メインメニューを開く
『沙漠に生きる男』(1977年、長野県佐久市駒場公園)

富永 直樹(とみなが なおき、本名 富永 良雄、1913年大正2年)5月18日 - 2006年平成18年)4月11日)は日本彫刻家三洋電機工業デザイナー長崎県長崎市生まれ。

プロフィール編集

彫刻家

東京美術学校(現・東京芸術大学)彫刻科塑像部首席卒業〈在学中の1936年(昭和11年)に日展の前身、文展に「F子の首」 (長崎県美術館蔵)にて初入選して以来、日展を主な舞台に活躍した。1950年(昭和25年)から1952年(昭和27年)にかけ、三年連続で日展の特選を受賞〉。同研究科卒業。

1972年昭和47年)日本芸術院賞受賞[1]

その実積を認められ、1974年(昭和49年)日本芸術院会員に任命。

1983年茅野市蓼科にアトリエを構え、以降は東京と蓼科を制作拠点とした。

1984年(昭和59年)に文化功労者、勲三等瑞宝章受章。

1989年(平成元年)に文化勲章受章。

1990年(平成2年)長崎名誉県民顕彰。日展理事、理事長を歴任。その後、日展顧問となる。

1997年新宿区名誉区民。

代表作品として文部大臣賞を受賞した「平和の叫び」(1968年)、「トーマス・ブレーク・グラバー之像」(1961年)などがある。また現在トッパン・フォームズ株式会社のエントランスには「青春の賛歌」が置かれている。

ジェームス山神戸市垂水区)に三洋電機の創業者 井植歳男の住居跡地に建てられた記念館、井植記念館のロビーには富永作の井植歳男像が設置されている。

諏訪市博物館入り口に「美しき広場」像が設置されている。

2008年長男富永良太から「僕らの遊び場」が茅野市美術館に寄贈され、富永直樹の友人、水引秀雄から「A PAEAN(賛歌)」が寄贈され、茅野市民館2階のコンサートホールのホワイエに設置された。

2014年生誕100年を記念した展覧会が茅野市美術館にて開催された。

工業デザイナー

また、三洋電機に在籍しインダストリアルデザインの祖としても活躍し電話4号機の意匠を手がけたほか、日本初のカラー電話、家具調テレビ、ヒット商品となったプラスチックラジオSS-52(1952年(昭和27年)、三洋電機)などのデザイン産業界のデザイン的基盤形成にも貢献をなした。

脚注編集

  1. ^ 『朝日新聞』1972年4月12日(東京本社発行)朝刊、23頁。

外部リンク編集