富良野芦別道立自然公園

北海道にある自然公園

富良野芦別道立自然公園(ふらのあしべつどうりつしぜんこうえん)は、北海道夕張市芦別市三笠市富良野市空知郡南富良野町にある自然公園都道府県立自然公園)。

富良野芦別道立自然公園
Furano-Ashibetsu Prefectural Natural Park
釣鐘岩と夕張岳(A bell rock ^ Mt.Yuubari) - panoramio.jpg
釣鐘岩と夕張岳
分類 自然公園
所在地
座標 北緯43度12分48秒 東経142度17分03秒 / 北緯43.21333度 東経142.28417度 / 43.21333; 142.28417座標: 北緯43度12分48秒 東経142度17分03秒 / 北緯43.21333度 東経142.28417度 / 43.21333; 142.28417
面積 35,756ヘクタール
開園 1955年
運営者 北海道
事務所 上川総合振興局保健環境部環境生活課
空知総合振興局保健環境部環境生活課
事務所所在地 北海道旭川市永山6条19丁目1
北海道岩見沢市8条西5丁目
備考 自動車・スノーモビルなどの乗入れ規制区域あり[1]
公式サイト 富良野芦別道立自然公園

目次

概要編集

夕張岳一帯は超塩基性岩蛇紋岩が分布している特殊な地質であり、「ユウバリ(ユウパリ)」の名を冠する固有種高山植物が数多く生息している[2]。そのほとんどが環境省レッドリストに指定されている植物であるため、夕張岳は「花の名山」として知られている[2]。「夕張岳の高山植物群落及び蛇紋岩メランジュ帯」として国の「天然記念物」に指定され[3]、「日本の地質百選」に選定されている。また、北海道内では初となる「日本山岳遺産」に認定されている[4]

自然編集

公園の大半は国有林であり、他の山岳地域とは異なった地質構造のため特異な植生になっている。温帯北部の天然林があり、標高800〜900 mまでは混交林エゾマツトドマツミズナラなどの広葉樹が比較的多いが、標高1,000 m以上ではタカネナナカマドなどを交えてハイマツが現れてくる。夕張岳ユウバリコザクラユウバリソウなど固有の高山植物や、シソバキスミレなどを見ることができる。また、森林の中にはエゾリスシマリスなどが棲んでいるほか、ナキウサギクマゲラも見ることができる。夕張山地の北西に位置する標高1,066 mの崕山(きりぎしやま)は、全山が石灰岩で形成されているため、ホテイアツモリソウなど特殊な土壌に適応した珍しい植物が生息している[5]。ところが、国道や林道が整備されて入山が容易になると登山客が殺到するようなり、植物の踏みつけや売買目的の大量盗掘が行われたため、1999年(平成11年)から入山制限の措置を取って植物群の保護・回復活動を行っている[5]。年に3回モニター登山を開催し、植物群の回復の現状と自然環境を守るための取組みを見てもらうとともに、入山制限と植物保護についての理解を深めている[5]

景勝地編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 富良野芦別道立自然公園乗入れ規制”. 北海道. 2017年2月11日閲覧。
  2. ^ a b 道内初!「日本山岳遺産」に高山植物の宝庫「夕張岳」を認定”. 北海道ファンマガジン (2012年11月27日). 2017年2月11日閲覧。
  3. ^ 夕張岳の高山植物群落および蛇紋岩メランジュ帯 - 文化遺産オンライン(文化庁
  4. ^ 日本山岳遺産認定地と支援団体及び助成金額 (PDF)”. 日本山岳遺産基金 (2016年). 2017年2月11日閲覧。
  5. ^ a b c 希少な植物を守ろう!〜崕山(きりぎしやま)自然保護モニター登山会〜”. 北海道森林管理局. 2017年2月11日閲覧。
  6. ^ 樹木園”. 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 北海道演習林. 2017年2月11日閲覧。
  7. ^ 山部自然公園太陽の里”. 2017年2月11日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集