メインメニューを開く

富永 次郎(とみなが じろう 1909年4月23日 - 1969年7月14日)は日本美術評論家

生涯編集

富永太郎の弟として東京本郷に生まれる。1925年(大正14年)12月、太郎死去。兄の遺作である詩を中心とした文芸作品及び絵画を出版して世に出した。旧制成城高等学校大岡昇平古谷綱武と知り合い[1]1929年(昭和4年)4月、同人雑誌『白痴群』創刊時に、同人として参加。同誌は、編輯人を河上徹太郎が務め、村井康男とその門下生たち、中原中也が創作や翻訳を寄せるものであった。

著書編集

  • ダ・ヴィンチ 玉川学園出版部、1932
  • マネ アトリエ社、1939
  • 黄昏暦 大観堂書店、1940
  • 西洋美術文庫 第9巻 マネ アトリエ社、1940
  • 南の友 六合書院、1942
  • 藝術と現実 評論集 無何有書房、1942
  • 渡邊崋山の道 敎養社、1943
  • 生活と造形 高桐書院、1947
  • ゴッホ 炎の画家 ポプラ社、1952
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ 芸術と科学の先駆 偕成社、1953
  • 玉川こども百科 5 玉川大学出版部、1953
  • 世界文化史物語 偕成社、1954
  • 北斎 浮世絵の巨匠 偕成社、1954
  • きみの意見わたくしの意見 共著 東西文明社、1954
  • 美術のたのしみ 三笠書房、1955
  • 中国むかしばなし 1年生(絵を担当) 宝文館、1955
  • 現代女性講座 生活の智慧 第4 角川書店、1955
  • 日本のこころ 4年生 共著(「名だかいたてもの」を執筆)小峰書店、1955
  • 日本の誇り 1~3 三十書房、1955-1956
  • 日本の美術をたかめた人々 東西文明社、1956
  • 美術のおもしろさ 東西文明社、1956
  • 失われた季節 一日本人の記録 角川書店、1956
  • 美のくに日本 誠文堂新光社、1956
  • かぐや姫 ポプラ社、1957
  • 偉人の少年時代 8 共著(ミレーを執筆) 金の星社、1957
  • ひらかなミレー 金の星社、1957
  • ミケランジェロ あかね書房、1959
  • 日本のこころ 5年生 共著(「日本のふるさと」を執筆)小峰書店、1959
  • 新・職場読本 一等サラリーマンへの道 学灯社、1960
  • 少年少女世界伝記全集 6(フランス編) 共著(ミレーを執筆) 講談社、1960
  • 日本の菓子 社会思想研究会出版部、1961
  • 北海道旅行 秋元書房、1961
  • 美しき街と里への旅 共著(倉敷を執筆)秋元書房、1961
  • 少年少女世界伝記全集 8(南欧編) (ダ・ビンチを執筆) 講談社、1961
  • ダ・ビンチ 万能の天才 偕成社、1961
  • 少年少女世界めぐり 4年生 地球と自然のすがた 実業之日本社、1961
  • 裏日本ベスト12コース 秋元書房、1965
  • 偉人の少年時代 第8集 共著(フランソワ・ミレーを執筆) 金の星社、1965
  • 雪舟 ポプラ社、1967
  • 東北周遊券旅行 秋元書房、1967
  • 北海道・東北周遊券旅行 秋元書房、1969
  • 汽笛一声 鉄道100年 共著(「奇蹟」を執筆)実業之日本社、1972

脚注編集

  1. ^ 厳密には、旧制成城第二中学校時代から。

関連項目編集