撃を受けても耐えうるだろう。しかし、もし奴らが我々の兵員輸送船をこれほど猛烈に攻撃してきたら、我々は引き返すしかないだろう」と特攻は上陸作戦の成否を左右させかねないと懸念を示し[122]。上陸部隊を支援していた第77.2任務群指揮官ジェシー・B・オルデンドルフ少将は「日本軍の特攻機は大した妨害も受けずに攻撃を実施することが可能のように見受けられる」「これ以上さらに損害を受けると、現在の作戦及び今後の重要な作戦に、重大かつ不利な影響を与えるかも知れない」「特攻機が輸送艦を攻撃した場合、その結果は悲惨なものになるかもしれない」という切実な戦況報告を行ったが[123]、日本軍は陸海軍ともにこの攻撃でほぼ航空機を使い果たしてしまい、こののちは散発的な攻撃しかできなかった。陸軍のフィリピンにおける最後の特攻出撃となったのが1月13日となり、この日、精華隊の2機の四式戦「疾風」が出撃[124]、うち1機が護衛空母「サラマウア」に命中、機体と爆弾は次々と甲板を貫通し最下甲板まで達し、搭載爆弾は機関室英語版で爆発。そのため、サラマウアは操舵、航行不能となり、発生した火災で格納庫も炎上し、95名の死傷者を出すなど甚大な損傷を被ったが沈没は逃れた[125]。最後まで特攻で大損害を被ったアメリカ軍のなかでは、日本軍がフィリピンにあと100機の特攻機を保有していたら、連合軍の進攻を何ヶ月か遅らせることができたという評価もある[126]

フィリピン戦で陸軍航空隊は210機を特攻に投入し、251名の搭乗員を失っている[127]。そのうち第4航空軍の特攻機は148機で、これは第4航空軍の通常攻撃を含めた艦船攻撃での総損失機数342機中で43.2%を占めたが[128]、フィリピン戦における日本陸海軍合計での特攻による損失機数650機は、戦闘における全損失機数約4,000機の14%に過ぎなかった[129]。一方で連合軍は、特攻によりフィリピンだけで、22隻の艦艇が沈められ、110隻が撃破された(海軍の戦果も含む)。これは日本軍の通常攻撃を含めた航空部隊による全戦果のなかで、沈没艦で67%、撃破艦では81%を占めており[130]、特攻は相対的に少ない戦力の消耗で、きわめて大きな成果をあげたことは明白であった[131]。この結果について、富永の命令によって、所属の重爆撃機を「菊水隊」という名前で、無理な白昼の特攻出撃をさせられ全滅した第5飛行団の飛行団長小川小二郎大佐からは、「一億国民の体当りを呼号し、特別攻撃隊を石つぶてのごとく乱投せる第4航空軍司令部の真の正体をあらわしたるものなりき」などと、特攻に偏りすぎた無能拙劣なものであったと非難されているが[132]、一方で特攻に痛撃を浴びせられたアメリカ軍は「特攻が開始されたレイテ作戦の前半には、レイテ海域に物資を揚陸中の輸送艦などの「おいしい獲物」がたっぷりあったのに対して、アメリカ軍は陸上の飛行場が殆ど確保できていなかったので、非常に危険な状況であったが、日本軍の航空戦力の主力は通常の航空作戦を続行しており、日本軍が特攻により全力攻撃をかけてこなかったので危機は去った。」と特攻への戦力投入が少なかったので危険を脱したと評価していた[133]アメリカ太平洋艦隊司令チェスター・ニミッツ元帥も、フィリピン戦で特攻により被った損害を見て「特別攻撃隊という攻撃兵力はいまや連合軍の侵攻を粉砕し撃退するために、長い間考え抜いた方法を実際に発見したかのように見え始めた」と特攻が大きな脅威になったと評していた[134]

台湾への無断撤退編集

 
終戦直後の1946年に制作された日本映画社の映画『日本の悲劇 自由の声』で批判される富永

特攻機を送り続けることの過大な精神的負担と、山下との意見相違で次第に心身ともに病んできた富永は、いつも短刀を懐にしのばせつつ、怪我もしていないのに首に真っ白な包帯を巻くなどの奇行が目立つようになり[135]、また、寝込むことが多くなって従軍看護婦の介助を必要としたが、デング熱の高熱の症状もあって感情的になることも多く、参謀らにあたりちらすようになっていた[136]。特に不眠症による癇癪が酷くなり、睡眠を妨げるとして自分の宿舎の前の車両通行禁止とか、鳥が喧しいので鳥を全部捕ってしまえなどという理不尽な命令をすることもあった[137]。心身ともに衰弱している富永を見かねた参謀長の隈部は、富永を退避させることを名目に、第4航空軍司令部を台湾に撤退させることを計画し幕僚らと協議した[138]。1月10日に富永不在の幕僚会議で「一部兵力をルソン島に残し、第14方面軍のための指揮連絡、捜索に任じせしめ、主力は台湾基地を活用して方面軍に強靱な航空支援をするほか手段がない」と結論づけた。12日に第14方面軍の参謀も兼任していた佐藤参謀が、方面軍首脳に意見具申し、松前、渋谷両参謀が台湾に飛んで第10方面軍に協力を要請した[139]

隈部らの計画は第4航空軍を台湾に撤退させた後に、戦力を補充してフィリピンを支援するというものであったが[140]、直属の第14方面軍にも台湾の第10方面軍にも打診していただけで正式な許可があっていたわけではなかった。第14方面軍の山下は富永がマニラを撤退したことから、佐藤の報告を好意的に受け取って「富永はよくエチアゲに撤退してくれた。これで方面軍の面目も立つ、台湾の件は意見具申の電報を起案しておけ」と命じている[141]。第4航空軍が正当な手続きを経て台湾に後退するためには、第14方面軍の指揮下から外れて、台湾を管轄する第10方面軍の指揮下に入らねばならなかったが、第14方面軍に了承の意図があっても、最終的には南方軍を経て大本営の許可が必要であった。ただし、大本営にはニューギニアからフィリピンまで敗退を続けている第4航空軍を、フィリピン決戦と運命を共にさせようという意図もあって、撤退の許可は簡単には出さないものと考えられた[142]

しかし、エチアゲにも連合軍の空襲が始まると、参謀長の隈部はいずれ撤退の許可がもらえることを前提にして、心身ともに衰弱の激しい富永を台湾に「視察」に行かせるといく名目で撤退させることとし[143]、富永には、入浴中に隈部が「第4航空軍の台湾移動の命令が出た」嘘の報告をして、台湾への撤退を同意させている[144]。そして、隈部らは撤退用の航空機をどうにか準備すると、富永を台湾に逃がすための口実として「隷下部隊視察」との名目で台湾行きを大本営に申請していたが、やがて陸軍参謀総長からの台湾視察承認の電文が届いたので、これを台湾撤退許可と解釈し[145]、1月16日に富永はエチアゲ南飛行場から、当時の陸軍機で最高速の一〇〇式司令部偵察機に富永を乗せて脱出を行ったが、滑走路をオーバーランし乗機が破損してしまった[146] 。しかし、すぐに第三十二戦隊に属する九九式襲撃機[147]に乗り換えると、随行者の内藤准尉の九九式襲撃機、そして一式戦闘機「隼」2機の護衛付きでエチャーゲ南飛行場を飛び立った。だが、バシー海峡に入ると悪天候で視界不良だったために引き返し、トゥゲガラオ飛行場に着陸した。翌17日、今度は内藤機の他「隼」4機の護衛でトゥゲガラオ飛行場を離陸し台湾台北飛行場に着陸した[148]

台湾撤退に関しては、富永は戦後も一貫して「参謀長の隈部から虚偽の報告を受けた」としていたが[149]、第4航空軍は大本営から1944年9月21日付「大陸指第2170号」にて作戦のため南部台湾を使用してよいとの命令を受けており、富永自身も「幕僚を無駄に死なせては相済まぬ」としてエチアゲよりさらに“安全な地域”への後退も考えていた[150]。しかし、常々、「君らだけを行かせはしない。最後の一戦で本官も特攻する」と訓示して多数の特攻機を出撃させ、「マニラを離れては、特攻隊に対して申し訳ない」と殊勝なことを言っていた手前、“安全な地域”への後退について幕僚らに、自分からは何の意思表示もできなかったという。一方で富永は隈部らがルソン島に残っての航空作戦の続行の可能性について疑問視していたことも察知しており、台湾撤退は、富永も、隈部ら参謀とも同じ意向であった[151]。富永は軍司令官就任当初から「幕僚統帥を絶対にやらぬ」と決めていたとおり、これまで航空作戦を独断で進めており、それは病床に伏すようになってからでも変わらず、また、人事局長や陸軍次官といった官僚的な職務に長く就いてきたこともあって、形式に拘り枝葉末節のことにやかましかったので、入浴中に、「台湾に転進せよ」との命令があったとする隈部の口頭だけでの報告を、後で自ら検証することなく「自分の軽率を恥じねばならぬ。自分の手落ちを認めねばならぬ」と盲信するはずはないと言う指摘もあって[152]、富永を診察していた中留軍医部長は、「台湾に下がって爾後の作戦を講ずるというのが司令官の決意である」と富永の本心を見抜いていた[153]

富永は台湾に到着すると早速第10方面軍司令部に赴き、司令官安藤利吉大将に「第4航空軍は第10方面軍の指揮下に入って作戦する」旨の申告を行ったが[154]、安藤は憔悴しきった富永の姿を見て驚くと共に、当惑した表情で「大本営からそのような電報はきていませんが」と答えた[155]。ここで富永は初めて隈部が報告した「第4航空軍司令部の台湾後退許可」は誤りであったと認識したと述べている。これで富永は無断で任務を捨てて、敵前から逃亡したこととなった[156]。しかし、富永は後退許可が誤りであると知っても、フィリピンに戻ることは無く、北役温泉の兵站宿舎に投宿した[157]。この宿舎は旅館を借り上げたものであり、富永は最上級の部屋におさまり、宿の着物を着てくつろいだ様子だったという[158]。しかし、その日の夜中には特攻隊員の位牌に灯明をともし、一心に祈っている姿も見られている[159]

異常な気持ちで一夜を過ごした富永は翌18日に積極的に行動し、まずは富永の命令で台湾に撤退してきた隈部をサイゴンの南方軍総司令部に説明に向かわせ、富永は、第14方面軍の持久作戦策を見直させて積極策に打って出るよう指導して欲しい、そのために第4航空軍は台湾を使用して航空作戦を行う必要があるとする意見を、本来であれば直接参謀本部に発信できない規則に違反して、参謀次長宛に発信している[160]。しかし、この富永の動きは全て裏目に出て、南方軍総司令官寺内寿一大将は、富永の無断撤退に唖然とするとともに、自分らを飛び越して直接、第14方面軍を誹謗するような意見具申をしたことに激怒して、21日に「統帥の神聖を保持する所以に非ずと考え本官の甚だ遺憾とする所なり」とする、第4航空軍司令官を名指しで極めて強い口調で叱責する異例な電文を第10方面軍宛に発信している[161]。そして、報告にきた隈部を寺内は自ら直接激しく叱咤している。しかし、寺内は、今更第4航空軍司令部を比島に戻しても意義が少ないため、これを追認し、正式に軍の後退を許可した[162]

1月25日には、以前に第4航空軍の台湾後退を山下に打診した佐藤参謀が事後承諾を求めに行ったが、前向きに評価していたとは言え、正式な許可が出る前に撤退した富永に対して山下は激怒しており、佐藤が「飛行機を持たない航空軍が、山の中に潜居していても仕方が無い」「それよりもすみやかに台湾に移り、そこで軍を再建して、台湾からルソン作戦を支援する方が悧巧」という富永の意見を苦しげに伝えると、山下はまず「バカッ!」と一喝し「兵はどうなるのだ兵は?それが悧巧だと言って、さっさと台湾に移れるのか?」「台湾に行って飛行機があるほどなら、どんどんきているはずだ」と厳しい言葉を投げかけたが、そこで富永と親しく、以前に富永に台湾後退を提案した参謀長の武藤が「独断専行したことはけしからん事です。そのことで弁護の余地はありません。しかし、彼としては、一日も早く航空軍の体制を整えたかったのでしょう。どうか許してやってください」と擁護した。山下は「だが台湾に行ってみたところで飛行機なんてありはせんよ、それよりも部下を残していった気持ち、その気持ちがわしは悲しいのだ」と言い放つと、そのまま武藤と佐藤を下がらせた[163]。ほかに、佐藤に対し山下は語気鋭く「部下を置き去りにして逃げるような奴に何ができるか!」と面罵したという証言もある[164]。結局、山下も寺内と同様に「すんでしまったものは仕方が無い」と事後承諾した[165]

富永の無断撤退は世上一般には命が惜しくて台湾に逃げ帰ったと非難されることが多く、作家の高木俊朗は「富永軍司令官は詭計をもって逃げ去った」「はじめに美名あり、終りは無恥と無責任であった。これが富永軍司令官の正体であった。しかしこれは富永軍司令官ひとりのことでなく、軍部に多くに共通する性格であった」と極めて厳しい言葉で富永を非難し、さらにその非難は日本軍の体質にまで及んでいるが[166]、陸軍士官学校55期生で、太平洋戦争では司令部偵察機搭乗員として実戦も経験し、終戦時には大尉で航空士官学校区隊長を務め、戦後には防衛庁戦史室で戦史を研究し戦史叢書の編集にも携わった生田惇は、命が惜しくて逃げ帰ったとする富永への非難は、自らも叩きこまれてきた日本陸軍の高級士官の心構えから見ても見当違いであり、上級の士官になればなるほど、状況不利でも挽回の努力をすることが必要であり、富永が台湾に退却しないと満足な航空作戦ができないと判断したのは、戦略的な判断としては正しかったと擁護している。一方で、戦い敗れて挽回できなかったときは、命を惜しんだと誤解され、卑怯と冷笑されるのは高級軍人の宿命である。とも指摘している。また、長期に渡って大量の特攻機を運用してきた富永には余人には伺い知れぬ心労があったはずで、最後まで「決戦」の意志を貫いた意志力は評価に値するが、山下からマニラでの決戦を避けて持久戦をおこなうべしとの命令を受けて、今までその意志力を支えてきたものが崩壊し、常軌を逸した行動に出てしまったのでは?と同情している[167]。高木と同様に従軍記者として特攻隊を取材した経験を有する作家の山岡荘八も、「富永中将だけを責めようとは思わない。中将は病気のために判断を誤ったのか、さもなければ同期である武藤中将の弁護の通り、一時でも早く空軍を再建しなければとするあせりと病気が重なって、山下大将のいるバギオまでいけない肉体条件のまま、参謀たちに無理に台湾行きの機体に担ぎ込まれた」と擁護しつつも、台湾に脱出したのちの活躍がなかったのが残念としている[168]

残された幕僚たちも順次台湾に撤退し、1月18日には隈部が「各部隊は現地において自戦自活すべし」との命令を出し、夕方になってからエチアゲ南飛行場を出発し、台湾の屏東飛行場に脱出する。19日からは第4航空軍の幹部も脱出を開始したが、21日には司令部の各部部長が搭乗した機が撃墜され[169]、また、他の1機は、連絡無く台湾澎湖諸島の海軍基地上空を飛行したため、海軍の高角砲で同士討ちされて、兵器部長小沢直治大佐、経理部長西田兵衛大佐、軍医部長中留金蔵大佐や溝口高級副官などの多くの第4空軍幕僚が戦死するといった混乱もあった[170]

司令部が台湾に逃亡したのち、搭乗員や整備兵といった航空要員は、育成が困難な特殊技術者でもあるため、優先的に台湾に避難させることにした。これには陸海軍の協力体制が構築され、輸送機、練習機、爆撃機など人員を多く乗せることができる機体がルソン島北部トゥゲガラオ飛行場と台湾を往復してピストン輸送を行った[171]。しかし制空権は連合軍に握られており、航空機では一度に輸送できる人数が限られていることから、海軍が3隻の駆逐艦を救援に出すこととしたが、台湾を出てルソン島に向け航行中に「」が空襲により撃沈され、残り2隻も引き返した。やむなく海軍は潜水艦を出すこととし、8隻の呂号潜水艦を準備したが、作戦を察知したアメリカ軍の潜水艦バットフィッシュに待ち伏せされ、呂112呂113が撃沈されて、ルソン島に到着し航空要員の救出に成功したのは呂46のみであった。しかし、航空機のピストン輸送と呂46に救出された航空要員は相当数に上り、日本軍航空史上では未曾有の大輸送作戦となった[172]。輸送機には、従軍記者や[173]、従軍看護婦や、日本軍が愛用していたマニラの料亭「広松」の女将や芸者といった女性も軍属扱いで優先的に搭乗できたが[174]、佐々木ら特攻隊員の生き残りや地上要員など多数がルソン島にそのまま残された。置き去りにされた約1万の第4航空軍の残存将兵は山下が率いる尚武集団に動員され伍長の小隊長、准尉の中隊長といった奇妙な編成で満足な小銃もなかったが[175]、決して烏合の衆ではなく、ルソンに残った第2航空師団参謀長猿渡篤孝大佐の作戦指導のもとで、高い士気で鉄の団結を作り上げて[176]、バレテ峠やサラクサク峠では「東京を救おう」を合い言葉に、山下が指示した徹底した拘束持久作戦を戦って、連合軍を長い期間足止めしたが、激戦と飢餓や病気により多くの将兵が命を落とした[177]

詳細は「ルソン島の戦い」を参照。

富永ら第4航空軍の台湾撤退の目的は、台湾で戦力を回復させてルソン作戦を支援するといったものであったが、自分らの無断撤退に対する釈明や追認手続きに追われることとなり、その余裕もなく、また新たに指揮下となった第10方面軍からも冷遇されており、とても戦力の回復ができる状況ではなくなっていた。それでも、高級参謀の松前や参謀の渋谷などによって1月25日に「第4航空軍作戦指導方針」が策定されたが、それを進める手立ても無く、1月末から2月初めには陸軍中央部から航空作戦主任者が、第4航空軍の戦力状況に視察にきたが、これは第4航空軍の解隊を前提とした視察であった[178]。このときの第4航空軍の戦力は、台湾に88機(稼働機27機)、フィリピンに56機(稼働機17機)の稼働機合計45機と、司令部要員56名、空中勤務者223名、航空技術部員61名であった。この頃の富永は体調は回復しつつあったが、もはや作戦に対する熱意を失っており、第4航空軍司令官として何らかの動きをすることもなく、ただ処分を待っているという状況で、幕僚らも同様であった[179]。2月13日、大本営は第4航空軍司令部の解体を発令したが、富永については上部組織の追認があったことから、処分は待命にとどまった[180]。この処分は厳正を欠くという批判も多かったが、、富永の病状は正常な判断能力がない水準にあるという、人事当局の判断から決定された処分であった[181]。その後、5月5日予備役編入の処置がとられた[182]。しかし、「死ぬのが怖くて逃げてきた人間を予備役にして戦争から解放するのはおかしいのではないか」という根強い批判もあって[183]、7月に召集し、第139師団の師団長として満州敦化に赴かせた[184]。この部隊は関東軍の主力が南方に転出した後の穴埋め用根こそぎ動員部隊の一つである。8月のソ連参戦、終戦の後、富永はシベリアハバロフスク収容所に抑留された。

戦後編集

 
日本に帰国し支援者に歓迎される富永、歩行が困難となっており杖をついている

捕虜となった富永は、ハバロフスクの収容所に一時拘禁されたのち、モスクワに護送され、ルビャンカの監獄に拘置された。ソ連の諜報員で戦後ソ連当局に逮捕されて禁固刑に処されたレオポルド・トレッペルによれば、ブティルスク監獄において冨永と同室だったとしている[185]。富永は、大使館付の武官補佐官として、ヨーロッパ方面にいる白系ロシア人と連絡を取るためフランスに派遣されたり、関東軍の参謀時代にも対ロシア諜報や謀略に携わり、参謀本部の作戦部長のときは東條の下で対ソ連攻撃計画にも深く関与するなど、常にソビエト連邦と密接な関係を有する職務にあったので、尋問は非常に綿密に行われたが、富永がなかなか核心に触れなかったので、尋問は長期に渡って行われ、その期間は6年もの長きに渡った[186]。しかし、その尋問で富永が、1941年のソ連攻撃計画(いわゆる関東軍特種演習)について「私は宮中に行き、天皇と閑院宮載仁親王にこの計画を説明した」「数日後、天皇はこれを承認した」という自供をしたとされ、この自供は天皇の戦争責任を追求するためのソビエト連邦のプロパガンダとして利用されて、1946年8月31日にはモスクワから全世界に向けてラジオ放送されている[187]

その後、1952年1月モスクワ軍管区の軍法会議にかけられ、当初は死刑を求刑されていたが、懲役75年の判決が確定して、シベリア鉄道バイカル・アムール鉄道(バム鉄道)の沿線となるタイシェットのラーゲリに送られた。バム鉄道沿線のラーゲリの労働条件はもっとも厳しく、特にバム鉄道の建設に従事させられた抑留者は「枕木1本に日本人死者1人」と言われたぐらい死亡者が多かったという[188]。そのような環境下で、富永は将官であったからといって特別扱いを受けることは無く、一般の兵士と同様に、材木のノコギリ引き、建材製造、野菜の選別、雪かき、掃除等の重労働が課せられた。その後も、2年で4カ所のラーゲリを転々とさせられ、ラーゲリ内では看守から踏んだり蹴ったりという暴力を振るわれていたという[189]

ラーゲリでは、ソ連側の政治教育が継続的に行われていたが、もっとも重要視されたのは、天皇制破壊、天皇制打倒だった。ソ連は教育を受け入れた者は早めに帰国させるという条件を出していたので、早く故国に帰りたいという一心でソ連の政治教育を受け入れた抑留者も多かったが、富永はそれをはねのけていたという。そのためか体調がすぐれない富永に他の健常者と同様な強制労働が課せられていたが、同じ抑留者たちが富永を支えてくれたので、どうにか生き長らえることができた。しかし、1954年春に高血圧症から脳溢血を発症して入院、医師の診断の結果、今後、強制労働につくのは無理とされて、裁判により釈放が決定された。富永はその判決を病院までわざわざ出向いてきた裁判官から直接聞かされたという[190]

1955年(昭和30年)4月18日、引揚船「興安丸」で舞鶴港に帰国し、多くの旧軍人ら関係者たちが出迎えた。10年間の抑留生活と脳溢血の影響ですっかりと身体は弱っており、ひとりで満足に歩行できず、しゃべるのも困難となっていた[191]。帰国した富永は早速、「幾多純忠の英霊に対し敬虔な祈りを捧げたい」として靖国神社を参拝すると、「シベリアでわが将兵、わが同胞が現在なお、いかに苦しい思いをしているかを説明し、帰還を促進してもらうよう陳情します」と、自分と同じ境遇ながらまだ帰国を果たせないシベリア抑留者の解放に向けて尽力することとし[192]国会参考人として自身の体験を証言すると共に、日本政府に問題解決を訴えている[193] 。国会では、相馬助治参議院議員から、「率直に申して、あなたの評判はきわめてまずい。いわゆるフィリピンから引き揚げられたときのことがいろいろジャーナリストの諸君によってうわさされております。おそらく、あなた自身にしては御迷惑な思慮判断等によって不当の批判を受けている面もおありと私は思うのです」と、帰国後に雑誌サンデー毎日などから、台湾への無断撤退について批判されたことの質問がなされているが、富永は「皆、私の不徳不敏のいたすところでございまして、私としては、この敗軍の将たる私が、別に私から御説明申すことは一言もなく、ただすべて私の不徳不敏のいたすところと、深く皆様方を初め国民の各位におわびを申すほかはございません。みな私の至らぬ不敏不徳の結果でございまして、いかなる悪評をこうむりましても、私としては何の申し上げようもございません」「この点は、私は一身をもってこの責任を負いまして、すべての悪評はすべて一身に存することを覚悟いたしております」「この間のサンデー毎日なんかにも、私の信頼する幕僚にあたかも罪あるがごとくに書いてございましたけれども、これは全くそうではございません。私が皆悪いために、ああいう批評を受ける次第でございます。どうかそのおつもりで、私の周囲の者に何らの罪もなければ、何らの責任もなく、すべて私が負うべき責任でございます。この点はくれぐれも御了承をお願いいたします。」と答え、敗軍の将の自分が語ることはなにもないが、全ては自分の責任であったと陳謝している[194]

その後も、一部マスコミや、戦争責任を追及する国民や、特攻隊員の遺族らから厳しく非難された。富永の家族は空襲で焼け出されて自宅を失い、長男富永靖陸軍大尉の戦死の通知も、高官の子息で特攻での戦死ながら戦死公報1枚で済まされ、終戦後は、富永が長期に渡って抑留されている間、旧軍人に対する国の援助が打ち切られる中で妻女が2人の子供を抱えて非常に苦労しており、富永の帰国時に、妻女がマスコミの取材に対し「喜びの乾杯をあげたい」と素直に答えたところ、富永とその家族が、当時の軍人家族の特有の思い上がりと無反省が見られるなどとして、主に新聞の投書欄でバッシングされた[195]。そのバッシングに対しては、富永の息女などの親族や、陸軍士官学校の同期で東京大学法学博士軍事評論家軍事史家松下芳男など、富永の人間性を知る旧軍人[196]や特攻隊員の一部の遺族、また長期の抑留生活で弱り切った富永に同情する国民などから反論もあって、大きな論争を引き起こす中で[197]、富永自身は、国会で証言した通り「敗軍の将は兵を語らず」を実践し積極的な発言は控えていた。後年には「比島航空作戦の懺悔」とする手記を纏めたが、その手記には「少しも戦場における勘の鋭さがなく、神通力という域にはおよそ縁遠い幼稚な観察眼だと笑われても一言もない」「馬車馬的な視野狭少の感あり、心を込めて幕僚の具申に相済まぬことをしたとと自らの不明を恥じている」「私の不徳、私の連携の不十分の致すところ、これまた恐悦至極の至りである」との懺悔の言葉を並べている[198]。台湾への無断撤退については、あくまでも直接のきっかけは、これまでの主張通り、参謀長の隈部からの偽りの報告であったとはしながらも、「軍司令官は結局、参謀長の意見どおりに行動したのであるが、これは参謀長の所見に屈従したのではない。当時の精神衰弱の状態において、ひとり幾度が熟考した上で決行したものである。」と自らの判断であったとしている[199]。その後も「比島航空作戦の懺悔」以外では自らは自身の悪評に対して反論することはなく、1960年1月14日、東京都世田谷区の自宅で心臓衰弱のために死去した[200][201]

特攻を指揮したことで「愚将」と誹られ[202]、台湾への敵前逃亡に等しい無断撤退や、また、フィリピン戦で特攻を直接指揮した大西や、同じく沖縄戦で指揮した第五航空艦隊司令長官の宇垣纏中将の海軍の指揮官二人が、戦後に責任をとって死を選んだのに対して、富永や沖縄戦で陸軍の特攻を指揮した第6航空軍司令官の菅原道大中将の陸軍の特攻指揮官2人は、自決することもなく天寿をまっとうしたことなどで、今日でもバッシングされることも多い[203]。その急先鋒は、数々の著作で旧日本軍を激しく糾弾していた作家の高木俊朗であり、高木の著作の記述が、富永と菅原の悪評を増幅させたという指摘もある[204]。高木の著作はノンフィクション風ながら、時折、高木の創造が混じっているとの指摘もあり[205][206]、菅原の次男で作家の深堀道義は、高木の著作の記述によって富永、菅原共に実状以上の悪評が定着してしまったと評しつつも、富永については幼少時より家族付き合いをし(菅原と富永は同郷)、その人間性を昔からよく知っているため、あまり同情はできないとしている[207]

替え歌編集

当時フィリピンに駐留していた山本七平の回想によると、この逃亡はフィリピンに残った兵士たちの怒りと嘲笑を買い、「命惜しまぬ 予科練の…」という歌詞で知られる軍国歌謡「若鷲の歌」をもじり


命惜しさに 富永が

台湾に逃げた その後にゃ

今日も飛ぶ飛ぶ ロッキード(※同社の爆撃機、の意味)

でっかい爆弾に 身が縮む

【元の歌詞とは http://www.uta-net.com/song/43619/ などで比較できる】

という替え歌が現地で流行ったという。

評価編集

昭和天皇は戦後になっても東條英機に一定の好感を抱いている一方で、戦時中に東條の評判が悪化したのは田中隆吉や富永のような「兎角評判の良くない且部下の抑えのきかない者」を使ったことが原因の一つであると述べている[208]

家族親族編集

妻:富永セツ
弟:富永昌三
海軍少将。
弟:富永謙吾
海軍中佐。大本営報道部員。戦史研究家。「大本営発表の真相史 元報道部員の証言」(新版・中公文庫)ほか
義弟:森田徹
陸軍少将。富永の妹を娶る。歩兵第71連隊長としてノモンハン事件で戦死。
長男:富永靖
陸軍大尉。慶應義塾大学卒業後に特別操縦見習士官1期生となり、第58振武隊員(特攻隊員)として、1945年5月25日、富永から貰った日章旗を携えて四式戦闘機「疾風」爆装機に搭乗し都城飛行場より出撃、特攻戦死。出撃時の態度があまりに堂々としていたため、見送りにきた第100飛行団の参謀が後で「あの隊員は誰だ」と下士官に尋ねたところ「富永閣下のご子息です」という答えが返ってきたという。
娘婿:河村次郎
陸軍少佐。

関連人物編集

脚注編集

  1. ^ 福川秀樹 2001, p. 497
  2. ^ 早坂隆 2010, p. 148
  3. ^ 戦史叢書68 1973, p. 80
  4. ^ 戦史叢書68 1973, p. 88
  5. ^ 戦史叢書68 1973, p. 82
  6. ^ 戦史叢書68 1973, p. 89
  7. ^ 戦史叢書68 1973, p. 100
  8. ^ 戦史叢書68 1973, p. 111
  9. ^ 戦史叢書68 1973, p. 113
  10. ^ 戦史叢書68 1973, p. 117
  11. ^ 戦史叢書68 1973, p. 117
  12. ^ 戦史叢書68 1973, p. 139
  13. ^ 秦郁彦『現代史の争点』文春文庫、2001年、245頁。ISBN 4167453061
  14. ^ 戦史叢書68 1973, p. 147
  15. ^ 生田惇 1977, p. 59
  16. ^ 生田惇 1977, p. 58
  17. ^ 戦史叢書48 1971, p. 180
  18. ^ 戦史叢書48 1971, p. 179
  19. ^ 戦史叢書48 1971, p. 181
  20. ^ 生田惇 1977, p. 60
  21. ^ 生田惇 1977, p. 61
  22. ^ 戦史叢書48 1971, p. 181
  23. ^ 木俣滋郎 2013, p. 262
  24. ^ 木俣滋郎 2013, p. 263
  25. ^ 大岡昇平① 1972, p. 58
  26. ^ 大岡昇平① 1972, p. 60
  27. ^ 生田惇 1977, p. 80
  28. ^ 木俣滋郎 2013, p. 267
  29. ^ 木俣滋郎 2013, p. 268
  30. ^ 戦史叢書87 1975, p. 434
  31. ^ 木俣滋郎 2013, p. 268
  32. ^ 戦史叢書87 1975, p. 331
  33. ^ 生田惇 1977, p. 80
  34. ^ U.S. Naval Chronology Of W.W.II, 1944” (英語). 2019年11月25日閲覧。
  35. ^ 木俣滋郎 2013, p. 262
  36. ^ 鈴木五郎 1975, p. 143
  37. ^ 木俣滋郎 2013, p. 262
  38. ^ 鴻上尚史 2017, 電子版, 位置No.672
  39. ^ 現代読本④ 1956, p. 246
  40. ^ 土井勤 2001, p. 124
  41. ^ 生田惇 1977, p. 92
  42. ^ 木俣滋郎 2013, p. 285
  43. ^ 生田惇 1977, p. 92
  44. ^ 木俣滋郎 2013, p. 285
  45. ^ 猪口 & 中島 1967, p. 113
  46. ^ 大島隆之 2016, 電子版, 位置No.917
  47. ^ 大島隆之 2016, 電子版, 位置No.777
  48. ^ 大島隆之 2016, 電子版, 位置No.399
  49. ^ 河内山譲 2000, p. 198
  50. ^ 木俣滋郎 2013, p. 279
  51. ^ 高木俊朗① 2018, p. 400
  52. ^ 木俣滋郎 2013, p. 279
  53. ^ 高木俊朗① 2018, p. 413
  54. ^ 高木俊朗① 2018, p. 417
  55. ^ 高木俊朗① 2018, p. 490
  56. ^ 戦史叢書48 1971, p. 382
  57. ^ ウォーナー 1982a, p. 231
  58. ^ 木俣滋郎 2013, p. 280
  59. ^ 戦史叢書48 1971, p. 392
  60. ^ 押尾一彦 2005, p. 8
  61. ^ 半藤一利『昭和の名将と愚将』(文春新書、2008年)、244-246頁
  62. ^ 高木俊朗② 2018, p. 431
  63. ^ 高木俊朗㊤ 1983, p. 341
  64. ^ 大島隆之 2016, 電子版, 位置No.460
  65. ^ 大島隆之 2016, 電子版, 位置No.458
  66. ^ 押尾一彦 2005, p. 8
  67. ^ 押尾一彦 2005, p. 13
  68. ^ 押尾一彦 2005, p. 13
  69. ^ 高木俊朗① 2018, p. 362
  70. ^ 押尾一彦 2005, p. 13
  71. ^ 生田惇 1979, p. 36
  72. ^ 大岡昇平② 1972, p. 168
  73. ^ 押尾一彦 2005, p. 41
  74. ^ 大岡昇平② 1972, p. 167
  75. ^ 生田惇 1977, p. 100
  76. ^ 大岡昇平② 1972, p. 170
  77. ^ 戦史叢書48 1971, p. 468
  78. ^ ウォーナー 1982a, p. 280
  79. ^ ウォーナー 1982a, p. 279
  80. ^ ウォーナー 1982a, p. 280。
  81. ^ 戦史叢書48 1971, p. 469
  82. ^ 戦史叢書48 1971, p. 471
  83. ^ 大岡昇平② 1972, p. 184
  84. ^ 大岡昇平② 1972, p. 185
  85. ^ 大岡昇平② 1972, p. 185
  86. ^ 大岡昇平② 1972, p. 170
  87. ^ 生田惇 1977, p. 101
  88. ^ ウォーナー 1982a, p. 281
  89. ^ 生田惇 1977, p. 101
  90. ^ 高木俊朗① 2018, p. 345
  91. ^ 大岡昇平② 1972, p. 212
  92. ^ 大岡昇平② 1972, p. 217
  93. ^ 高木俊朗② 2018, p. 383
  94. ^ 冨永 & 安延 1972, p. 82
  95. ^ 生田惇 1979, p. 105
  96. ^ 高木俊朗② 2018, p. 388
  97. ^ 生田惇 1977, p. 105
  98. ^ 木俣滋郎 2013, p. 288
  99. ^ ウォーナー 1982a, p. 269
  100. ^ 高木俊朗② 2018, p. 408
  101. ^ 防衛庁防衛研修所戦史室(編) 『戦史叢書 比島捷号陸軍航空作戦』 朝雲新聞社〈戦史叢書〉、1971年、507-8、512-513頁。
  102. ^ 山岡荘八⑥ 1987, 電子版, 位置No.3551
  103. ^ 防衛庁防衛研修所戦史室(1971年)、539-540頁。
  104. ^ 生田惇 1977, p. 119
  105. ^ 冨永 & 安延 1972, p. 87
  106. ^ ウォーナー 1982a, p. 215
  107. ^ ダグラス・マッカーサー 2014, p. 80.
  108. ^ 北影雄幸 2005, p. 215
  109. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 171
  110. ^ ダグラス・マッカーサー 2014, p. 316.
  111. ^ 生田惇 1979, p. 110
  112. ^ ウォーナー 1982a, p. 300
  113. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 23
  114. ^ 大岡昇平③ 1972, p. 106
  115. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 46
  116. ^ 生田惇 1977, p. 120
  117. ^ ウォーナー 1982a, p. 307
  118. ^ Rielly 2010, p. 161
  119. ^ ウォーナー 1982a, p. 311
  120. ^ 大岡昇平③ 1972, p. 105
  121. ^ 木俣滋郎 2013, p. 290
  122. ^ ペレット 2014, p. 852.
  123. ^ ウォーナー 1982a, p. 313
  124. ^ 押尾一彦 2005, p. 39
  125. ^ 原勝洋 2006, p. 144
  126. ^ ウォーナー 1982a, p. 308
  127. ^ 戦史叢書36 1970, p. 307
  128. ^ 戦史叢書48 1971, p. 586
  129. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, pp. 170-171
  130. ^ オネール 1988, p. 206
  131. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 171
  132. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 158
  133. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, pp. 170-171
  134. ^ ニミッツ & ポッター 1962, p. 407
  135. ^ 木俣滋郎 2013, p. 292
  136. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 33
  137. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 233
  138. ^ 戦史叢書48 1971, p. 563
  139. ^ 生田惇 1977, p. 124
  140. ^ 戦史叢書48 1971, p. 561
  141. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 144
  142. ^ 戦史叢書48 1971, p. 562
  143. ^ 生田惇 1977, p. 124
  144. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 218
  145. ^ 戦史叢書48 1971, p. 567
  146. ^ 高橋秀治『第四航空軍の最後 司令部付主計兵のルソン戦記』(潮書房光人社、2015年)、193-195頁
  147. ^ 防衛庁防衛研修所戦史室(1971年)、567頁。
  148. ^ 生田惇 1977, p. 124
  149. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 218
  150. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 131
  151. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 132
  152. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 218
  153. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 163
  154. ^ 生田惇 1977, p. 125
  155. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 194
  156. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 193
  157. ^ 生田惇 1977, p. 125
  158. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 193
  159. ^ 生田惇 1977, p. 125
  160. ^ 戦史叢書48 1971, p. 568
  161. ^ 戦史叢書48 1971, p. 569
  162. ^ 戦史叢書48 1971, p. 570
  163. ^ 山岡荘八⑥ 1987, 電子版, 位置No.3557
  164. ^ 太平洋戦争『日本歴史シリーズ』(世界文化社 1967年)、106頁。
  165. ^ 木俣滋郎 2013, p. 293
  166. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 252
  167. ^ 生田惇 1977, p. 126
  168. ^ 山岡荘八⑥ 1987, 電子版, 位置No.3589
  169. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 265
  170. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 276
  171. ^ 木俣滋郎 2013, p. 294
  172. ^ 木俣滋郎 2013, p. 295
  173. ^ 大東亜戦史③ 1969, p. 391
  174. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 270
  175. ^ 太平洋戦争『日本歴史シリーズ』(世界文化社 1967年)、107頁。
  176. ^ 山岡荘八⑥ 1987, 電子版, 位置No.4131
  177. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 338
  178. ^ 戦史叢書48 1971, p. 575
  179. ^ 戦史叢書48 1971, p. 577
  180. ^ 生田惇 1977, p. 127
  181. ^ 戦史叢書48 1971, p. 586
  182. ^ 額田坦 『額田坦回想録』(芙蓉書房出版、1999年)、163頁
  183. ^ 早坂隆 2010, p. 148
  184. ^ 額田坦 『額田坦回想録』(芙蓉書房出版、1999年)
  185. ^ レオポルド・トレッペル『ヒトラーが恐れた男』(三笠書房、1978年)
  186. ^ 1955年(昭和30年)5月12日(木曜日)第022回 参議院 社会労働委員会 第005号
  187. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 425
  188. ^ 2014年10月19日付神奈川新聞『シベリア抑留 何があったのか(上)飢えと極寒、倒れる戦友』
  189. ^ 1955年(昭和30年)5月12日(木曜日)第022回 参議院 社会労働委員会 第005号
  190. ^ 1955年(昭和30年)5月12日(木曜日)第022回 参議院 社会労働委員会 第005号
  191. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 429
  192. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 429
  193. ^ 1955年(昭和30年)6月9日 第022回 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第003号
  194. ^ 1955年(昭和30年)5月12日(木曜日)第022回 参議院 社会労働委員会 第005号
  195. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 434
  196. ^ 木俣滋郎 2013, p. 292
  197. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 439
  198. ^ 戦史叢書48 1971, p. 付録.
  199. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 367
  200. ^ 『朝日新聞 縮刷版 昭和35年1月15日 11面』p263
  201. ^ 高木俊朗③ 2018, p. 481
  202. ^ 半藤一利 2008, p. 235.
  203. ^ 佐藤, p. 240.
  204. ^ 深堀道義 2001, p. 337.
  205. ^ 例として、海軍の神風特攻隊指揮官を命じられた関行男大尉が精神不安定となり、取材に来た報道班員の小野田記者に拳銃を突きつけ「お前はなんだ、こんなところへきてはいかん」と怒鳴ったなどとする。高木の文藝春秋1975年6月号の記述は、小野田本人からそのような事実はなかったと否定されている。
  206. ^ 深堀道義 2001, p. 279
  207. ^ 深堀道義 2001, p. 340.
  208. ^ 『昭和天皇独白録』[要ページ番号]

参考文献編集

  • 生田惇 『別冊1億人の昭和史 特別攻撃隊 日本の戦史別巻4「陸軍特別攻撃隊史」』 毎日新聞社、1979年9月。ASIN B007ZY6G8O 
  • 生田惇『陸軍航空特別攻撃隊史』ビジネス社、1977年。ASIN B000J8SJ60
  • 『大東亜戦史』3 フィリピン編、池田佑 編、富士書苑、1969年。ASIN B07Z5VWVKM
  • 大岡昇平『レイテ戦記上巻』中央公論新社、1974年。ISBN 978-4122001329
  • 大岡昇平『レイテ戦記中巻』中央公論新社、1974年。ISBN 978-4122001411
  • 大岡昇平『レイテ戦記下巻』中央公論新社、1974年。ISBN 978-4122001527
  • 大島隆之『特攻 なぜ拡大したのか』幻冬舎、2016年。ISBN 978-4344029699
  • 大貫健一郎、渡辺考『特攻隊振武寮 証言・帰還兵は地獄を見た』講談社、2009年。ISBN 978-4062155168
  • 奥宮正武『海軍特別攻撃隊』朝日ソノラマ、1989年。ISBN 978-4257170204
  • 押尾一彦『特別攻撃隊の記録 陸軍編』光人社、2005年。ISBN 978-4769812272
  • 河内山譲『富岳隊の十八人―特攻隊長西尾常三郎の生涯』潮書房光人社〈光人社NF文庫〉、2000年。ISBN 978-4769822813
  • 北影雄幸『特攻の本 これだけは読んでおきたい』光人社、2005年。ISBN 476981271X
  • 木俣滋郎『陸軍航空隊全史―その誕生から終焉まで』潮書房光人社〈光人社NF文庫〉、2013年。ISBN 4769828578
  • 鴻上尚史『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』講談社〈講談社現代新書〉、2017年。ISBN 978-4062884518
  • 神野正美『台湾沖航空戦 T攻撃部隊 陸海軍雷撃隊の死闘』光人社〈光人社NF文庫〉、2004年。ISBN 4769812159
  • ジェフリー・ペレット; 林義勝, 寺澤由紀子, 金澤宏明, 武井望, 藤田怜史 訳 『ダグラス・マッカーサーの生涯 老兵は死なず』 鳥影社、2016年。ISBN 978-4862655288 
  • ジョン・トーランド『大日本帝国の興亡〔新版〕4:神風吹かず』毎日新聞社(訳)、早川書房、2015年。ISBN 978-4150504373
  • 佐藤早苗『特攻の町・知覧 最前線基地を彩った日本人の生と死光人社〈光人社NF文庫〉、2007年。ISBN 978-4-7698-2529-6
  • 鈴木五郎『疾風―日本陸軍の最強戦闘機』サンケイ出版〈第二次世界大戦ブックス〈64〉〉、1975年。ASIN B000J9WAQY
  • 新人物往来社編『ドキュメント 日本帝国最期の日』新人物往来社、1995年。ISBN 978-4404022318
  • 高木俊朗『陸軍特別攻撃隊 上巻』文藝春秋、1983年。ISBN 978-4163381800
  • 高木俊朗『陸軍特別攻撃隊 下巻』文藝春秋、1983年。ISBN 978-4163381909
  • ダグラス・マッカーサー; 津島一夫 訳 『マッカーサー大戦回顧録』 中央公論新社〈中公文庫(改版)〉、2014年。ISBN 978-4122059771 
  • C.W.ニミッツ、E.B.ポッター『ニミッツの太平洋海戦史』実松譲、富永謙吾(共訳)、恒文社、1962年。ASIN B000JAJ39A
  • デニス・ウォーナー『ドキュメント神風』上、時事通信社、1982a。ASIN B000J7NKMO
  • デニス・ウォーナー『ドキュメント神風』下、時事通信社、1982b。ASIN B000J7NKMO
  • 『九九双軽空戦記―ある軽爆戦隊長の手記』「土井勤」、光人社〈光人社NF文庫〉、2001年。ISBN 978-4769822998
  • 早坂隆『指揮官の決断 満州とアッツの将軍 樋口季一郎』文芸春秋、2010年。ISBN 978-4166607587
  • 深堀道義『特攻の真実―命令と献身と遺族の心』原書房、2001年。ISBN 978-4562040957
  • 深堀道義『特攻の総括―眠れ眠れ母の胸に』原書房、2004年。ISBN 978-4562037490
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。ISBN 978-4829502730
  • 『沖縄・台湾・硫黄島方面陸軍航空作戦』防衛庁防衛研修所戦史室 編、朝雲新聞社戦史叢書36〉、1970年。
  • 『海軍捷号作戦<1>台湾沖航空戦まで』防衛庁防衛研修所戦史室 編、朝雲新聞社戦史叢書37〉、1970年。
  • 『比島捷号陸軍航空作戦』防衛庁防衛研修所戦史室 編、朝雲新聞社〈戦史叢書48〉、1971年。
  • 『大本営陸軍部 大東亜戦争開戦経緯<2>』防衛庁防衛研修所戦史室 編、朝雲新聞社〈戦史叢書48〉、1973年。
  • 『陸軍航空兵器の開発・生産・補給』防衛庁防衛研修所戦史室 編、朝雲新聞社〈戦史叢書87〉、1975年。
  • 『陸軍航空の軍備と運用』3(大東亜戦争終戦まで)、防衛庁防衛研修所戦史室 編、朝雲新聞社〈戦史叢書94〉、1976年。
  • 『JAPANESE AIR POWER 米国戦略爆撃調査団報告 日本空軍の興亡』米国戦略爆撃調査団 編纂、大谷内和夫(訳)、光人社、1996年。ISBN 4769807686
  • 『特攻の記録 「十死零生」非情の作戦』「」編集部 編、光人社〈光人社NF文庫〉、2011年。ISBN 978-4-7698-2675-0
  • 山岡荘八『小説 太平洋戦争⑥』講談社〈講談社文庫〉、1987年。ISBN 978-4061950979
  • リチャード オネール『特別攻撃隊―神風SUICIDE SQUADS』益田 善雄(訳)、霞出版社、1988年。ISBN 978-4876022045
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。